国内ドラマ

中西美帆wikiプロフィール!結婚や出身ミーゼのCMは?真犯人フラグドラマ富山芙由子役についても

「真犯人フラグ」新日曜ドラマ

2021年10月10日スタート 毎週日曜夜22:30~ 日本テレビ系

あな番のスタッフが再集結し、西島秀俊さんが主演となる考察ミステリー。

このドラマに亀田運輸のオペレーター・富山芙由子役で登場するのは、女優の中西美帆(なかにしみほ)さんです。

この記事では中西美帆さんの経歴プロフィールについて、結婚や出身地・CMやこれまでの出演ドラマなどについてお伝えしていきます。

 


中西美帆(なかにしみほ)wiki経歴プロフィール!結婚や出身、出演作品について

・名前:中西美帆(なかにしみほ)

・生年月日:1988年12月5日(2021年現在、32歳)

・身長:163cm

・血液型:B型

・出身地:兵庫県神戸市(神奈川県横浜市育ち)

・最終学歴:東京誠心調理師専門学校

・趣味:乗馬、料理、マラソン、登山

・資格:普通自動車免許、調理師免許、日本舞踊

・尊敬する女優:岸恵子さん

・所属事務所:エヴァーグリーン・エンタテイメント

中西美帆(なかにしみほ)さんが女優になりたいと思ったキッカケは高校1年の時。

中西美帆さんのお父さんから女優の原節子さんが近所に住んでいるのを聞いて、原節子さんの代表作『東京物語』を鑑賞して以来なんだとか。

女優を目指すようになってからは古典的な映画作品を「1日1本は必ず見る」ことを自分に課して、映画を見る資金を稼ぐために3年間、横浜スタジアムでのビール売りのアルバイトをして、1日525杯のビールを売り上げた記録も持つという、努力の女性でもあります。

「女優になるなら手に職を付けてから。」という両親の希望で高校卒業後は、調理師学校に通って調理師免許を取得します。

そんな中西美帆さんは親の知人の紹介で当時の所属事務所の社長と出会い、「使い捨てじゃない女優を。」という社長の指示で調理師学校を卒業した20歳の時から2年間、レッスンに打ち込んで、2009年、舞台『奇跡の人』で女優デビューを果たしています。

2011年にNHKドラマ『神様の女房』で松下幸之助の娘・幸子役で本格的にTVドラマデビューして、同年公開の映画『神様のカルテ』では勉強のために撮影現場を訪れたところ、深川栄洋監督の目にとまり、中西美帆さんのために脚本に無い看護師役が設けられ、映画デビューをも果たされています。

2017年公開の『東京ウィンドオーケストラ』では、映画初主演もつとめています。

そんな中西美帆さんは日本舞踊を四代目 市川翠扇先生、泉聡縁先生に師事していて、話の世界にも通じておられ、なかなかに器用で多彩な面もお持ちです。

続いて結婚しているのか、彼氏や熱愛についても調査してみましたが現在独身でおられます^^

中西美帆さんのこれまでの主な出演作品

【主な出演・テレビドラマ】

・神様の女房 最終話(2011年10月15日、NHK) – 松下幸子 役
・八重の桜 第2話 – 第6話(2013年1月13日 – 2月10日) – 敏姫 役
・麒麟がくる 第33話(2020年11月22日)正親町天皇実弟&天台座主・比叡山延暦寺:覚恕法親王-側女役
・連続テレビ小説 純と愛 第86話 – 第107話(2013年1月14日- 2月7日、NHK) – 山田芽衣 役
・生きたい たすけたい(2014年3月11日、NHK) – 三浦優里 役
・東京が戦場になった日(2014年3月15日、NHK) – 神部佳織 役
・Dr.倫太郎(2015年4月 – 6月、日本テレビ) – 小夢 役
・獄門島(2016年11月19日、NHK BSプレミアム) – お小夜 役
・私たちはどうかしている(2020年8月12日 – 9月30日、日本テレビ) – 老舗旅館長谷屋次期当主_三姉妹長女:長谷由香莉 役


【主な出演・映画】

・神様のカルテ(2011年8月27日、東宝)
・喰女-クイメ-(2014年8月23日、東映) – 朝比奈莉緒 / 伊藤梅 役
・ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判(2015年3月7日・4月11日、松竹) – 尾崎養護教諭 役
・東京ウィンドオーケストラ(2017年1月21日、松竹)- 主演・樋口詩織 役
・ROKU ROKU(2018年1月27日、キュー・テック)-主演・イズミ 役
・葬式の名人(2019年9月20日 全国上映、T・ジョイ) -準主役 大阪弁護士会所属 弁護士 竹内みさ 役

 

中西美帆さんのCM!ヤーマン・ミーゼに出演

中西美帆さんはヤーマンの美顔器ゼ」のCMに出演されていたので、何となく見覚えのある方もいるのではないでしょうか?

美顔器・ミーゼのCMに出演するほどの透明感を買われたかどうかは分かりませんが、中西美帆さんは、写真家の篠山紀信さんがネットで配信している「SHINOYAMA.NET Book」にモデルになっています。

篠山紀信さんは、「しなやかに伸びた四肢と人をひきつける笑顔たたえる女優」と称えていいます。


今回は「中西美帆wikiプロフィール結婚や出身ミーゼのCMは?真犯人フラグドラマ富山芙由子役についても」と題して、中西美帆さんの経歴プロフィールをお伝えしました~♬

中西美帆さんが演じる、富山芙由子が「真犯人フラグ」のドラマで今後どんな動きをみせるのか、まさかの黒幕犯人となるのか??今後の展開と中西美帆さんの演技が楽しみです^^

 

 

【真犯人フラグ】ドラマあらすじ

現在、平和なはずの日本では、
毎年8万5千人以上もの行方不明者が出ている。
その中で、緊急性・事件性があると判断され、
警察が捜索に乗り出すケースは、ごくわずかだ。

警察の判断を覆すのに必要なことそれは、
世間に注目されることかもしれない。
しかし。
ひとたび世の注目を集めると、別の“不幸”が生まれる。
ひとたび世の注目を集めると、別の“不幸”が生まれる。

不可解な事件が起こった時、
世の中の人々はこぞって、手に入る限られた情報をもとに、
名探偵のごとく推理し、その背景の物語を想像する。

国民の多くが発信するツールを手にした2021年。
まさに、一億総“推理作家”時代。

数多の人々の口と指とペンによって
あらゆる“物語”が生まれ、その“物語”はまた別の“物語”を食らい
増殖し肥大化していく…。

一体、何が本当で何が嘘なのか…?

この物語の主人公は、図らずも、
そんな無数の“物語”の“主人公”になってしまった男。
ある日、忽然と消えた妻子供たち。
必死で行方を捜すが、手がかりすら見つからない。

そして。
集まった同情は、一夜にして方向転換される。

あの旦那が殺したんじゃないの?

真犯人フラグが立ったが最後、
疑惑の目を向けられ、追い詰められていく主人公。
愛する家族を無事取り戻すことはできるのか!?
果たして、真実はどこにあるのか!?
半年間の壮絶な戦いが始まる!!

この事件、あなたなら、どんな“物語”を想像しますか?

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!