国内ドラマ

真犯人フラグ2話ドラマネタバレ感想!埋め込まれた靴は本当に娘の?

「真犯人フラグ」新日曜ドラマ

2021年10月10日スタート 毎週日曜夜22:30~ 日本テレビ系

西島秀俊さん演じる相良凌介さん、息子さんそっくりの冷凍された身体が会社に送られてきましたが、2話でも又驚きの展開でした。

今回は「真犯人フラグのドラマ2話ネタバレ感想!埋め込まれた靴は本当に娘のローファー??」と題して、ネタバレ考察してみました。

 


真犯人フラグ1話に出てきた冷凍された子供は凌介の子どもじゃなかった


亀田運輸に突然送られてきた荷物に、何とサッカーユニフォーム「10番」を着た男の子らしき冷凍遺体が入っています。

ですが、よくよく見ると、凌介の息子の篤斗ではなく別人であることが分かりました。

その遺体を警察が調べてみると詳しいことが分かってきました。

①遺体は冷凍して5年たったもので、死因は内臓損傷によるもの。

②指紋は付いていたもののデータベースで一致せず。

③男の子が着用してたユニフォームは2010年に販売されて流通数も多かった。

早速警察が動きだしたことで、マスコミの取材も殺到、さらにYouTuberぷろびん(柄本時生さん)が投稿した動画により、相良凌介の勤務先・亀田運輸が特定され職場にまで苦情や集荷キャンセルの電話が殺到します。

そんな中、相良の部下・二宮瑞穂(芳根京子さん)は凌介の人となりを知っていたら絶対犯人だなんて思わないのにと、凌介と一緒に家族の捜索をはじめます。

相良凌介は職場の人からも冷たい視線を向けられるし、自宅の団地のポストにも嫌がらせの書き込みチラシが大量に入れ込まれる事態に。

すっかり落ち込む凌介ですが、真帆のママ友・朋子(桜井ユキさん)は自分も引っ越してきたばかりで寂しかった頃真帆に声をかけてもらえて嬉しかったと話し、協力してくれると言ってくれたのです。

二ノ宮瑞穂は、相良凌介に「配送ドライバーのカメラから、真帆たちの動きが分かるんじゃないでしょうか?」と提案。

何とかデータを抜き出して探し出そうと2人で調べてみると、家族3人全員と似た姿を発見。

その頃、相良家の一戸建て住宅が建つ予定の場所に不審なものが埋められているという電話がはいり、凌介は「住愛ホーム」の営業マン・林と一緒に現場へ向かいます。

ところが、敷地内に入ってみると、ローファーのようなものがコンクリートに埋められているのを発見し凌介は驚くのでした。

2話ラストの埋め込まれた靴は誰の?

2話で凌介の建てようとしている一軒家の中に埋め込まれた靴は、この時点では正直全く誰のものなのかは断定しにくいです。

まさか住愛ホームの林さんがふざけてやってみた、という線はどう考えてもナイですしね。

これは3話以降に詳細が分かるのか、あるいはこのドラマが終わった時点で「結局何だったの、あの靴は??」の伏線回収が未回収のままでエンド、、となるのか3話を見ないと何とも分かりません。

真犯人フラグドラマの1話あらすじネタバレ

 

真犯人フラグ2話ネタバレ感想!冷凍遺体は誰か考察

送られてきた冷凍遺体が5年前のものであることで、凌介の息子でないことは分かったのですが、では一体誰なのか?何が目的なのか?誰が送ってきたのか?考察してみました。

2話の中で、刑事の阿久津と落合が「生きていれば失踪した凌介の娘の光莉の年齢に近いはずだ。」と言っており、光莉にかつていじめるなどトラブルが無かったか尋ねるも凌介は覚えがなく否定していました。

単なる愉快犯か河村が送ってきた可能性

今回の失踪事件のような世間的に大きな関心を集める内容ということで、面白おかしく犯人ではない第3者が送りつけているのでは?と思います。

そして過熱する報道に更に盛り上げていこうと考えたのが、他でもない凌介の学生時代からの友人で「週刊追及」編集長の河村俊夫(田中哲司さん)

田中哲司さんと言えば「あなたの番です」にも出演していましたが、正直田中哲司さんが出演している時点で何だかとても怪しく感じます。

河村俊夫は独身で離婚歴無となっているのでおそらく子供はいないでしょう。

2話の時点で、遺体をどうやって用意できたのかは不明ですが、河村は失踪事件をネットの記事にした人物。

さらに事件を盛り上げようとして便乗して無関係の子供の遺体を送り付けた、とも考えられます。

第2話で、相良凌介は遺体が送り付けられたことを河村に告白したのですが、河村は何故か「少年」と断定しています。

凌介は「生きていれば光莉と同じくらいの年齢だ」とは言っていましたが、男とは言っていませんので、これだと河村は分かっているようなものです。

凌介は2話の中で、このことはまだ記事にしないで欲しいと話をしていましたが、いずれ河村からこの事実はネット記事に出してしまう可能性もありそうです。

 

 

error: Content is protected !!