妻小学生になる

妻小学生になる【ドラマ】最終回ラスト結末ネタバレ予想!再会して結婚する?

「妻、小学生になる」金曜ドラマ

2022年1月スタート 毎週金曜夜22:00~ TBSテレビ

『週刊漫画TIMES』に連載中の村田椰融氏による同名マンガが原作となる、今回の実写ドラマ!

主人公の新島圭介(にいじま けいすけ)を演じるのは、堤真一さん。

堤真一さんがTBSドラマに出演するのは、2006年放送の『セーラー服と機関銃』以来16年ぶりとなります。

今回はドラマ「妻小学生になる」の最終回ラスト結末をネタバレ予想してみました。

 


妻小学生になる「ドラマ」最終回ラスト結末ネタバレ予想!圭介は貴恵に再会する?!


それでは、「妻、小学生になる」ドラマの最終回結末をネタバレ予想してみたいと思います。

「妻、小学生になる。」は2021年11月現在も、不定期で連載中です。

ここからは原作マンガのあらすじを追いながらお伝えします。

主人公の新島圭介は、亡くなった妻の貴恵一筋、浮気はもちろん、再婚する意思もなかったのですが徐々に明るさを取り戻した圭介に惹かれる女性が現れます。

圭介の会社の同僚で20代後半独身の女性・守屋好美です。

貴恵も好美が圭介に好意を持っていることを察し、あたたかく見守ろうと思いつつも、内心どうしていいのか戸惑います。

そして、亡き妻・貴恵は現在、白石万理華であり、万理華に好意を寄せる男子もいたのです。

しかし貴恵にぞっこんな圭介は、姿形が変わろうと想いは全くぶれず、貴恵が成人したら再婚したいと思っています。

小学生の貴恵を自分の妻だと宣言しても構わないとまで言うので、娘の麻衣も引き気味です。

そして生まれ変わりの白石万理華は、家庭環境といえば、両親は激しい喧嘩を繰り返した末、離婚。

母親に引き取られた万理華は育児放棄や暴力を受け怯えながら暮らしていたので、新島家との関係が母親に知られたら何が起こるか分からないと考えた貴恵は、2人に会う事を止めようとするも、嬉しそうに自分の誕生日を祝ってくれた2人に涙がこぼれます。

万理華の母・千嘉は万理華に圭介の妻だった貴恵の記憶があることを知らされて、貴恵、圭介、麻衣の3人と話してそれが真実だと受け止めます。

千嘉は元々は万理華のことを愛し、大切に育てていました。

戸惑いながらも、クズ男とも別れて母親として万理華と前向きに生きることを決めます。

その一方、圭介は部下の好美からバレンタインチョコをもらうなどアプローチを受けますが、全くぶれません(笑)

なので本当に万理華となった貴恵と結婚すると予想します。

転生した愛する妻との再会と結婚は夢のある話で、ハッピーエンド!!

まあ、ドラマなのでこういう終わり方もアリ、だと思います^^

今回は「妻小学生になる【ドラマ】最終回ラスト結末ネタバレ予想!再開して結婚する?」と題してお伝えしました~♬

「つましょー」のドラマは現在も連載中なので、ラストはオリジナル結末!

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになりそうです~。

2022年1月からの金曜ドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

 

【妻小学生になる】ドラマあらすじ

新島圭介(堤真一さん)は、10年前に最愛の妻・貴恵(たかえ)を亡くしてから、妻のいない残りの人生を“余生”だと思って生きている愛妻家。全く生気が感じられないため、周囲からは陰鬱な男に見られている。

たった一人の家族である一人娘の麻衣(まい)の幸せを誰よりも願っているものの、生活費を稼ぐ以外何もしてやれていないことが心苦しく、コミュニケーションすらうまく取れていない。

二人の時間は、10年間止まってしまっていたのだ。同じ家に住みながらもバラバラな父と娘。

「わたしは10年前に他界したあなたの妻よ」
―まだ信じられないが、妻のようだ。

突然の別れから10年。

妻はこの世に生まれ変わっていた―。

止まったままの家族の時間が、再び動き出す―

そんなある日、ランドセルを背負った見知らぬ女の子がこの親子を訪れる。

しかし・・・愛する妻はいま、小学生の姿! 同居することもできず門限は夕方6時!! 一緒にいると怪しまれ、喜び余って抱きしめたら警察を呼ばれる始末・・・。

突然の別れから10年。愛妻家の男と、妻(外見は小学生)、そして大人になりきれない娘の、ちょっと変わった3人による家族再生の物語が始まる!

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!