ぎぼむす

義母と娘のブルース2022年ぎぼむす謹賀新年スペシャル感想とあらすじ

2022年お正月にTBSドラマ「義母と娘のブルース(ぎぼむす)」のSPドラマが帰ってきます。

ぎぼむすこと、義母と娘のブルースは2018年7月期に放送された連続ドラマ。

バリバリのキャリアウーマンだった亜希子を演じるのは綾瀬はるかさん。

2021年の元旦スペシャルドラマに続いて、どんなストーリになるんでしょう?

今回は2022年の「ぎぼむす」SPドラマについて感想とあらすじをお伝えします。

 

今すぐ、パラビでドラマ動画を無料でフル視聴したい方は、こちらからどうぞ!

動画配信サービス【Paravi(パラビ)】

登録日より2週間以内に解約すればお金は一切かかりません。

 


義母と娘のブルース2022年謹賀新年スペシャルあらすじ


まずは、TBSさんが発表している公式のあらすじをどうぞ~。

2020年の年明け。義母・亜希子(綾瀬はるかさん)の手腕により再建に向かっていた大阪の企業・ゴルディックが乗っ取りに遭う。

新しいオーナーは、外資系ファンドのボス。企業を安値で買収し、株式や資産を高値で売りさばいて大金を得る、いわゆるハゲタカである。

しかし、憎き相手に対面したはずの亜希子は、彼の姿に言葉を失ってしまう。

リベンジすべきその男・岩城良治(竹野内豊さん)は、他界した夫・良一(竹野内豊さん、二役)と顔が瓜二つだったのだ!!

そんな衝撃の幕開けをする今作。

ハゲタカ良治が買収の標的にするのはまさかのベーカリー麦田。ある新事業が功を奏し、売り上げを順調に伸ばしていたベーカリー麦田だが、日本一のパン屋を目指す店長・麦田章(佐藤健さん)のノーテンキな野望につけ込み、大手製パン会社との合併を画策していたのである。

麦田の営業部長である亜希子は、明らかに裏がありそうな良治の提案にNOを突きつけるのだが、亜希子の心はかすかに揺れ動いていた・・・。

果たしてこの買収劇にはどんな展開が待ち受けているのだろうか?

ハゲタカへのリベンジか、はたまた恋か?亜希子へ思いを寄せる麦田も巻き込んだ三角関係!?

そんな大人たちを、相変わらずの笑顔で見守るみゆき(上白石萌歌さん)は、誰よりも亜希子の幸せを望んでいた。

引用元:公式サイト

なんと今回は、亜希子さんの前に良一のソックリさんが現れるという設定!

「ハゲタカファンドのボス・良二」に再建を乗っ取られたことで取り返すべく、亜希子さんのキャリア手腕を大いに試されそうな一大事なのに、ボスが愛する、今は亡き良一さんに瓜二つの男性ということで、亜希子さん、なかなかのピンチ到来です^^

そしてこの悪徳のボス・良二は次なるターゲットに麦田のベーカリーショップをも買収しようとしています。

まんまと麦田はだまされてしまうのか、買収を阻止すべく亜希子さんがどう動くのか、そして義母を見守る、みゆきはどんな行動にでていくのか????

気になるところです^^

 

義母と娘のブルース2022年ぎぼむす謹賀新年スペシャルをみた感想

ぎぼむすのSPドラマを見た感想については、実際の放送が始まったら視聴して更新していきます^^

【追記】

佐藤健さん演じる麦田店長が、今回もおバカで愛くるしくて、こんな人近くにいたら振り回されそうだけど楽しいだろうなあ、と思いながらみていました。

そして綾瀬はるかさん演じる亜希子さんは変わらず美しいんですよね~!

ウェディングドレス姿が予告の時から気になってて「誰と結婚??」と思ってたのですが、ラストで「そういうことなんだ!」と納得出来ました^^

若干ストーリーのラストが、ご都合主義的な感じがしたんですが、ひとひねりあってすごく面白かったです。

「アイノカタチ」と良一さんの優しい語りで何度もみてもほっこりするドラマだなあ、って思いました。

麦田と亜希子さんが結婚ってならないのかな?

 

 

義母と娘のブルース2022年謹賀新年スペシャルキャスト

2022年「ぎぼむす」のSPドラマには、新たなゲストも登場します。

宮本亜希子 綾瀬はるかさん
宮本良一 竹野内 豊さん
麦田章 佐藤 健さん
宮本みゆき 上白石萌歌さん
黒田大樹 井之脇 海さん
麦田の父 宇梶剛士さん
笠原廣之進 浅野和之さん
下山和子 麻生祐未さん

 

今回は「義母と娘のブルース2022年ぎぼむす謹賀新年スペシャル感想とあらすじ」、と題してお伝えしました。

 

error: Content is protected !!