NHK朝ドラ

おちょやんモデル浪花千恵子の経歴プロフィール!夫や子供オロナイン父親について

NHK朝ドラ「おちょやん」は、2020年度後期に放送されました。

主演ヒロインをつとめたのは杉咲花さんで、演じた人物は「竹井千代(たけいちよ)」。

竹井千代の実在モデルは、昭和の名女優「浪花千栄子」さんです。

この記事では、竹井千代のモデルになった「浪花千栄子」さんの経歴プロフィールについてお伝えします。

 


オチョヤンモデル浪花千恵子のwiki経歴プロフィール!

浪花千栄子(なにわちえこ)さんは、大正から昭和の初めにかけて活躍された喜劇女優です。

浪花千栄子(なにわちえこ)さんは「大阪のお母さん」として親しまれ、当時の上方女優の代名詞とも言われていました。

・本名:南口 キクノ(なんこう きくの)
・別名義:香住 千栄子(かすみ ちえこ)
・生年月日:1907年(明治40年)11月19日
・没年月日:1973年12月22日(66歳没)
・出生地:大阪府南河内郡大伴村大字板持(現・富田林市東板持町)

養鶏場を営む家に生まれた浪花千栄子さんは、8歳の時に道頓堀の弁当屋に女中奉公に出されて働いていました。

女中奉公に出されるのは、「おちょやん」で、岡安に奉公に出たことが描かれていました。

浪花千栄子さんは奉公に出ないといけない程、貧しくて小学校教育が十分に受けられなかったために読み書きも出来ず、奉公先で独学で覚えていました。

そして浪花千栄子さんは、実生活でも実の父から自分の働いていたお金を使い込まれ、2年間もタダ働きするなど辛い目に遭っていました。

それがキッカケで父親とは断絶することを決め、弁当屋の奉公をやめて、京都へ単身で渡り、しばらく女給(客の接待役)として働いていました。

そんな浪花千栄子さんの転機は18歳の時でした。

知人の紹介で、村田栄子一座という旅回りの劇団に入ったことで、本格的に芸能界に足を踏み入れました。

裏方の仕事をする傍らで、舞台にも立つようになっていったんです。

「君はこの仕事に向いてるよ」と言われたこともあり、浪花千栄子さんの女優人生がスタートします。

村田栄子一座では「香住千栄子(かすみちえこ)」として活躍し、「帰ってきた英雄」の準主役に選ばれるなど数々の映画に出演しました。

しかし、給与未払い問題や、当時の不況から人員削減となることがあり、映画界からは姿を消していました。

 

浪花千栄子の結婚について

浪花千栄子さんは、1930年からは「松竹家庭劇」という松竹の傘下の喜劇劇団に参加するようになり同年、2代目渋谷天外さんと結婚しました。

朝ドラでは成田凌さん演じる、天海一平(あまみいっぺい)が渋谷天外さんと言われていますね。

浪花千栄子さんと2代目渋谷天外さんとの間に子供は出来なかったことから、養女の輝美さんを迎えることとなり、幸せになったのも束の間、旦那の渋谷天外さんと女優の九重京子さんとの間に子供が出来てしまいます。

浪花千栄子さん、これまでにも幾度となく続いた天外さんの浮気に目をつぶってきたものの、九重京子さんは後輩女優ということもあってさすがに堪忍袋の緒が切れて、渋谷天外さんと離婚し、1951年に、松竹新喜劇を退団します。

 

浪花千栄子さん再び女優の道へ

浪花千栄子さんは、天外さんとの離婚後、誰にも何も言わずに芸能界から離れて行方が分からなくなっていました。

ですが、昭和の人気漫才師・エンタツ・アチャコの花菱アチャコから共演を熱望されたことで、関係者が懸命に浪花千栄子さんを探し回りました。

花菱アチャコさんはアドリブが得意な浪花千栄子さんの姿が忘れられず、どうしても一緒に仕事をしたかったのです。

京都中を探すもなかなか見つからず、諦めかけたとき「もう1日だけ」と捜索を延長したのですが、なんと偶然入ったお店で情報を入手し奇跡的に浪花千栄子を発見したのでした。

こうして再び大阪に戻った浪花千栄子さんは、花菱アチャコさんとNHKラジオドラマ「アチャコ青春手帖」で共演したことでたちまち人気が急浮上となります!

その後「お父さんはお人好し」でふたりは夫婦役を演じたことで、大家族のお母さんとして親しまれ、長寿番組となりました。

映画『祇園囃子』では、ブルーリボン助演女優賞を受賞。

以降はさまざまな監督からオファーが来る有名女優となった浪花千栄子さんですが森繁久弥さんと共演した「夫婦善哉」、黒澤明監督の「蜘蛛巣城」などにも出演。

テレビドラマでは「太閤記」「大奥」などの人気作品でも活躍しました。

その後、浪花千栄子さんは京都の嵐山に「竹生(ちくぶ)」という旅館を開業し、女優以外に実業家としても成功しています。

 

浪花千栄子の夫や子供の現在は?「2022年最新」

浪花千栄子さんは、2代目渋谷天外さんと結婚していましたが、それ以降再婚したとの情報は残っていません。

また、浪花千栄子さんの養女となった輝美さんについても、2022年現在は何をされているのか、こちらについても調べてみたものの分かっていません。

ちなみに浪花千栄子さんが開業された嵐山の旅館「竹生」は、1995年よりも前に処分して廃館しています。

浪花千栄子さん、本名が「なんこうきくの」ということでオロナイン軟膏のホーロー看板に登場していました。

この「オロナインの看板」が広く全国的に出回ったことで、実際の演技をリアルタイムで見たことがない50代の方も強く印象に残っている方もおられます。

まとめ

今回はNHK朝ドラ「おちょやん」の主人公・竹井千代の実在モデルとなった、浪花千栄子さんについてお伝えしました。

ドラマのタイトルになっている「おちょやん」は「おちょぼさん」という意味の大阪弁。

「おちょぼさん」っていうのは、料亭や茶屋で働く若い女中さんという意味で「おちょぼはん」とも言われていました。

実在モデルの浪花千栄子さんの苦労話が悲惨すぎて何とも言えないのですが、朝ドラでは絶妙に明るく描かれているのでつい続きを見たくなります!

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!