Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
いだてん

いだてんの【子役】はかわいい?熊本のオーディションの結果や他の子役についても!

NHKの大河ドラマが2019年1月6日から放送されていますね!

タイトルは「いだてん~東京オリンピック噺(ばなし)~」

今回は、毎年話題になっている今年の大河ドラマの子役は誰なのか?を中心に、オーディションで決まった子役や、それ以外に出演している子役について、気になることを調べてみました。

Sponsored Link

いだてんの子役オーディション

大河ドラマは、主人公の生い立ちから始まることが多い!というか、お約束ですね。

ドラマで子役が登場すると、毎回容姿や話し方などに注目が集まってます。

子役の存在は、毎年大河ドラマの注目ポイントの1つになってます!

今回のドラマの子役の起用について、熊本の景色や方言を大切にしたいプロデューサーの考えから、熊本でオーディションが行われました。

違和感の無いストーリーを楽しんでもらうために、クドカンさんもかなり方言にこだわりを持って臨んでいるのが伺えます。

選ばれる子役も熊本県民、もしくは熊本県にゆかりがあって、熊本弁が話せる子供だと考えられたんです。

日本には東北弁や関西弁などさまざまな方言が存在しますが、その中でも九州沖縄地方の方言は再現が難しいとされています。

その土地で育って生活をした人でなくては話すことは難しいといわれているので、今回の選考となったのでしょうか?

1500人の応募があった中から、今回の男の子の子役が合格しています。

この時代背景から考えると、坊主で走るのが得意な男の子として選考されたようですね。

ということで、1/13日の時点で判明しましたね(^^)

男の子の子役は?

中村勘九郎さん演じる金栗四三の幼少期を演じたのは、「久野倫太郎(ひさのりんたろう)くん」です。

・名前:久野倫太郎(ひさの りんたろう)

・生年月日:2010年11月21日(2019年現在、8歳)

・出身地: 熊本県

・星座:蠍座

・血液型:A型

・身長:120cm

・特技:絵を描くこと・和太鼓

・所属事務所:アクティブハカタ

所属事務所が決まったんですね。

ということは、今後は子役として活動されるのでしょう。

久野倫太郎君がオーディションに合格するきっかけになったのは、おばあちゃんがNHK熊本放送局に応募したからだそうです。

おばあちゃん、嬉しいでしょうね~。

当然ながら、オーディションにはプロの子役も参加しています。

主人公が持っている独特の「田舎っぽい感じや素朴さ。作っていない感じ。何色にも染まっていない子を探して、やっと最後の最後で見つかった「素人さん」だったとか。

又、金栗四三さんの出身地である熊本のなまりを自然に話せることが、重要視されたんです。

小学2年生で8歳の等身大の演技が目に止まったそうで、演技は未経験者の子役さんが大河ドラマの主人公として抜擢されるのは初めてだそうです!

倫太郎くんは「セリフを覚えるのは大変だけど楽しい」とコメントしていました^^

撮影当時は、誕生日前だったので7歳で未経験ながら、大河ドラマで演じたんです。

久野倫太郎くんの演技は?

そんな倫太郎くんは、いだてん「第2話」の前半に中村勘九郎さん演じる、金栗四三さんの幼少時代の役で、登場しましたね。

熊本で7人兄弟の2番目として生まれた四三さん。

病弱だった四三さんが、お父さんに誘われ、市内で柔道の稽古をしているという嘉納治五郎の元へ2人で行こうとします。

祖母のスマさんから「治五郎先生に抱っこされたら丈夫に育つ。」と言われたから。

ただ、村から市内までは十里(約40㎞)。

四三以上に体が弱かったお父さんの歩くのが遅くて、到着した頃には、たくさんの人だかり。

結局は、近くにいた青年に抱きかかえられてもらって、なんとか治五郎の姿を見るだけでした。

家に帰宅したおとうさんは、家族に向かって「なあ四三、嘉納先生に抱っこばしてもろたけん。」とウソをつくんです。

この時の倫太郎君の眉をひそめた、悲しそうに見返す顔がグッときました!

長兄・実次役の中村獅童さんに怒鳴られた時の、号泣シーンも上手だったなあ。

倫太郎君は、事前に台本を渡されておらず、素のリアクションを連発となったんですね。

走ることに夢中な無口な子の設定だったので、思ったほどセリフは少なかったけど、表情豊かで素朴な男の子でとても可愛かったです。

来週はもう出ないんですよね、残念です~。

いだてんの子役に世間の反応は?

ネット上でも、久野倫太郎くんの演技に賞賛の声があがっています(^^)

しかし、出産の光景を見て、ラマーズ法から走りの呼吸法を見出すとは、さすが四三さんww

私も、昔体育の授業で、走る時の「スッスッ~ハッハッ~」の呼吸法を教えてもらったことを思い出しました。

これをきっかけに、子役としてブレイクしそうですよね(^^)

Sponsored Link



いだてんに出演中の子役を紹介!

久野倫太郎以外にも、可愛らしい子役さんが出演していますね~!

「足袋の播磨屋」黒坂辛作の息子・かっちゃんこと黒坂勝蔵役を演じている、阿久津慶人君です。

東京編の子役さんです!

名前
阿久津 慶人(あくつ けいと)

生年月日:2010年12月24日

所属事務所:スマイルモンキー

(これまでの出演作品)
2019:いだてん
2018:PTAグランパ2!(NHKBS)
2018:連続ドラマW 盗まれた顔
2017:最上の命医 2017 等々・・・

かっちゃんのお友達(子役:岩田龍門・山下心煌 )も可愛いですね~。

かっちゃんのお友達2人は、東京の町を走り回る”いだてん四三”を追いかけていました。

将来はかっちゃんの会社で働くのでしょうか?

名前:岩田 龍門(いわた りゅうと)

生年月日:2007年08月11日

所属事務所:テアトルアカデミー

名前:山下 心煌(やました うちか)

生年月日:2010年03月17日

所属事務所:テアトルアカデミー

大河ドラマいだてんの評判は面白いと面白くない賛否?2話ネタバレ感想も2019年の大河ドラマが始まっていますね~。 1月13日放送の第2話では、ついに綾瀬はるかさんも登場しています。 今回は、ド...

いだてんキャストは?

主要メンバーの中村勘九郎さん・阿部サダヲさん・綾瀬はるかさんらに続いて、続々と出演者が発表されています。

金栗四三(かなくり しそう)・中村勘九郎

田畑政治(たばた まさじ)・阿部サダヲ

春野スヤ(はるの すや)・綾瀬はるか

この3人が揃っているだけでも、華やかさがただよっていますね~!

そして、出演者第2弾・第3弾・第4弾も続々と発表されています。

2019大河ドラマは近代物

いだてんは、33年ぶりの近代物ストーリーになります。

明治時代から、1964年の東京オリンピックまでの話です。

大河ドラマは難しそう!と思ってしまいがちな方でも、近代物なら入りこみやすくないでしょうか?

NHK大河ドラマでこれまで近代物を扱ったのは、1986年の橋田壽賀子さん脚本による「いのち」で、それ以来になります。

NHKの大河といえば、歴史物が放送されていたので、今回どうかな?と思った方もいたでしょうが、始まってみれば、クドカンさんの脚本らしさもあって、明るく楽しいドラマになりそうです!

1年後に東京オリンピックを控えているので、今後のストーリーに注目が集まるでしょう!

Sponsored Link

まとめ

今回は、「いだてん」に出演している子役さんに注目してみました。

宮藤官九郎さんのドラマということなので、今までにない感じの大河ドラマになってますね。

このドラマで、2020年東京オリンピックへの関心が高まるでしょう。

他にも、気になる子役さんが出演することがあれば、追って追記したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link