Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
話題

八田靖史の結婚や大学などプロフィールは?韓国グルメ企画がヤバい?

マツコの知らない世界で11月13日火曜日に放送された、八田靖史という男性が話題です。

韓国料理のエキスパートとして、最近注目の八田靖史さんについて、コリアンフードの最新事情など、気になることを調べてみました。

Sponsored Link

八田靖史のプロフィール

・名前:八田靖史(はった やすし)

・生年月日:1976年生まれ(月日は不明です。)

・出身地:東京都板橋区、現在も東京都在住

・出身大学:2002年・国立東京芸術大学アジア研究学科卒業

2000年:ヨンセ大学語学堂卒業

・職業:コリアンフード・コラムリスト

 

八田さんは、1999年、国立東京芸術大学に在学中に韓国に留学された時に韓国料理に興味を持ったそうです。

その時にドはまりする程、韓国料理大好きになり、韓国料理店2000軒も食べ歩くという、唯一無二な人となりました。

いくら好きでも、ここまで食べつくせる人はそういないでしょう。

前世は韓国の人だったんでしょうか?

八田さんは、その魅力についてこう語っています。

-韓国料理の一番の魅力は。
元気になることです。健康にいいものが含まれているという意味と、韓国料理は量自体も多く、ほとんど一人で食べることがありません。みんなで料理を(取り分けないで)つつく姿勢が強いので、人とのコミュニケーションとしての役割も担う料理だと思うんです。人との交流はやはり元気になりますし、その場に韓国人がいれば、「うちの母の味は」という話題にもなりますし、そのような空間が魅力に思います。

引用:http://www.wowkorea.jp/section/interview/read.asp?narticleid=100810

確かに韓国料理はみんなでワイワイ言いながら食べるイメージがありますね。

そんな八田さんですが、韓国のマスコミ関係で働く女性と2008年11月に結婚式を挙げています。

奥さんとなった女性も韓国大好きな方で、結婚式は韓国の正式な様式で行ったそうですよ。

ここまで好きなものが同じだと、一緒に過ごしてても楽しいでしょうね~。

やっぱり新婚旅行も韓国に行ったんでしょうか?

現在は韓国料理コラムニストとして執筆活動をしている八田さん。

韓国の慶尚北道および慶尚北道栄州(ヨンジュ)市広報大使もつとめています。

好きが高じて?!なのか、韓国語のテキスト本も出版されています。

冬のソナタ・ヨン様ブーム・K-POPの流行が来る前からなので、いかに韓国愛が強いかわかりますね。

そして、八田さんは韓国グルメツアーも企画されています。

地元の韓国人も知らないような、グルメのお店を紹介してくれるそうです。

新大久保で韓国料理ブーム?!

八田さんは新大久保の韓国料理店でアルバイトをしながら、国内でも韓国料理の世界を極めていったそうです。

最近、東京・新大久保では新たに韓国料理ブームが起きているんですね。

特に今流行りの、インスタ映えするコリアンフードが若い人たちの間で人気となっています。

その一つがハットグですね~。

チーズが伸びるのが良いそうで、インスタグラムやツイッターにはここ最近投稿が増えています。

 

新大久保は今でも、おふくろの味・家庭料理が人気です。

マツコが番組内で絶賛したのは韓国で定番の「タットリタン」です。

肉じゃがのような料理で、鶏だしに隠し味で、エゴマの粉が混ざっています。

八田さんがぜひとも流行ってほしい、と言われてたのでブームが来るかもしれないですね。

コリアンフードは美容にも良い?

韓国料理が美味しいのはもちろんだけど、美容にも良かったら尚更良いですよね。

特に女性にとっては気になりますね。

韓国の女性は肌がキレイな人が多いですね。

食に対して、陰陽五行という基本的な考え方があるんです。

これは、人体の各部位の陰陽は、相互が助け合って成り立っているという考え方なんです。

韓国の家庭では、子供の時から「食が薬」だと教育していきます。

健康や美容を考えた料理が多いんですね。

韓国人女性が美しいのは、食事から体の内面を整える考えが浸透しているからなのでしょう。

Sponsored Link

まとめ

八田さんが紹介してくれた、韓国料理の世界をのぞいてみることで、今まで興味がなかったんですが、食べに行きたくなりました。

韓国に観光する時は、八田さんの情報を参考にするといいかもしれないですね!

 

Sponsored Link