Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
エンタメ

清水柾孝【蘭】の結婚や彼女について!年齡や大学などプロフィールも

マツコの知らない世界で紹介された、清水柾孝さんが話題になっています。

サラリーマンをしながら、蘭を育てるイケメンな活動ぶりを紹介しますね!

Sponsored Link

清水柾孝のプロフィール

名前:清水柾孝(しみずまさたか)

生年月日:1991年1月

年齢:27歳 (2018年現在)

出身地:栃木県宇都宮市

出身大学:東京農業大学大学院修了

「蘭王子」ともよばれている清水さんは、9歳の時に地元で開催された洋ラン展に出かけます。

この時、おじいちゃんから蘭の一種である”パフィオ”を購入してもらったことから興味を持つようになり、栽培を始めています。

こんな感じの花ですね。

9歳ってまだ小学生ですよね~。

中学生になると地元の宇都宮蘭友会に所属するようになりました。

今の年齢からすると、もう18年の栽培経験があるんですね。

現在は東京都に在住し、園芸用土の専門メーカーである株式会社プロトリーフに勤務しながらランの栽培をされていますよ。

イケメンだし、蘭についての豊富な知識もあるので、このようなイベントにも出席されています。

結婚してるの?独身?彼女はいるの?

そんな清水さんは現在独身?彼女はいるの?と調べてみました。

 

が・・・どこにもそのような情報はありませんでした。

今もランの魅力を伝えるべく、蘭が恋人なのでしょう。

大学院時代から「全日本蘭協会」に所属し、NHKの趣味の園芸に出演されたり、2018年2月には「ときめくラン図鑑」を出版されています。

蘭への愛がいっぱい詰まったとっておきの1冊ですね~。

これだけ一つのことに夢中になれるものがある清水さんは幸せですね。

ランの世界って?

蘭の花は、世界中に25000種類もあるそうです。

当然、種類によって生育環境にも色々と違いがあります。

それぞれの蘭に適した環境づくりが必要ということなんですね。

初心者の人が栽培しようとするときに大切なのが、越冬可能な温度を保つことができるかどうかだそうです。

胡蝶蘭やデンファレは、夜間でも最低15℃以上の温度が必要です。

あの、芸能人のコンサート会場や、舞台の楽屋とかで飾られてる花ですね~。

5度以上あればシンビジウムやパフィオペディラムは大丈夫だそうです。

日照条件も、それぞれの蘭によって違ってて、好む光線量というのがあります。

 

そして水やり。

蘭は、原生地が熱帯や亜熱帯のために、雨季と乾季があるんですね。

日本の春と夏は、水を多めに(雨季のため)、秋・冬は乾季なので乾燥気味に育てると上手に育ちます。

後は、肥料や、植え替え、病害虫対策が大事なんですね。

蘭の花って美しくて見てるだけで優雅な気持ちになりますよね~。

高級で、お高い店で飾られてるイメージがあったりして、敷居が高そうに感じてたんですが、生育条件を守って大切に育てることが出来たら初心者でも大丈夫みたいですね。

清水さんが、ランの世界にハマっていくのが分かる気がしました。

Sponsored Link

まとめ

現代は、特に都会に住んでいるとなかなか自然に触れ合う機会が少なかったりするんですが、清水さんのような方がキッカケで、興味をもってくれると良いですね!

これからも清水柾孝さんの活躍に注目していきたいと思います。

Sponsored Link