Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ボヘミアンラプソディ関連

ボヘミアンラプソディーの映画のあらすじとネタバレ感想!見所も!

英国のロックバンド・クイーン(Queen)の自伝的映画が、11月9日より日本でも全国公開されています。

ボヘミアンラプソディーの映画を観てきた感想を、感じたままに書きます。

Sponsored Link

映画のあらすじ

あらすじです。

クイーンの伝説のライブとなった、「ライヴエイド」を中心軸として描かれています。

・フレディマーキュリーとブライアン・メイ、ロジャー・テイラーとの出会い

・バンド・クイーンの誕生から人気バンドへ

・生涯で唯一愛した女性、メアリー・オースティンとの出会い・なれそめ

・スーパースターとしての孤独と葛藤

そして、病に侵され、死期を悟り最後で最大のライブパフォーマンスを「ライヴエイド(LIVE AID)」を行う・・・ところまで描かれています。

 

感想の前に、私がクイーンを好きになったきっかけは、とにかくフレディマーキュリーの圧倒的に壮大で迫力があり、独自性のあるボーカルに「ひとめぼれ」(目じゃないけど。)したからです。

私は楽器も出来ないし、音楽的なことはよくわかりません。

でも、フレディ(たしか、MUSIC LIFEの雑誌か、VIVA ROCKで「殿下」って呼ばれてたような)のボーカルがキッカケで洋楽大好きになって、その後の人生に音楽の楽しみをもたらしてくれたクイーンというバンドには限りなく敬意を表したいと思います!

感想ネタバレ

感想ですが、メンバーが結成されるまでの過程が分かりやすく描かれてました。

それと、フレディーマーキュリーという人物を、忠実に再現しているのも良かったですね。

この辺りは、メンバーのギタリスト・ブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーが音楽プロデューサーを務めているのが良かったんでしょう。

音楽性の違いからケンカになったりしたこともあったけど、フレディはそれだけ才能を認められて、メンバーから愛されてたんだなあ、というのがスクリーンを通して伝わってきました。

自叙伝の映画だと、その人の良い面だけ語られるストーリーもあるけど、エキセントリックな面・同性も好きである事や、病のことも正直に描かれてたので良かったです。

アルバム作成中にポールさん(音楽プロデューサー役?)からキスされる場面がありましたが、あれってホントのエピソードなんでしょうか?

あれがフレディの初・・・って事?!

だけど、どんな人でも一度世界的にバカ売れしてしまうと、あらぬ方向に行ってしまうんですかね~。

メアリーさんと出会った頃は一途に愛していたのに、ポールに開発されたことで、夜な夜な怪しいパーティー開いてしまったりするもんなんでしょうか。

あと、フレディ以外のバンドメンバーも外見が忠実ですね。

特にブライアンと、ジョン・ディーコンは本人?かと思うような役作りだと思いました。

フレディーマーキュリー役良かった

当初フレディ役は、今の人でなくてサシャ・バロン・コーエンさんというイギリスのコメディアン俳優が演じる方向で進んでたんだそうです。

この風貌でも、見てみたいと思いますね~。

ところが、企画が進行する過程で「方向性の違い」ということで円満解決で役を降りてます。

サシャさんは、フレディ・マーキュリーが亡くなった後のクイーンまで描かれることを望んだそうです。

 

フレディマーキュリー役のラミ・マレックさんが体当たりで演じられてて良かったと思います!

見た目をよく研究されてて、出っ歯のところも上手く真似てますね。

この歯は、義歯を使ったそうです。

最初画面を見た時の印象では、個人的にはもう少し上背があってガッシリした体格だと、外見がよりフレディっぽいかな~?と思ってました。

でもラストのライブエイドのコンサート場面は、不思議とそんなことが気にならなくなる位、フレディが乗り移ったかのような熱演と熱唱(あ、これは本人のボーカルですよね汗汗)でした。

結構、最後は周りの人で泣いてるっぽい人も。

私も同じくジワジワ来ました・・・。

 

エンドロールの画面はフレディが、Don’t Stop Me Now を唄うシーンが出てきます。

ああ、映画良かったけど、やっぱりこの世に本人はもういないんですよね。

コンサートで生歌聴きたかったなあ。

クイーンのコンサート行かれた方が本当に羨ましいなあ・・・

 

ホント、あの病に倒れてさえなければ・・とタラレバですが。

 

というわけで、今は、ラミマレックさんの今後の俳優活動が気になっているところです。

Sponsored Link

まとめ

今回、何年かぶりに映画館に足を運んで観に行ったんですが、久しぶりに行ってよかったと思いました。

クイーンが大好きな人も、私のようなフレディの声に惹かれて、クイーンのバンドが好きになった人もぜひ一度はみてほしいです!!

余談ですが、公開後5日目に行って、パンフレットが売り切れてて買えなかったんです。

なので、パンフレットあるか確認してくださいね~。

Sponsored Link