国内ドラマ

インビジブルドラマ最終回ラスト結末ネタバレ予想!志村の過去はミスリードへ

「インビジブル」金曜ドラマ

2022年4月15日スタート 毎週金曜夜22:00~ TBSテレビ

刑事と犯罪コーディネーターがバディとなる今回のドラマ。

主人公の刑事・志村貴文(しむら・たかふみ)を演じるのは高橋一生さん。

犯罪コーディネーターで謎の女性を演じるのは柴咲コウさんです。

今回はドラマ「インビジブル」 の最終回ラスト結末をネタバレ予想してみました。

 


「インビジブル」ドラマ最終回ラスト結末ネタバレ予想

それでは早速、「インビジブル」ドラマの最終回結末をネタバレ予想してみたいと思います。

高橋一生さんが演じる主人公の刑事・志村貴文(しむら・たかふみ)は元々は捜査一課の最前線で事件捜査に当たっており、犯人逮捕への熱意は捜査一課の中でもひときわ強い正義感あふれる人物。

しかし、その行き過ぎた捜査がきっかけで、一課から特命捜査対策班へ左遷されています。

一方、“悪の代表”犯罪コーディネーター役で、志村とタッグを組もうとするのは柴咲コウさん演じる、キリコ。

ドラマでは、キリコは警察組織がまだその存在すら掴んでいないクリミナルズの情報に精通しているとなっています。

ですが、クリミナルズと言われる犯罪組織がいわゆる「内紛」が起きてしまったことから、キリコも自身に被害が及ぶことを恐れて、志村貴文と手を組もうとするのです。

志村はキリコと行動していくのですが、一度警察の敵側に回ります。

なぜなら、志村貴文は真の敵が警察関係者にいることを見破ったからで、キリコと協力しながら決着をつけるという予想をしました。

予想したポイントの一つに、雑誌のインタビューで柴咲コウさんのコメントです^^

柴咲コウさんのコメントはコチラです↓

白と黒で分けられることが多いと思うんですけど、

時には白と黒が入れ替わることもあると思うし、

本質では真逆だったりすることもあると思う。

この作品で描かれる“正義と悪”ではそういう部分が見え隠れしてくると思う

引用元:https://thetv.jp/news/detail/1071024/p3/

このコメントでもあるように本作では、どちらが正義でどちらが悪かと簡単に決められるような話ではないと読み取れました。

もしかしたら警察のほうが悪に回ったり、凶悪犯罪者が正義の方に回ることもあるかもしれません。

当ブログでは、志村貴文はいつか暴走すると予想しています。

志村は正義感が強くて、事件解決のためならグレーな方法も取りますし、ルールを守っても犯罪者を捕まえる事に限界があり警察のドロドロした事情も知っているはずです。

キリコのような裏社会の人間と協力したほうが悪人を裁けると思ったのでしょう。

そして、警察内部に真の敵がいると予想しました。

当ブログでは、志村貴文が犯人を捕まえることに執念深い理由と関係があると見ていて、実はそれがキリコとも繋がりがあり、彼女とコンビを組む中で徐々に明らかになっていく、と予想しています。

最後の敵はクリミナルズではなく、警察内部の人がラスボスでキリコと共に決着をつけることになるでしょう。

キリコは告発と同時に、解放されたいのかも?もしかしたら、志村が左遷されたのもそこに気付かれる事を上司が恐れたからです。

志村貴文が左遷された先の仲間の中には、上層部からのスパイとかも混じってそうな気もしています。

志村貴文の左遷には裏があって、警察も何か関与しているから発覚することを恐れたのです。

ということから、「クリミナルズ」の組織を解体するべく志村とキリコが奔走し、闇の組織を全滅させる、、というベタな展開で終わると予想しています。

原作がない完全オリジナル脚本のドラマなので、結末はどうなるのか全く不明ですが、この予想が当たるでしょうか??

それと、やはりこのお二人ですから♡な展開が(直虎を彷彿とさせる)あるでしょう(というか、この♡展開は当ブログの希望です^^)

今回は「インビジブルドラマ最終回ラスト結末ネタバレ予想!」と題してお伝えしました~♬

高橋一生さんのドラマ衣装まとめ

インビジブルの放送日はいつからいつまで?

 

 

【インビジブル】ドラマの決定にSNS上の反応は?

「インビジブル」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

佇まいや演技の間合いが天才的
コウさんの一生さん談が彼の芝居を的確に評価されていて凄いと思った
以前例えるなら土(土台)だとも仰った
演者が安心して身を委ねられる相手という事か
数多くの作品、俳優と出逢われて来たトップ女優さんの言葉だと思うと感激

キタコレ!!!!!!
御家老と殿が背中合わせで共闘だよ!!!!!!
高橋一生さんと柴咲コウさんが再共演だよたまらんな!!!!!!

秋田県住みだけどリアタイするぞ!!!!!!

祝TBS連ドラ初主演
ガッツリ刑事役は『ゴンゾウ』の可愛い日比野くん以来⁉︎
更にコウさんとの共演ですから、楽しみ特大。
刑事ものだから、衣装も白黒で、イメージカラー?
やっぱり、これ囲碁の殿と御家老じゃん‼︎
THE TIME, であずみんとの再会もお待ちしてますよ

 

 

【インビジブル】ドラマあらすじ

刑事×犯罪コーディネーター
異色のバディが誕生する!
前代未聞の犯罪エンターテインメント!
TBS連続ドラマ初主演となる高橋一生が
事件解決のためにはどんなグレーな手でも使う刑事に!
そしてその刑事とタッグを組むのは柴咲コウ
“インビジブル”と呼ばれる犯罪コーディネーターとして
悪を熟知する謎の女犯罪者を演じる
「正義」代表の刑事と、「悪」代表の犯罪コーディネーター
本来相容れないはずの2人の化学反応で
世に知られていない凶悪犯があぶり出される!
本当の「正義」とは・・・見えざる「悪」の正体とは・・・
TBSでは、4月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で高橋一生主演の『インビジブル』を放送する。普段目にする事故や事件の数々。そして、未解決事件となってしまうものが数々あるが、実はその中には警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”によって行われている犯罪がある。この物語は、そんなクリミナルズを捕らえるため、刑事と犯罪コーディネーターという絶対に相容れないはずの2人が異色のバディを組む前代未聞の犯罪エンターテインメントだ。

裏社会を牛耳り、あらゆる凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーター“インビジブル”。その存在は警察内部でも一部の人間しか知らず、しかもその実像に迫ったことがないゆえに、都市伝説とささやかれていた。そんなインビジブルが突如、自身が関わってきた未解決事件や凶悪犯罪者の情報を提供し、犯人逮捕に協力すると警察に申し出る。条件はたった一つだけ。捜査一課から左遷された刑事・志村貴文(しむら・たかふみ)を担当にすることーー。

本作の主人公・刑事の志村貴文を演じるのは高橋一生。『カルテット』(2017年)や『凪のお暇』(2019年)で見せた圧倒的な存在感、そして『天国と地獄~サイコな2人~』(2021年)での迫力溢れる怪演が記憶に新しい高橋が、本作でTBS連続ドラマに初主演する。ドラマや映画をはじめ、舞台と多岐にわたり活動する高橋は、2020年に主演した舞台「天保十二年のシェイクスピア」では第45回(2019年度)菊田一夫演劇賞の演劇賞を、2021年に主演したNODA・MAP第24回公演 『フェイクスピア』では、第29回読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞。出演作品が途切れることなく続き、ますます演技に磨きがかかる高橋が本作で演じるのは、警視庁管内で起きた未解決事件の継続捜査を行う「特命捜査対策班」所属の刑事。もともとは捜査一課の最前線で事件捜査に当たっており、犯人逮捕への熱意は捜査一課の中でもひときわ強かった。そのため、犯人を逮捕するためなら時にグレーな手段を使うこともあり、その行き過ぎた捜査がきっかけで捜査一課から特命捜査対策班へ左遷された。“悪”を許してはならないという執念にも近い正義感を持っており、周囲の人間からは時として危険視されることもある異端の存在。そんな志村が、犯罪コーディネーターといういわば“悪”の代表と手を組むことになる。強烈な“正義”と強烈な“悪”の組み合わせがぶつかり合った時、どんな化学反応を見せるのか――。

そして、今回高橋とバディを組むのは柴咲コウ。俳優・歌手として活動するだけでなく、昨今はレトロワグラース代表としての一面も併せ持つ柴咲がTBSドラマに出演するのは『安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~』(2013年)以来、9年ぶり。本作で演じる犯罪コーディネーターは決して表に出てくることはなく、この世のあらゆる凶悪犯罪の裏で必要な凶悪犯たちを紹介・斡旋している。警察内でも一部の人間しか知らず、その実像は“誰も見たことがない”ことから、“インビジブル”と呼ばれている。そんな“インビジブル”が突如キリコと名乗り、犯人逮捕に協力すると警察に申し出る。そして、警察に協力する条件として刑事である志村を担当に指名した。警察組織がまだその存在すら掴んでないクリミナルズの情報に精通しており、志村が追う数多の未解決事件を解決する鍵を握っているようだが・・・果たして、志村に近づいた目的とは? 柴咲が演じる不敵な女犯罪者“インビジブル”にご注目いただきたい。

高橋と柴咲が共演するのは、2004年公開の映画「世界の中心で、愛をさけぶ」、柴咲が主演したNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(2017年)、打合せから撮影までドラマの制作工程をすべてテレワークで行った異色のドラマ『今だから、新作ドラマ作ってみました』(2020年・NHK)以来4度目となる。

脚本は、『ROOKIES』や『南極大陸』、『クロコーチ』など、数々のTBSドラマを手がけてきたいずみ吉紘が今回オリジナル脚本に挑む。シリアスな世界観や特殊なジャンルの人々を扱う作品を得意とするいずみが描く謎が謎を呼ぶ人間ドラマ、そしてドンデン返しに次ぐドンデン返しのミステリーも楽しみにしていただきたい。

異色のバディが相対するのは、個性的すぎる犯罪のプロフェッショナルたち。悪を誰よりも憎む刑事の志村と、悪を誰よりも熟知したインビジブルが闇に隠れていた凶悪犯たちをあぶりだす! やがて2人に芽生える絆は、信頼か、友情か、それとも・・・。一度見始めたら止まらない“中毒”系ジェットコースターサスペンス、4月スタートの金曜ドラマ『インビジブル』にご期待ください。

引用元:公式サイト

 

error: Content is protected !!