じぞ恋

持続可能な恋ですか(じぞ恋)ドラマ放送日はいつからいつまで全何話?最終回の日程について

「持続可能な恋ですか(じぞ恋)」TBS火曜ドラマ

2022年4月19日スタート 毎週火曜夜22:00~ TBSテレビ

父と娘がひょんなことからW婚活をスタートさせる今回のドラマ。

主人公のヨガインストラクターでもある・沢田杏花(さわだ・きょうか)を演じるのは上野樹里さん。

娘の父を演じるのは、松重豊さんです。

今回はドラマ「持続可能な恋ですか?(じぞ恋)」がいつから放送で全何話なのか?最終回の日程についてもお伝えします。

 

 


「持続可能な恋ですか(じぞ恋)」ドラマ放送日はいつからいつまでで全何回?最終回の日程もチェック!


TBS火曜ドラマ「持続可能な恋ですか(じぞ恋)」の放送開始日は、公式サイトより、2022年4月19日火曜日22時00分から放送スタート予定であることが分かりました。

2020年よりコロナの影響で、春・夏ドラマの撮影は休止や延長が続いていました。

そのため各放送局のドラマについては従来よりも早めに撮影を行うところも出ています。

前クールとなる2022年1月から放送されていて、清原 果耶(きよはら かや)さんや間宮 祥太朗(まみや しょうたろう)さんが演じている「ファイトソング」と同じく今回のドラマは、1クールの通常放送(3か月間)になります。

チャンネルはTBSテレビです。

TBSテレビの火曜ドラマは過去1年間では全クール共に、8話~10話で完結となっていました。

そのため今回も10話前後で終わると、予想しています。

ちなみに前々枠の「『婚姻届に判を捺しただけですが』(こんいんとどけにはんをおしただけですが)(清野 菜名(せいの なな)さん主演)」は、10話で完結となりました。


コロナの影響もありますので、感染の状況によっては放送回数が短縮となる可能性もあるようです。

・放送期間の予想⇒2022年4月19日スタート、全9話

・第1話:4月19日
・第2話:4月26日
・第3話:5月3日
・第4話:5月10日
・第5話:5月17日
・第6話:5月24日
・第7話:5月31日
・第8話:7月7日
・第9話:6月14日

【予想】最終回はいつ?⇒6月14日(金曜日)が最終回?!

「持続可能な恋ですか(じぞ恋)」のドラマは、マンガや小説が原作となっておらず、オリジナル脚本のストーリーとなります。

今回のドラマの脚本を手掛けるのは吉澤 智子(よしざわ ともこ))さんです。

吉澤 智子(よしざわ ともこ))さんはTBSドラマの作品を数多く手掛けられています。

これまでの主な作品については、2016年に放送された、TBS火曜ドラマ「ダメな私に恋してください(深田恭子さん主演)」や、2019年に放送された火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話【はじ恋】(横浜流星さん出演)」の脚本を担当されていました。

持続可能な恋ですか(じぞ恋)ロケ地や撮影場所まとめ

じぞ恋の主題歌や音楽もチェック♪

上野樹里さんの着用ドラマ衣装まとめ

持続可能な恋ですか(じぞ恋)に出演する上野樹里さんのコメント

松重豊さんと親子を演じる、上野樹里さんのコメントをご紹介します^^

<上野樹里さん コメント>

今回のドラマは、父と娘がダブル婚活するということで、クスッと笑ってしまったんですけど、すごく面白いなと思いました。

今の時代は、女性も働く中で、男性ともそれなりに新しい形を築いていけないとやっぱり難しいと思います。

そういった現代の結婚観が描かれる中で、杏花自身もどのように変わっていくのか、楽しみながら演じたいです。

今回ヨガインストラクターを演じるにあたって、ヨガというのは体が柔らかくなるだけではなく、不思議と心もほぐれていくような感じだということを知りました。

外からの刺激があったり、不安になることも多い今、自分の内なる本当の安心とか、くつろげる場所がすごく重要かなと思うので、ドラマを見て一緒に家で体を動かしてもらったり、皆さんの心も少しでもほぐしたりすることができたらいいなと思っています。

視聴者の皆さんがこのドラマを見て、明日また頑張ろうって前向きになれるようなドラマを目指していきたいと思いますので、ぜひ皆さんご覧ください!

引用元:公式サイト

 

 

【持続可能な恋ですか(じぞ恋)】ドラマの決定にSNS上の反応は?

「持続可能な恋ですか(じぞ恋)」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

じぞ恋子どもと田中圭の組み合わせが膝から崩れ落ちるくらい好きだから期待だわ
色気封印してくるのかな?
それともいざとなれば解放するのか、、
楽しみ楽しみ😊😊😊
最初から色気爆発してくる春人センセイはどこまでイッちゃってるか、、、楽しみ楽しみ😊😊😊

晴太さんが楽しみすぎて妄想が止まらないんだけど狂気のマゾ教師ヒガシーのあとにシングルファーザーは振り幅すごすぎて憂鬱なはずの4月が楽しみで仕方ない🥰
圭さんありがとう

上野樹里さん主演の火10が観れる世界線で生きられることが最高に幸せです……………脇を固める俳優陣も田中圭さんと磯村勇斗さんという…………そして松重豊さんと井川遥さんのお二人も同時進行で楽しめるという………楽しみすぎる…………

今回は「持続可能な恋ですか(じぞ恋)」のドラマの放送日がいつからいつまでになるのか、予想を基にお伝えしました~♬

上野樹里さんと松重豊さんが父娘を演じるというのが新鮮ですが、それだけでなく親子で婚活する、、というストーリーがありそうでなかった内容だと思うのでどうなるんでしょうか?

またシングルファーザーを演じる田中圭さんは、個人的には「おっさんずラブ」の春田もドンピシャで好きなんですが、「あなたの番です」の翔太が大好きなので、上野樹里さんとどうなっていくのか?も気になります~!

最終回まで目が離せないストーリーになるのは間違いないでしょう。

2022年4月からスタートする「持続可能な恋ですか(じぞ恋)」のドラマが今から楽しみです(^▽^)/

 

【持続可能な恋ですか?(じぞ恋)】ドラマあらすじ

TBSでは、4月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で、上野樹里主演の『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』を放送することが決定した。
多様な生き方が自由な時代。多様な愛のカタチも自由な時代――。
本ドラマは、上野樹里演じるヨガインストラクターの主人公が、松重豊演じる妻に先立たれた父と共に、父娘二人で婚活にチャレンジする物語。突如始まった“ダブル婚活”をきっかけに、「誰かと共に生きること」を一生懸命に考える娘と、「第二の人生」へと向かう父の奮闘を描く、オリジナルラブストーリーだ。

脚本は、『ダメな私に恋してください』(2016年)、『あなたのことはそれほど』(2017年)、『初めて恋をした日に読む話』(2019年)など、数々のTBS火曜ドラマを手掛けてきた吉澤智子が担当する。

主人公のヨガインストラクター・沢田杏花(さわだ・きょうか)を演じるのは、火曜ドラマ初主演となる上野樹里。TBSドラマへの出演は『テセウスの船』(2020年)で主人公の妻役を演じて以来、約2年ぶりとなる。これまでに主演作『アリスの棘』(2014年)をはじめ、『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(2015年)、『家族ノカタチ』(2016年)と、数々のTBSドラマに出演し幅広い役を演じてきた上野。今作では、父親に巻き込まれ、何故だか婚活を始めることになってしまう娘役に挑む。
ヨガインストラクターとして働く杏花は、母が他界した2年前に実家へ戻り、現在は父と2人暮らし。生徒の前では「心身ともに穏やかな暮らし」を送っているように取り繕っているが、実際の生活は穏やかさとは程遠く、いつもバタバタと何かに追われている。大雑把な性格のため身の回りのことや家事もとにかく雑で、同居中の父とはケンカが絶えない。自分の時間を自分のために使いたいのに、お荷物な父の面倒も見なくてはならず、おかげで結婚願望も薄い。そんな杏花が、父に巻き込まれる形で始めた婚活を通して、「誰かと共に生きること」を実感していく。ヨガインストラクターという役を通して届けられる、現代を生きる私たちの心を癒してくれる呼吸法やヨガ哲学の数々も見どころだ。

杏花の父で、2年前に妻に先立たれてしまった辞書編纂(へんさん)者・沢田林太郎(さわだ・りんたろう)を演じるのは松重豊。林太郎はフリーで辞書の編纂をしている日本語学者で、24時間365日「言葉」のことを考えている“日本語オタク”。家のことは完全に妻に任せきりだったため日常生活能力が低く、同居中の娘・杏花をいつもイライラさせてしまう。妻を亡くしてからというもの、人生の活力を失いかけていたが、遺品整理で見つけた“亡き妻からの離婚届”をきっかけに一念発起!
第二の人生のパートナーを探すため、杏花を巻き込んだ“ダブル婚活”を思い立つ。
親しみのある役から重厚な役までどんな役柄も巧みに演じ分け、日本を代表する俳優のひとりとして大活躍の松重。本作では慣れないオシャレをしたり、SNSに四苦八苦したりしながら婚活に奮闘する林太郎を、どのように演じるのか。「口喧嘩では負け知らずでガサツ」な杏花vs「口下手でありながら細かい」林太郎の、父娘バトルにも注目だ。

杏花と出会うことになる東村晴太(ひがしむら・せいた)役には、田中圭が決定。晴太はバツイチのシングルファーザーで、7歳の息子と2人暮らし。息子第一の生活を送り、今のところ再婚は考えていない。そんな中、「自分と家族に優しい働き方」を見つけるために参加した起業セミナーで、杏花と出会う。共に“結婚願望が薄い”杏花と晴太だが、2人の関係は果たしてどのように進展していくのか!?
ドラマ、映画と途切れることなく話題作に出演し続ける田中が等身大で演じる不器用なシングルファーザーの、いじらしい恋の行方に注目いただきたい。

杏花と18年ぶりに再会する幼馴染の不破颯(ふわ・はやて)を演じるのは磯村勇斗。『恋する母たち』(2020年)で年上の女性に惹かれる後輩社員を演じ、注目を浴びた磯村。昨年1年間でドラマ、映画合わせて17作品に出演し、映画「ヤクザと家族 The Family」、劇場版「きのう何食べた?」では第45回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、大躍進の年となった。
磯村が本作で演じる颯は杏花の幼馴染で、現在は晴太の息子が通う民間学童保育で指導員として働いている。ある日、18年ぶりに杏花と再会。颯にとって5歳年上の杏花は初恋の相手で、18年ぶりに再会した杏花に再び心惹かれ、気持ちをストレートに伝えていく。晴太も巻き込んだ三角関係の行方も気になるところだ。

杏花の父・林太郎と婚活パーティーで運命的に出会う女性・日向明里(ひなた・あかり)役には、井川遥が決定。『半沢直樹』(2020年)で物語のカギを握る小料理屋の女将を好演した井川が本作で演じるのは、46歳・独身の整形外科医。開業したクリニックも軌道に乗り、時間・経済力共に余裕のある生活で満たされた今、共に歳月を重ねるパートナーが欲しいと婚活を始める。相手に対して求めるものも少なく、純粋に人を好きになることができる今こそが、“自分にとっての結婚適齢期”なのかもしれないと、パートナー探しの一歩を踏み出していく。
“憧れの女性像”として同性からも圧倒的な人気を誇る井川が、“大人の現実”と“ピュアな心”を併せ持つ整形外科医をどのように表現するのか。そして、年上の日本語学者・林太郎との間で動き出す、一筋縄ではいかない恋の行方とは――。

多様な生き方が自由になりつつある時代。
多様な愛のカタチも自由な時代――。

変化の時代に、ふと気づけば見失いつつある、自分にとっての本当の幸せ。
毎日にありふれた喜びや悲しみ、そして人の優しさやあたたかさが溢れる瞬間には、思いもよらず日常を大きく動かす奇跡が待っている。
人生の再チャレンジを決意した父と娘が辿りつく、“持続可能な愛のカタチ”とは——?
引用元:公式サイト

error: Content is protected !!