悪女わる

悪女(わる)ドラマ主題歌や音楽について!発売日や配信日を調査

「悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜」水曜ドラマ

2022年4月13日スタート 毎週水曜夜22:00~ 日本テレビ

深見じゅん(ふかみじゅん)さんの原作マンガによる、今回のドラマ!

主人公の田中麻理鈴(たなか まりりん)を演じるのは、今田美桜さん。

今田美桜さんは、今回の日テレ水曜ドラマで初主演となります。

今回はドラマ「悪女(わる)」の主題歌や挿入歌・音楽について、配信日や発売日はいつになるのかまとめてみました。

 

悪女ドラマ主題歌はJ-JUN with XIA(JUNSU)の「六等星」!発売日や歌詞について

悪女(わる)のドラマ主題歌については、J-JUN with XIA(JUNSU)の歌う、『六等星』であることが発表されました。

お2人は「J-JUN with XIA(JUNSU)」名義で久々にタッグを組むことになりました。

今回のタッグを機に歌番組への出演もあり、2022年4月26日(火)にはNHKの「うたコン」に出演されます。

お仕事や用事でリアタイ出来ない方は、ぜひ録画をお忘れなく~!

2022年3月30日(水)夜19時より放送された日本テレビ「プレミアムミュージック2022」にて、初披露されてました~♬

テレビでは2010年12月に韓国KBSの番組内で歌唱して以来、11年3カ月ぶりに一緒に歌うことになります.

ジェジュンさんは「ジュンスさんと2人で歌えることをとてもうれしく思います。」、ジュンスさんも「久しぶりにジェジュンさんと2人で歌を歌えることがとてもうれしく思います」と喜んでいるんだとか。

今回の主題歌となる「六等星」は「生きづらいと感じてしまうこの世界で小さな希望を頼りに少しずつ生きていこう」がテーマのバラードだそう。

実際のドラマを見ておりますと、J-JUN with XIAの歌う主題歌「六等星」は、各話数のエンディングで流れていることが多いです。

そして4月27日(水)の第3話ではジェジュンさんがカメオ出演されるそうで、店員の役で登場するそうです。

お二人のインタビュー動画もどうぞ~↓

「J-JUN with XIA(JUNSU)」の主題歌「六等星」については、他にも詳細が分かれば、随時更新させていただきます。

 

 

石田ひかり主演の悪女(わる)【ドラマ】主題歌はラビットのサンキューマイガール


「悪女(わる)」のドラマ主題歌や挿入歌について、今回のドラマは1992年に日テレでドラマ化されていました。

主人公の田中まりりんを演じたのは石田ひかりさん!

主題歌を担当したのは、ロックバンド・RABBITの「Thank You My Girl」という曲が使われていました。

RABBITの「Thank You My Girl」の曲に合わせて、なぜか石田ひかりさんがマンゴーを食べ続けるシーンが流れていたのを覚えている方もいるのではないでしょうか?

ネット上では今回のドラマ化が決まったことで、当時流れていたこの曲をもう一度使って欲しいという声もあがっていました。

以前使われていた主題歌といえば、思い出されるのが阿部寛さんが主演をつとめていた2006年のドラマ「結婚できない男」です。

この時の主題歌を担当したのがEvery Little Thing(エヴリ・リトル・シング・ELT)の「スイミー」という曲でしたが、その後2019年に続編となる「まだ結婚できない男」が13年ぶりに放送されています。

そして主題歌は当時と同じくELTの持田さんが「まだスイミー」のタイトルで再び主題歌を担当されて話題になりました^^

個人的には、主題歌をあえてRABBITさんが歌って欲しいんですけどね~^^

(もう解散されているから、むずかしいでしょうか?)

悪女(わる)のドラマ放送日はいつからいつまで??

今田美桜さんドラマ衣装はダサい??

江口のりこさんの衣装をチェック

 

 

悪女(わる)【ドラマ】音楽の担当は松本晃彦(まつもと あきひこ)さん


「悪女(わる)」ドラマの音楽の担当は松本晃彦(まつもと あきひこ)さんが担当されることが分かりました。

松本晃彦(まつもと あきひこ)さんといえば、過去には織田裕二さんが主演をつとめて大ヒットとなったドラマ「踊る大捜査線」の曲を手掛けてこられましたが、ここ最近は日本テレビのドラマ音楽を担当されています。

  • 松本晃彦さんの生年月日:1963年2月14日(2022年現在、59才)
  • 踊る大捜査線シリーズ
  • 崖っぷちホテル!(日本テレビ 2018年)
  • 3年A組-今から皆さんは、人質です-(日本テレビ 2019年)
  • ニッポンノワール-刑事Yの反乱-(日本テレビ 2019年)
  • コントが始まる(日本テレビ 2021年)

「悪女(わる)」のドラマ音楽については、他にも何か詳細が分かり次第更新していきます。

今回はドラマ「悪女(わる)」の主題歌や音楽についてお伝えしました。

今回のドラマ、1992年版で放送されていた時は石田ひかりさんが主人公を演じてたんですよね。

個人的には放送当時に石田ひかりさんが背負っていた時計付きのリュックが、何だか斬新で欲しいなあ、、と思いながら視聴していたのを思い出しました。

悪女(わる)のドラマロケ地や撮影場所のまとめ

悪女(わる)ドラマの放送日はいつからいつまで?

最終回まで目が離せないストーリーになるのは間違いないでしょう。

2022年4月からスタートする「悪女(わる)」のドラマが今から楽しみです(^▽^)/

 

 

【悪女(わる)】ドラマあらすじ

累計710万部突破!連載完結から25年たっても大人気!

奇跡のロングセラー『悪女(わる)』男女雇用機会均等法以前の旧態依然とした商社・近江物産を舞台に、男>女が未だ当たり前の労働環境のなか、現状を打破し成長していく主人公・麻理鈴(まりりん)の姿に現在の20代~30代女性も熱狂!女性の「生きづらさ」・「働きづらさ」を麻理鈴が爽快にぶち壊し、乗り越えていく大アドベンチャーコミック!

今なお、電子書籍で若い方々にも受け入れられ、読み続けられている作品である。

原作者・深見じゅんさんのプロフィール

長崎生まれの福岡育ち。水瓶座のA型。1971年、漫画家デビュー。初期は「Seventeen」で執筆していたが、1980年代以降「BE・LOVE」(講談社)や「YOU」(集英社)で活躍、人気作家となる。1988年に連載をスタートした『悪女(わる)』がベストセラーに。1991年、『悪女(わる)』で第15回講談社漫画賞一般部門を受賞。同作は、1992年、石田ひかり主演でドラマ化された。そのほかの代表作に『ぽっかぽか』、『くるみ』など。

BE・LOVE編集長 米村昌幸 コメント

1997年に完結した深見じゅん先生の「悪女(わる)」は、25年の歳月を経てなお新しい読者を獲得し続けています。特に昨今はデジタルで漫画を読む若い読者の方からも多くの共感の声をいただいております。
令和の時代となり、男女平等は進み、上司と部下の関係性、リモートワークの導入など働き方も変わりました。しかし世の中は大きく変われども「働く」ということの悩みや葛藤、そして喜びは不変なのだと編集部に届くファンレターから日々感じます。
この度、フレッシュな麻理鈴スマイルを見せてくださる今田美桜さん&クールな峰岸の印象そのものの江口のりこさんという、最高なバディをお迎えして麻理鈴や峰岸の活躍を見られるということに大変喜んでいます。この難しい時代を打開して、日本中の働くみんなが元気になれるようなドラマになってくれることを心から願っています。

引用元:公式サイト

 

 

【悪女〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜】ドラマの決定にSNS上の反応は?

「悪女〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

今日はお休みで、ダラダラと
昼まで寝てたら、突然の
お知らせにツイがジェジュンとジュンスだらけに
今夜はリアタイしなくちゃ〜

久しぶりにTVで
ジェジュンの歌声を聴けて嬉しい
おめでとう

お友達にも宣伝したら
日活再始動から応援してくれてるから
自分の事の様に喜んでくれたよ
ドラマも観るねって

ジェジュンの日本での努力が
今後も更に花開きます様に

そういや今日結局、悪女読んだ。久しぶりに読んだら山瀬さんの行動がイケメンすぎてびっくりした

前作が30年も前なんだ😭😭
石田ひかり主演の「悪女(わる)」が
大好きで、そのドラマで石田ひかりのファンになったの懐かし過ぎるww

悪女、またドラマでやるんだ!
石田ひかりのドラマが好きで、漫画買ったやつ。
あのドラマは、漫画のストーリーとは大分違った気がするけど、今回の筋は漫画に近いのかしら。
今回の田村さんと、小野さんを誰がやるのか。時代が違うから、どんな仕事内容になるのか。
どうなるのか、楽しみ😊

error: Content is protected !!