国内ドラマ

インビジブル【1話】ドラマのあらすじと感想!謎の男の正体を考察してみた

「インビジブル」金曜ドラマ

2022年4月15日スタート 毎週金曜夜22:00~ TBSテレビ

刑事と犯罪コーディネーターがバディとなる今回のドラマ。

この記事では、インビジブルの1話を視聴した感想をあらすじと共にお伝えします。

また高橋一生さん演じる刑事・志村貴文(しむら・たかふみ)を招待してきた謎の男は一体誰なのかも考察してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 


【インビジブル】ドラマ第1話のあらすじ

インビジブルのドラマ・第1話については、実際の放送が始まっていませんので、現時点では当ブログの勝手な(希望)予想をおり混ぜながら、あらすじをご紹介させていただきます。

渋谷の駅前広場で突然ものすごい爆発音が響き渡り、数多くの負傷者がでる爆発事件が発生。

そこに警視庁刑事部特命捜査対策班の警部補、志村貴文(高橋一生さん)が駆けつける。

志村貴文が、仲間の応援を待っていると街頭ビジョンに謎の男が映っている。

その謎の男は、新たな爆破予告を仕掛けてきた!

そして男は次の爆破予告の情報と引き換えに、突如志村の身柄を要求。

志村貴文は要求通りに、急いで指定された場所に行くと、そこにさっきの謎の男が立っていた。

謎の男は志村に、街頭ビジョンをジャックしたのは自分だと名乗り、今後も再び爆発事件が起こると予告。

そして犯人は花火師と名乗る爆破の専門家で、過去に事故と処理されたいくつかの爆発事件も、その花火師の仕業だと言う。

突然の謎の男の言動がにわかに信じられないものの、志村貴文は「お前は一体何者だ??」と聞くと、謎の男は答えず、不気味に笑う。

謎の男は味方か敵かもわからず、苛立つ志村貴文だったが、犯罪組織についてかなり詳しく、事件解決のためならどんなグレーな手も使う男であることが判明。

志村貴文は、これ以上新たな爆破事件があってはならない、何としても阻止するため、取りえずは、目の前の謎の男に協力することを決意。

所轄管内の、警視庁監察官猿渡紳一郎(桐谷健太さん)や、捜査一課課長(原田泰造さん)の制止を振り切って謎の男とともに行方をくらませてしまう。

今回失踪したことで猿渡の怒りはピークに達してしまった。

猿渡は、これまでにも志村貴文の行き過ぎた捜査を問題視していて、志村貴文のことは嫌っていたのだ。

犬飼や猿渡らは、不審者の捜索と、謎の男が言っていた過去の、爆発事件の洗い直しを行うことにした。

すると、そのなかの事故の1つに凶悪犯罪者たちの取引を仲介する、犯罪コーディネーター「インビジブル」の関与が疑われていたことが判明した。

そこで、警視庁総動員で謎の男と、志村貴文の捜索をスタートさせたのである。

一方、謎の男と志村貴文は早速爆発事件の犯人・花火師を追い詰めるため花火師のもとに向かう。

しかし街頭ビジョンを見た花火師は逃走してしまう。

志村貴文は、花火師のアジト付近で怪しい男を発見し、逃げようとする男を捕まえ問い詰めると、花火師ではなく仲間の男だった。

男は何も知らないと一点張りだったため、志村は仲間の男に殴りかかり、花火師の居場所を吐かせる。

志村が花火師の元へ向かおうとしたその時、志村らの行方を追っていた猿渡(桐谷健太さん)たちが、後を追っていたのだが見つけ出して追ってきた。

謎の男の正体は何者なのか?

犯罪コーディネーター「インビジブル」は、あらゆる凶悪犯者たちの取引を仲介するしてきたのだが、このグループに存在した謎の男は、実は女(柴咲コウさん)だった!

インビジブルの存在は警察内部でも一部の人間しか知らず、都市伝説とまで言われていたほどだったのに、ここに来て何故インビジブルがなぜ志村のもとに突然現れ、犯人逮捕に協力すると申し出たのか?

果たして、犯人を逮捕することは出来るのか??

ここまでについては予想ですが、他にも気になることがあれば随時更新させていただきます。

 

 

インビジブル【1話】感想と次回2話への考察

インビジブルのドラマを見た感想については、実際の放送終了後に追記していきます。

ここからは放送開始日までに「インビジブル第1話」の予告動画を見て、思ったことをお伝えします。

第1話の予告動画を見ている限りでは、高橋一生さん演じる志村貴文刑事と、柴咲コウさん演じる、キリコのバディぶりが早速見れるようですし、特に高橋一生さんについては、これまでにない激しいアクションシーンが繰り出されるようで、めちゃくちゃ楽しみです。

高橋一生さんと柴咲コウさんと言えば、どうやっても思い出されるのが、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」でのお二人の姿です。

戦国の世で渡り合ったお2人が今度は、現世でバディを組むという、胸アツな展開!

過去世では残念ながら悲しい結末となって、放送当時はリアルタイムでかなりの話題となりました!

個人的には最後に2人が恋愛関係に発展してほしいと思っています(笑)

現時点で一番気になるのは、どうしてキリコが志村貴文をいきなり指名してきたのか??です。

その理由として一番考えられるのは、やはり志村貴文とキリコの過去の関係だと考えられます!

まず最初に考えたのが、キリコの家族が何者かに殺められていたということ!

ですが、犯人は見つからず未解決事件となったことがキッカケで、キリコは犯人を捜すため、犯罪コーディネーターとして活動することになります。

そして、キリコはその事件に、「謎の集団」クリミナルズが関わっていることに気付くのですが、この「クリミナルズ」が、実は志村貴文の所属する警察内部の人間ではないかと考えました。

志村貴文は犯人逮捕への熱意がひときわ強く、犯人逮捕のために時にグレーな手段もつかうこともあり、その行き過ぎた捜査で左遷された程の人物ですが、その行き過ぎた捜査の理由は、クリミナルズの関わる未解決事件の被害者だったからです。

そして志村貴文も実は、自分の家族を殺めた犯人を捜すために、刑事になったのではないでしょうか。

刑事と犯罪者という、一見真逆の正反対の2人ですが、実はどちらも被害者という共通点があり、それを知ったキリコが志村貴文に近づき、クリミナルズを追い詰めるために未解決事件を解決していく、というわけです。

1話ラストでは2人の過去が少しずつ明らかになるでしょう。

 

 

SNS上でのインビジブルの予想をご紹介

 

インビジブル【1話】まとめ

今回は、ドラマ「インビジブル」1話について、あらすじ・感想・考察について予想を基にお伝えしました。

  1. 爆発事件が起き謎の男が登場する。
  2. 爆発事件の情報と引き換えに志村貴文の身柄を要求
  3. 謎の男の正体は、男でなくキリコという女性だった
  4. キリコは未解決事件の情報を知っている。
  5. 志村は事件解決のためキリコとともに行方をくらませる。
  6. その他今後につながるストーリーを予想

 

【インビジブル】ドラマあらすじ

刑事×犯罪コーディネーター
異色のバディが誕生する!
前代未聞の犯罪エンターテインメント!
TBS連続ドラマ初主演となる高橋一生が
事件解決のためにはどんなグレーな手でも使う刑事に!
そしてその刑事とタッグを組むのは柴咲コウ
“インビジブル”と呼ばれる犯罪コーディネーターとして
悪を熟知する謎の女犯罪者を演じる
「正義」代表の刑事と、「悪」代表の犯罪コーディネーター
本来相容れないはずの2人の化学反応で
世に知られていない凶悪犯があぶり出される!
本当の「正義」とは・・・見えざる「悪」の正体とは・・・
TBSでは、4月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で高橋一生主演の『インビジブル』を放送する。普段目にする事故や事件の数々。そして、未解決事件となってしまうものが数々あるが、実はその中には警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”によって行われている犯罪がある。この物語は、そんなクリミナルズを捕らえるため、刑事と犯罪コーディネーターという絶対に相容れないはずの2人が異色のバディを組む前代未聞の犯罪エンターテインメントだ。

裏社会を牛耳り、あらゆる凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーター“インビジブル”。その存在は警察内部でも一部の人間しか知らず、しかもその実像に迫ったことがないゆえに、都市伝説とささやかれていた。そんなインビジブルが突如、自身が関わってきた未解決事件や凶悪犯罪者の情報を提供し、犯人逮捕に協力すると警察に申し出る。条件はたった一つだけ。捜査一課から左遷された刑事・志村貴文(しむら・たかふみ)を担当にすることーー。

本作の主人公・刑事の志村貴文を演じるのは高橋一生。『カルテット』(2017年)や『凪のお暇』(2019年)で見せた圧倒的な存在感、そして『天国と地獄~サイコな2人~』(2021年)での迫力溢れる怪演が記憶に新しい高橋が、本作でTBS連続ドラマに初主演する。ドラマや映画をはじめ、舞台と多岐にわたり活動する高橋は、2020年に主演した舞台「天保十二年のシェイクスピア」では第45回(2019年度)菊田一夫演劇賞の演劇賞を、2021年に主演したNODA・MAP第24回公演 『フェイクスピア』では、第29回読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞。出演作品が途切れることなく続き、ますます演技に磨きがかかる高橋が本作で演じるのは、警視庁管内で起きた未解決事件の継続捜査を行う「特命捜査対策班」所属の刑事。もともとは捜査一課の最前線で事件捜査に当たっており、犯人逮捕への熱意は捜査一課の中でもひときわ強かった。そのため、犯人を逮捕するためなら時にグレーな手段を使うこともあり、その行き過ぎた捜査がきっかけで捜査一課から特命捜査対策班へ左遷された。“悪”を許してはならないという執念にも近い正義感を持っており、周囲の人間からは時として危険視されることもある異端の存在。そんな志村が、犯罪コーディネーターといういわば“悪”の代表と手を組むことになる。強烈な“正義”と強烈な“悪”の組み合わせがぶつかり合った時、どんな化学反応を見せるのか――。

そして、今回高橋とバディを組むのは柴咲コウ。俳優・歌手として活動するだけでなく、昨今はレトロワグラース代表としての一面も併せ持つ柴咲がTBSドラマに出演するのは『安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~』(2013年)以来、9年ぶり。本作で演じる犯罪コーディネーターは決して表に出てくることはなく、この世のあらゆる凶悪犯罪の裏で必要な凶悪犯たちを紹介・斡旋している。警察内でも一部の人間しか知らず、その実像は“誰も見たことがない”ことから、“インビジブル”と呼ばれている。そんな“インビジブル”が突如キリコと名乗り、犯人逮捕に協力すると警察に申し出る。そして、警察に協力する条件として刑事である志村を担当に指名した。警察組織がまだその存在すら掴んでないクリミナルズの情報に精通しており、志村が追う数多の未解決事件を解決する鍵を握っているようだが・・・果たして、志村に近づいた目的とは? 柴咲が演じる不敵な女犯罪者“インビジブル”にご注目いただきたい。

高橋と柴咲が共演するのは、2004年公開の映画「世界の中心で、愛をさけぶ」、柴咲が主演したNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(2017年)、打合せから撮影までドラマの制作工程をすべてテレワークで行った異色のドラマ『今だから、新作ドラマ作ってみました』(2020年・NHK)以来4度目となる。

脚本は、『ROOKIES』や『南極大陸』、『クロコーチ』など、数々のTBSドラマを手がけてきたいずみ吉紘が今回オリジナル脚本に挑む。シリアスな世界観や特殊なジャンルの人々を扱う作品を得意とするいずみが描く謎が謎を呼ぶ人間ドラマ、そしてドンデン返しに次ぐドンデン返しのミステリーも楽しみにしていただきたい。

異色のバディが相対するのは、個性的すぎる犯罪のプロフェッショナルたち。悪を誰よりも憎む刑事の志村と、悪を誰よりも熟知したインビジブルが闇に隠れていた凶悪犯たちをあぶりだす! やがて2人に芽生える絆は、信頼か、友情か、それとも・・・。一度見始めたら止まらない“中毒”系ジェットコースターサスペンス、4月スタートの金曜ドラマ『インビジブル』にご期待ください。

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!