国内ドラマ

オールドルーキーのドラマ主題歌や音楽について!発売日や配信日を調査

「オールドルーキー」日曜劇場

2022年7月スタート 毎週日曜夜21:00~ TBSテレビ

綾野剛さんが「MIU404」に続いてTBSドラマに出演となる、今回のドラマ!

綾野剛さんが演じるのは、元プロサッカー選手、新町亮太郎しんまち りょうたろうです。

スポーツマネージメントを基にしたヒューマンドラマということで面白くなりそうです^^

今回はドラマ「オールドルーキー」の主題歌や挿入歌・音楽について、配信日や発売日はいつになるのかまとめてみました。

 

 


オールドルーキー【ドラマ】主題歌は誰?発売日や歌詞について


「オールドルーキー」のドラマ主題歌や挿入歌については、現時点では正式に発表が行われているのは、キャストで発表があった綾野剛さんであることが判明しているのみとなっています。

そのため、誰が歌うのか?主題歌や挿入歌自体が使われるのかどうかも分かっていません。

ここ最近の日本のテレビドラマでは、主題歌や挿入歌が必ずしも使われるとは限らず、音楽のみの時もあったりします。

ちなみに前枠の日曜劇場で放送された、二宮和也さん、多部未華子さんW主演の「マイファミリー」では、Uruさんの「それを愛と呼ぶなら」という曲が使われていました。


またテレビ局の主題歌についても、従来だと新ドラマの発表時にキャストやあらすじの発表があった後に、主題歌も発表されるのですが、ここ最近のテレビドラマにおいては、第1話放送日の当日エンディング曲として流れてくる、というサプライズ要素を含んだ紹介をされることもあります。

ちなみに、マイファミリーのドラマの前枠に放送されていたドラマ「DCU」の主題歌はLizabetの「Another Day Goes By」でした。

実際のドラマ1話が放送となり、終盤に女性の声で歌う曲が少し流れました。

主題歌を歌っているのは英国人とベトナム人の家庭のもと、香港で生まれ育った16歳のアーティストLizabet(リザベット)さんです~♬

私はてっきり、miletさんかな~??なんて思ったんですが、とっても大人っぽい歌声で印象に残りましたが、16歳だったとは!

Lizabet(リザベット)さんの経歴ですが、英国人とベトナム人の家庭のもと、香港で生まれ育ちました。

3歳から音楽活動をスタートし、7歳には北京音楽フェスティバルに出演。

さらに、11歳の時に中国では史上最年少でオーケストラと共演し、現地メディアで注目を集めました!

他にも、香港マカオや上海・シンガポールなど、アジア区域で30公演以上のソロパフィーマンスを披露しています。

地元・香港では、ジャクソン5を育てたMotownのレジェンドアーティスト・Bobby Taylorとも共演するなどクラシックからポップスまで、幅広い活躍を見せています。

ちなみに、Lizabetさんの公式SNSについては、こちらからどうぞ!

公式Twitter:https://twitter.com/Lizabet_staff

公式Instagram:https://www.instagram.com/lizabet_1124/

公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCOEUezjnbk9_AQ75CXJg6fA/about

「オールドルーキー」のドラマでは元プロサッカー選手が挫折を余儀なくされるも、スポーツマネージメントへの道のりを模索するというストーリー展開となりそうですが、どんな主題歌になるのか、楽しみに待ちたいところです^^

個人的には、前述の「DCU」のような、放送当日に「え??これ誰がうたってるの??」と思うような主題歌の発表もアリだな~って思います^^

 

 

オールドルーキー【ドラマ】音楽の担当は誰?

「オールドルーキー」ドラマの音楽について、現時点では誰が担当するのかは判明していません。

今回のドラマの脚本を担当しているのは、福田 靖(ふくだ やすし)さんです。

そして演出は、石井康晴さんです。

ちなみに脚本を担当される福田 靖(ふくだ やすし)さんが手がけたTBSドラマを中心としたテレビドラマ作品に使われた音楽を見ていきますと、こんな方が音楽を担当されていました。

  • まんぷく(2018年、NHKテレビ):川井 憲次(かわい けんじ)さん
  • 未来への10カウント(2022年、テレビ朝日):林ゆうきさん

オールドルーキーのドラマ音楽については、今後も詳細が分かり次第更新していきます。

今回はドラマ「オールドルーキー」の主題歌や音楽についてお伝えしました。

サッカー選手という、今までありそうでなかった綾野剛さんの演技がどうなっていくのか、個人的には今からドキドキです!

オールドルーキーのドラマ最終回を予想してみました

オールドルーキーの放送日はいつからいつまで?

最終回まで目が離せないストーリーになるのは間違いないでしょう。

2022年7月からスタートする「オールドルーキー」のドラマが今から楽しみです(^▽^)

 

【オールドルーキー】ドラマあらすじ

2022年7月期
日曜劇場『オールドルーキー』
綾野剛 日曜劇場初主演!
演じるのは、現役を引退したサッカー元日本代表
セカンドキャリアへ一歩踏み出す!
その舞台は「スポーツマネージメント」
愛する娘や妻が、もう一度誇りに思えるパパになるために・・・
自らの人生を生き切ろうと模索する、すべての人におくる物語!
この夏、最も笑えて泣けるヒューマンドラマ!
TBSでは、2022年7月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時放送)で『オールドルーキー』を放送することが決定した。
今作の主人公・新町亮太郎(しんまち・りょうたろう)を演じるのは綾野剛。TBSでも数々のドラマに出演してきた綾野だが、日曜劇場の主演は今作が初となる。
綾野が演じる新町は、底抜けに明るく、サッカーに人生をかけてきたプロサッカー選手。日本代表まで上り詰めて、決定的な場面でゴールも決めたが、その後は怪我の影響で低迷。まさに“記録より記憶に残る男”だった。その後、J3のチームに所属していたが、37歳で突如現役引退に追い込まれてしまう。
サッカー以外のスキルが全くない新町に襲いかかる「現実」―― 。
「選手を辞めたら、どうやって生きていけばいいんだ!?」
37歳にして新人。社会人デビューとしてはあまりに遅すぎる新町が、どん底の中で出会ったのは“スポーツマネージメント会社「ビクトリー」”。スポーツマネージメントとは、現役アスリートの代理人やマネージメントを行う、いわば裏方。それでも、サッカーを心底愛していたし、スポーツを誰よりもリスペクトしているからこそ、新町はそこで働く決意をする。そして、何よりもサッカー選手だった自分を誇りに思ってくれていた娘たちのために。

しかし、その娘たちには、引退したことを言えないでいる。
でも、近い将来、娘たちに自信を持って引退したことを、セカンドキャリアを踏み出したことを言えるように、持ち前のポジティブ力と、サッカーで鍛えた直感力で突き進む決意をする。
ただ、心のどこかでは “引退”が未だ受け入れられない自分がいて、現実の間で揺れ動いていく。
そして、37歳での新卒は簡単なものではなく、仕事でも大きな壁に直面する。
彼が選ぶのはサッカーか新しい人生か―― 。

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!