2022夏ドラマ

オールドルーキーのドラマ主題歌や音楽について!発売日や配信日を調査

「オールドルーキー」日曜劇場

2022年6月26日スタート 毎週日曜夜21:00~ TBSテレビ

綾野剛さんが元プロサッカー選手、新町亮太郎しんまち りょうたろう)を演じます。

スポーツマネージメントを基にしたヒューマンドラマですが、ドラマの主題歌を担当するのは、King Gnuで、「雨燦々」という曲に決まりました。

今回はドラマ「オールドルーキー」の主題歌や音楽について、配信日や発売日はいつになるのかまとめてみました。

 

 

オールドルーキー【ドラマ】主題歌はKing Gnu「雨燦々」!ラストシーンで主題歌を解禁へ

オールドルーキーの主題歌は、初回放送まで1週間を切った6月20日に、King Gnuの「雨燦々」と発表がありました。

今回の新曲は、初回放送の後半ラストで綾野剛さん演じる新町が、矢崎十志也(横浜流星さん)にボールをパスするシーンで初めて流れました。


King Gnuといえば、先日放送された月9ドラマ「ミステリというなかれ」の主題歌も担当されていました。

そんなKing Gnuの「雨燦々」の配信日や発売日は、いつになるでしょう?

第1話放送時点で、King Gnu「雨燦々」の配信日・CD発売日は、まだ発表されていません。

【7月10日追記】

King Gnu「雨燦々」の配信日は7月15日であることが分かりました。

そして合わせて翌7月16日に放送される「音楽の日2022」に出演決定し、「雨燦々」が生披露される予定です^^

これまで数々のドラマの主題歌を担当したKing Gnuが、TBSドラマに楽曲提供されるのは初めてなんだとか。

しかし、メンバーの井口理さんはかつてTBSドラマ「MIU404」に俳優として出演されたことがありました。

過去のTBS日曜劇場の主題歌について

過去のTBS日曜劇場の主題歌リリース情報をチェックしてみました。

日曜劇場/主題歌 アーティスト ドラマ開始時期 リリース/配信日
マイファミリー/それを愛と呼ぶなら Uru 2022年4月 2022年4月24日/デジタル配信
2022年6月1日/CDリリース
DCU/Another Day Goes By Lizabet 2022年1月 2022年1月31日/デジタル配信
2022年3月9日/CDリリース
日本沈没/ラストシーン 菅田将暉 2021年10月 2021年11月7日/デジタル配信
2021年11月24日/CDリリース
TOKYO MER /アカリ GReeeeN 2021年7月 2021年7月26日/デジタル配信
2021年9月8日CDリリース

4作ともドラマ開始から1ヶ月程度で配信リリースされています。

となると、King Gnu「雨燦々」の配信リリース日も、ドラマ開始から1ヶ月程度の7月終わり~8月前半になるのではないでしょうか?

そして、デジタル配信だけでなく、主題歌のCDリリースも期待できそう。

ドラマタイアップの楽曲は、ドラマがクライマックスを迎える中盤から後半に向けて、CD発売日が発表されることが多いです。

King Gnu「雨燦々」CD発売についてはおそらく、2022年8月後半~9月に何かしらの情報が出ると思います。

こちらでもわかり次第更新していきます。

 

 

KingGnuについてご紹介【オールドルーキー】

ここからはあらためてキングヌーさんについてお伝えしていきます。

King Gnuは、東京藝術大学出身のクリエイター常田大希(つねただいき)さんが2015年に活動を開始したバンドで、読み方は「きんぐぬー」と読みます。

「きんぐがん」と読まれてしまうこともあるそうですが、そのバンドの由来を聞くともうきっと間違えることは無いと思います。

「Gnu(ぬー)」は動物の「ヌー」からきているのだとか。

春から少しずつ合流してやがて巨大な群れになる習性を持っていることから、自分たちも老若男女を巻き込み大きな群れになりたいという思いなのだそう。

そんな「King Gnu」ですが、もともとは「Srv.Vinci」という名前で結成され、以降メンバーチェンジを経て現在のメンバーとなりました。

ギター・ボーカルの常田大希(つねただいき)さん、ドラムス担当の勢喜遊(せきゆう)さん、ベース担当の新井和輝(あらいかずき)さん、ボーカル担当の井口理(いぐちさとる)さんの4名のメンバーです。

2017年4月26日に「King Gnu」に改名し現在に至っています。

King Gnuが一躍知られるようになったのは、「白日」です。

坂口健太郎さんが主演のドラマ「イノセンス冤罪弁護士」の主題歌にもなり、現時点で公式ミュージックビデオが4億回の再生を記録しています。

ドラマとのタイアップも多く、柴咲コウさん主演「35歳の少女」では「三文芝居」が主題歌となりました。

2022年夏は、様々な地域でライブを予定していて、コロナも落ち着いてきているので、今年の夏のライブはかなり盛り上がりそう!

そして、11月には東京ドーム公演の開催も決定しています。

 

 

オールドルーキー【ドラマ】音楽の担当は木村秀彬さん

「オールドルーキー」ドラマの音楽について、木村秀彬(きむら ひであきら)さんであることが分かりました。

木村秀彬さんはこれまでTBSのドラマの音楽を多数手がけられています。

「オールドルーキー」のドラマは元プロサッカー選手の新町が挫折を余儀なくされるも、スポーツマネージメントへの道のりを模索するというストーリー展開。

どんな音楽になるのか、気になりますよね♪

個人的に1話から見ていて感じたのは、とにかく全体的に明るい気持ちになれる前向きな曲調が多いな、と思いました。

  • 木村秀彬さんの最近の担当したTBSドラマ↓
  • ドラゴン桜第2シリーズ(2021年)
  • DCU(2022年)

 

オールドルーキー【ドラマ】挿入歌はPhillip Phillips?発売日や歌詞をチェック

6月5日(日)のマイファミリー放送後にオールドルーキーの予告動画が少し流れました。

 

当ブログで予告ティザーから調査したところ、Phillip Phillips(フィリップフィリップス)の -「Gone, Gone, Gone」の曲が流れていました。

公式サイトからの正式発表がないので、挿入歌として使われるのかどうかは分かっていませんが、もしかしたら今後も何らかの場面で流れることがあるかもしれません。

オールドルーキーのドラマ音楽については、今後も詳細が分かり次第更新していきます。

今回はドラマ「オールドルーキー」の主題歌や音楽についてお伝えしました。

元プロサッカー選手という、今までありそうでなかった綾野剛さんの役柄と演技がどうなっていくのか、個人的には今からドキドキです!

オールドルーキーのドラマ最終回を予想してみました

オールドルーキーの放送日はいつからいつまで?

オールドルーキーのロケ地や撮影場所

最終回まで目が離せないストーリーになるのは間違いないでしょう。

2022年6月26日からスタートする「オールドルーキー」のドラマが今から楽しみです!

 

【オールドルーキー】ドラマあらすじ

2022年7月期
日曜劇場『オールドルーキー』
綾野剛 日曜劇場初主演!
演じるのは、現役を引退したサッカー元日本代表
セカンドキャリアへ一歩踏み出す!
その舞台は「スポーツマネージメント」
愛する娘や妻が、もう一度誇りに思えるパパになるために・・・
自らの人生を生き切ろうと模索する、すべての人におくる物語!
この夏、最も笑えて泣けるヒューマンドラマ!
TBSでは、2022年7月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時放送)で『オールドルーキー』を放送することが決定した。
今作の主人公・新町亮太郎(しんまち・りょうたろう)を演じるのは綾野剛。TBSでも数々のドラマに出演してきた綾野だが、日曜劇場の主演は今作が初となる。
綾野が演じる新町は、底抜けに明るく、サッカーに人生をかけてきたプロサッカー選手。日本代表まで上り詰めて、決定的な場面でゴールも決めたが、その後は怪我の影響で低迷。まさに“記録より記憶に残る男”だった。その後、J3のチームに所属していたが、37歳で突如現役引退に追い込まれてしまう。
サッカー以外のスキルが全くない新町に襲いかかる「現実」―― 。
「選手を辞めたら、どうやって生きていけばいいんだ!?」
37歳にして新人。社会人デビューとしてはあまりに遅すぎる新町が、どん底の中で出会ったのは“スポーツマネージメント会社「ビクトリー」”。スポーツマネージメントとは、現役アスリートの代理人やマネージメントを行う、いわば裏方。それでも、サッカーを心底愛していたし、スポーツを誰よりもリスペクトしているからこそ、新町はそこで働く決意をする。そして、何よりもサッカー選手だった自分を誇りに思ってくれていた娘たちのために。

しかし、その娘たちには、引退したことを言えないでいる。
でも、近い将来、娘たちに自信を持って引退したことを、セカンドキャリアを踏み出したことを言えるように、持ち前のポジティブ力と、サッカーで鍛えた直感力で突き進む決意をする。
ただ、心のどこかでは “引退”が未だ受け入れられない自分がいて、現実の間で揺れ動いていく。
そして、37歳での新卒は簡単なものではなく、仕事でも大きな壁に直面する。
彼が選ぶのはサッカーか新しい人生か―― 。

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!