2022夏ドラマ

マイファミリー真犯人は藤堂の妻(玉城りょう)である理由を考察!

TBS日曜劇場「マイファミリー」では温人とみちるの娘が誘拐されてからも

謎を呼ぶ展開が続いていて、9話ラストでみちるがされたりと未だに真犯人が誰なのか
全く読めません。

ですが、この記事では、マイファミリーの黒幕犯人が「東堂の妻(玉木りょうさん)」であるした理由と考察について書いてみました。

 

 


マイファミリー真犯人は藤堂の妻(玉城りょうさん)

東堂と妻の亜希(玉城りょうさん)の一人娘での心春は5年前に誘拐されています。

残念ながらこの心春誘拐事件は、未解決となっています。

そしてこの事件は警察の報道協定がしかれて一般には情報は公開されていません。

なので5年前に心春は救出することができず、現在もまだ生死するらわからない状態です。

そして心春ちゃんの誘拐事件以降、心春の母であり東堂の妻でもある東堂亜希は失踪したままになり、亜希の狂言誘拐なのでは?という方向で捜査が進んでいます。

心春ちゃんが誘拐された時間の東堂亜希のアリバイは、供述を2転3転してはっきりしていませんが、ウヤムヤになっているのは逆に不自然です。

そう考えると東堂亜希の取り調べを行った人物に起因する何かがあると考えることが出来ます。

当時、藤堂亜希の取り調べは、警察官2人によって行われています。

1人は、葛城(玉木宏さん)で2人目は、吉乃(サンドウィッチマン富澤さん)の2名です。

推測の範囲を超えませんが、亜希は吉乃とのなんらかの関係があり、亜希は吉乃が犯人であることを隠秘するために意図的にアリバイの証言を変えたとしか思えません。

心春ちゃんの誘拐事件は、5億円の身代金を要求していました。

ところが、東堂が現金の受け渡しを失敗し、その後再び現金の要求はありません。

そう考えると、犯人は現金が欲しかったわけではなく、心春の誘拐そのものに目的があったんと考えられます。

吉乃と結託して、もしくは吉乃をかばうためにアリバイを2転3転させたということになります。

亜希は実行犯ではないが、心春事件の犯人を隠蔽しようとしたと考えられます!

ただし、これは心春の誘拐の時は、亜希は犯人隠秘をした可能性がありますが、実咲の誘拐事件に関しては直接関与、もしくは共犯の可能性は十分に考えられるということです。

今までいくつかの視点で、東堂の妻が犯人であるのか?

と、いう視点で犯人像とのマッチングを見てきました。

東堂の妻の亜希が単独犯である可能性という意味でいうと、アリバイ面は可能性あり、動機の面では非常に限定的と考えます。

しかし、吉乃を庇うため、犯人を意図的に隠蔽したのではないかと推察しています。

ただ、心春事件では犯人を隠秘し、実咲の誘拐事件では吉乃の共犯である可能性はあると考察します。

6月12日放送の最終回で東堂の不倫について告白しているシーンが出てきたので間違いないです。

 

マイファミリー犯人が日下部(警察)はミスリードでデマ

日下部が9話で急に熱弁をふるっている場面が出てきたことから、新犯人は日下部では?との声が上がっていますが、これはミスリード。

日下部を演じる迫田孝也さんと言えば日テレの「真犯人フラグ」で犯人候補として最後まで疑われてたので、そう思われただけで日下部が犯人となる動機がこれまでの内容からあてはまるものが何一つないので、あくまでミスリードだと思います。

みちるが黒幕犯人の可能性は??

error: Content is protected !!