スターウォーズ

【スターウォーズ】アナキンの父親は誰?エピソード9シリーズや家系図から人物を考察してみた

スターウォーズの続三部作ラストのエピソード9『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』で全9部作の完結を迎えました。

ですが「あれは結局なんだった?」という疑問が。

その中で特に謎なのが、エピソード1に登場した「アナキン(ダース・ベイダー)の父親は存在しない」です。

ストーリーの中で、母シミが未経験でアナキンを宿したと話していて「アナキンの父親はいる」というもの。

今回は、スターウォーズのルーツとなるアナキンの父親が誰なのか、スカイウォーカー家の家系図から人物を考察してみました。

 

 

アナキンの父親は誰?名前や画像について

アナキンの父親(フォースを使って子を宿した張本人)が誰かについては、公式に発表がされておらず明確な答えは出ていません。

しかし、正史作品(映画・小説・アニメなど)の情報をまとめると、その人物とはダース・プレイガスである可能性が高いと言われています。

ダース・プレイガスとはシスの暗黒卿で、ダース・シディアス(パルパティーン)の師匠。

プレイガスはミディ・クロリアンから新たなる魂を生み出すフォースの達人であることから、「シミにアナキンの魂を宿した人物」の可能性が高いとみられています。

ダース・プレイガスが人間の体に魂を宿した理由については、「永遠の命」を手に入れるための研究を行なっていたためではないかと予想されています。

ミディ=クロリアンとは

ミディ=クロリアン(Midi-chlorian)とは、細胞内であらゆる生物と共生している知生を持った微生生命体。

細胞内に存在するミディ=クロリアンの数が十分にあれば、フォースと呼ばれるエネルギーを検出することができるようになる。

ミディ=クロリアン値はフォースの潜在能力に関連しており、標準的な人間の場合、ひとつの細胞に生息するミディ=クロリアンは2,500体未満だが、ジェダイになるとはるかに大きくなる。

アナキン・スカイウォーカーはミディ=クロリアンによって生み出された存在だと考えられている。

出典:starwars.jp

 

アナキンのミディ=クロリアンの数値は2万で、ジェダイマスターのヨーダをも超えていたのだとか。

アナキンがミディ=クロリアンから生み出されたのだとしたら、アナキンが「史上最強のフォースの持ち主」であることは納得がいきますね。

プレイガスは非常に強い力を持つシスでしたが、弟子のシディアスに寝ていたところを襲撃され殺されてしまいます。

さらに、これとは別に「ダース・シディアスが父親だ」とする説も存在します。

その根拠は、シディアスも師匠のプレイガスから「新たな魂を宿す術」を学んでいたかもしれないこと。

またシディアスは「歴史上最強のシスの暗黒卿」といわれるほど強いフォースの力を持っていたことから、彼ならば可能だったのではないかと思われるためです。

たしかにダース・シディアスなら、「永遠の命」を手に入れるためになんでもやりそうなイメージがあります。

しかし、もしシディアスがアナキンの父親だったら…と考えるとビックリです。

 

【スターウォーズ】アナキンを中心としたスカイウォーカー家の家系図をチェックしてみた

アナキンを中心とした家系図をチェックしてみると、英語版が見つかりました。


こうして見比べてみると、アナキンとルークの若いころは雰囲気がそっくりです。

エピソード7〜9に登場する暗黒卿カイロ・レンの本名はベン・ソロで、アナキンの娘であるレイア・オーガナとハン・ソロの間に生まれた子供。

つまり、アナキン(ダース・ベイダー)はカイロ・レンの祖父にあたります。

家系図を見るとやはりアナキンには父親が存在しておらず、母シミとフォースの力によって生まれてきたことがわかります。

 

 

【スターウォーズ】アナキンの母シミについて!アナキンをお腹に宿したエピソード


スターウォーズシリーズの中でも最も不可解な謎としてあげられているのが、「アナキンの母は何もしていないのにいつの間にか妊娠していた」というところ。

そのため、ストーリーの中で「アナキンの父親はいないもの」として話が進んでいます。

しかし、フォースの力を持たないシミから突然アナキンのような息子が生まれてくるとは考えにくく、なんらかの力が働いたことは間違いないと言っていいでしょう。

 

 

アナキン・スカイウォーカーwikiプロフィール

アナキン・スカイウォーカー(Anakin Skywalker)は、『スター・ウォーズシリーズ』エピソード1〜3の主人公です。

惑星タトゥイーンで、母シミ・スカイウォーカーと一緒にスクラップ屋の店主ワトーの奴隷として暮らしていました。

9歳の時には部品を寄せ集めてC-3POを作るなどメカニックに精通しており、宇宙戦闘機・宇宙戦闘の操縦の腕も超一流。

ポッドレーサーとしても抜群の操縦技術を見せ、それをフォースの力と見抜いたクワイ=ガンに見出され、”選ばれし者”(フォースにバランスをもたらす者)としてジェダイの騎士にスカウトされました。

純粋な心を持ち、ジョージ・ルーカスからも「最強のフォースの持ち主」と表現されるほどの才能を持っているアナキン。

ですが、精神的に弱く愛する者への執着心への強さからダース・シディアスの誘惑に屈して最終的にダークサイド(闇落ち)に落ちてしまいます。

そしてシスの暗黒卿としての名を与えられ、ダース・ベイダーとなりました。

パドメ・アミダラの夫で、ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナの父親です。


 

まとめ

今回は、アナキンの父親が誰なのかについて調査してみました。

アナキンの母シミは男女の交わりなしにアナキンをおなかに宿しており(処女受胎)、ストーリーの中で「父親はいない」と語られています。

シミの子宮にアナキンの魂を宿した人物として、シスの暗黒卿であるダース・プレイガスダース・シディアスの名前が挙げられており、ミディ=クロリアンから新たな命を生み出すフォースの力によってアナキンは誕生したのではないかとする説が有力でした。

また、人間の体にフォースを使って魂を宿した理由は「永遠の命を手に入れるための研究だった」と言われています。

そのほかスターウォーズに関して分かることがあれば、また調査していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

error: Content is protected !!