話題

【カラオケ行こ】映画化!公開日いつから?組長キャストは意外なあの人?

「カラオケ行こ!」が2023年に映画化されますね。

映画「カラオケ行こ!」は、和山やま(わやま やま)さんの描いた漫画が原作です。

中学3年生の岡聡実と、四代目祭林組若頭補佐の成田狂児との不思議な友情を描くストーリー。

映画「カラオケ行こ!」は、2023年のいつ公開なのでしょうか?

どんな映画なのでしょうか?

お伝えします。

 

 

【カラオケ行こ!】映画化で公開日は2023年いつから?

和山やまさん原作マンがの映画『カラオケ行こ!』が2023年に公開されることが発表されました。

 

カラオケ行こ!』の監督は、山下敦弘(やました のぶひろ)さん。

『リンダ リンダ リンダ』や『味園ユニバース』を手掛けられた監督さんです。

そして脚本は、野木亜紀子さんです。

ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)、『MIU404』(TBS系)、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)など、ここ最近TBSのテレビドラマで人気作品を担当されています。

映画『カラオケ行こ!』の具体的な公開日は、まだ発表されていません。

2023年公開予定とのことなので、何月頃か予想してみました。

組長さんのキャストや他の人物の発表もまだなんですよね。

公式サイトでは、11月よりクランクイン撮影するとの発表がありました。

そうすると、2022年11月下旬から2022年内にはキャスト発表があるでしょう。

なので2023年2月中にはクランクアップ(撮影終了)。

映画の撮影期間が、通常1~2か月ということを考えると、

2023年の春休み頃には公開されると予想します。

この予想をした理由なんですが、

広瀬すずさん、松坂桃李さん、横浜流星さんらが出演した映画「流浪の月」のクランクインが、2022年3月7日。


実際の映画公開は、5月13日からでした。

よほどの脚本の変更や、キャストさんの都合上がない限り、この公開日になると予想します。

 

 

映画【カラオケ行こ!】キャストについて!TOSHIさんのゲスト出演はある?

『カラオケ行こ!』が映画化するにあたり、キャストが気になりますよね。

『カラオケ行こ!』のキャストは既にお二人が発表されています。

キャスト①成田狂児(なりた きょうじ):綾野剛さん


四代目祭林組の若頭補佐、39歳。

組長主催のカラオケ大会での罰ゲームを恐れており、どうしても歌がうまくなりたい

「紅」が十八番。

綾野剛さんのコメントはこちらです。

お話を頂いた時は、とても嬉しかったです。大好きな作品、魅力的な狂児を体感できる喜び、なにより和山やまさんの世界を、山下敦弘監督、野木亜紀子さん、信頼するチーム、スタッフ、そして聡実くん役として出会った齋藤潤くんと一緒に創作できるという色々様々な喜びが渋滞してます。映画を通して『カラオケ行こ!』の新しい魅力をさらに見つける事ができたらと、原作に敬意を抱きながら、映画としての表現を最後まで諦めず、皆さんにとって魅力的な作品になるよう努めて参ります。よろしくお願いします。

引用元:公式サイト

 

キャスト②岡聡実(おか さとみ):齋藤潤さん


岡聡実(おか さとみ)は、森丘中学校の3年生、合唱部部長。中学校最後の合唱祭を前に、

声変わりで高音を出せなくなっていることを悩んでいる、という男子中学生です。

齋藤潤さんのコメントはこちらです。

初めまして。この度、『カラオケ行こ!』で岡聡実を演じさせていただくことになりました。齋藤潤、15歳です。オーディションに合格した時は正直本当に信じられなくて、今は本当に嬉しいです。最終オーディションで初めて綾野さんにお会いしたのですが、本当にかっこいい方です。これからも頼らせていただきたいと思います!変声期という悩みを抱えている聡実くんですが、狂児さんとの出会いややり取りを通じて少しずつ気持ちが変わっていく…そんな変化をスクリーンから伝えられるような聡実くんを目指したいと思います。

引用元:公式サイト

 

キャスト③:組長(2022年10月時点:未定)

公式サイトでは組長さんのキャストが発表されていませんよね。

一体誰がキャスティングされるでしょうか?

当ブログでは3人の組長さんを予想してみました。

  1. 遠藤憲一さん
  2. 松重豊さん
  3. 哀川翔さん

TOSHIさんの特別出演はある?

「カラオケ行こ!」の映画の中で、綾野剛さん演じる成田狂児の十八番の曲が「紅」となっています。

ということは「Xジャパン」TOSHIさんのゲスト出演の可能性はあるでしょうか?

これについては、全くのゼロではないと思います。

トシさんといえば、ここ最近でも音楽番組によく登場されていますしね~♬

 

 

【カラオケ行こ!】映画化!あらすじ(ネタバレなし)

和山やまさんの漫画が原作の『カラオケ行こ!』は、

中学3年生の岡聡実と、四代目祭林組若頭補佐の成田狂児との不思議な友情を描くストーリー。

原作マンガは、2020年9月12日、同人作品に加筆修正や描き下ろし新話を加えて、KADOKAWAより単行本化されています。

それでは、簡単にあらすじをご紹介します!

全く前情報無しで映画をご覧になりたい方はご注意ください。

『カラオケ行こ』あらすじ(ネタバレなし)

合唱部部長の岡聡実(おかさとみ)はヤクザの成田狂児(なりたきょうじ)に突然カラオケに誘われ、歌のレッスンを頼まれる。

狂児には何が何でも歌が上達しなければならない理由があった。

聡実は嫌々ながらも歌唱指導を行うことになるのだが……。

 

『カラオケ行こ!』原作マンがを読んだ感想

中学生にヤクザの人が歌が上手くなりたいからと、歌唱指導を頼む、という発想がとにかく面白いし、よくこんな設定思いつかれたなあ、思いました。

実はたまたまTVを付けた時「アメトーク」で紹介されてた作品なんですよね。

合唱部の男子中学生とヤクザがカラオケに行くだけの話なんだけど、クスッと笑えてじんと胸が温かくなる素敵な作品。

狂児かっこいいし、友情と恋情の境目の感情が良い感じです。

ぜひ、映画化で観てみたい作品です。

 

 

まとめ

『カラオケ行こ!』の映画化が決定しました。

本作は、“このマンガがすごい!2021”オンナ編第5位(宝島社)、マンガ大賞2021第3位などマンガ賞に続々ランクインし、累計発行部数55万部を突破しいる人気マンガです。

2023年に公開されます。

他のキャストも気になりますね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

error: Content is protected !!