話題

【ザトラベルナース】ドラマの感想!面白いかおもしろくないのかもご紹介

この記事は、テレビ朝日で木曜9時から放送中のドラマ「ザ・トラベルナース」を見た感想をご紹介しています。

岡田将生(おかだ まさき)が主演をつとめる、医療ドラマ。

謎のスーパーナース九鬼静(くきしずか)を演じる中井貴一さんの怪演技も相まって面白いです。

まだ見たことがない方や、どんなドラマなのか知りたい時の参考になさってみてください。

それではどうぞ。

 

 

ドラマ【ザトラベルナース】1話の感想とあらすじ

トラベルナースの那須田歩(岡田将生さん)は、アメリカ国内を転々としながら医療活動に従事。

手術場で医師を補助し、一定の医療行為を実施できる看護資格「NP(=ナース・プラクティショナー)」を持っています。

そんな折、歩は“ある人物”からの要請で日本へ帰国し、民間病院「天乃総合メディカルセンター」で働くことに。

同院では慢性的な看護師不足が深刻な問題に。

看護部長・愛川塔子(寺島しのぶさん)は、院長・天乃隆之介(松平健さん)や、ナースを下に見ている医師たちへの謝罪に追われています。

そこにやって来た歩は、初日から天乃院長にも態度が大きく、外科部長・神崎弘行(柳葉敏郎さん)らを憮然とさせることに!

そんな中、経営第一主義者でVIP患者を優先する天乃院長が、急きょ転院してくることになった議員・一ノ瀬勲(ダイアンの津田篤宏さん)の意向を汲み、「ゴッドハンド」と呼ばれるスター外科医の神崎を執刀医に任命します。

1話を見た感想

岡田将生さんのことは、松たか子さん主演の「大豆田とわ子」のドラマで知って、今回もカッコいいなあ、と思ってみてました。

そして、九鬼静を演じる中井貴一さんが、まさかの面白演技!

私の中では中井貴一さんは「永遠の2枚目」だと思い込んでたので、こんな謎ナースの役がドはまりされてるとは思いませんでした。

そしてギバちゃんこと、柳葉敏郎さんとの掛け合いが1話では一番爆笑物でした^^

中井貴一さんのドスの利いた広島弁がおかしすぎてたまりませんでした。

又最終回までにぜひもう一度、あのオンドリャ~台詞をお願いしたいです。

 

 

ドラマ【ザトラベルナース】2話の感想

那須田歩(岡田将生さん)が、とある店で一人ランチをしていると、同じく一人客の女性・二階堂日向子(キムラ緑子さん)が脳梗塞で倒れます。

歩のおかげで一命を取り留めるも、後遺症で発話も食事もできなくなった二階堂。

搬送先の「天乃総合メディカルセンター」に入院となり、歩と九鬼静(中井貴一さん)が担当看護師となり、リハビリのサポートに着手。

ところが静はいきなり、口から食べられるようトレーニングしようと提案。

歩は猛反対するが、静は「あなたは馬鹿ナースです!」と言い捨て、嚥下トレーニングの準備を始めます。

2話では政財界の大物のオペを多数成功させてきた、グルメ・スーパードクター・神野博道(六角精児さん)が着任。

しかも、院長・天乃隆之介(松平健さん)から“病院のシンボル”として迎えられた神野は我が物顔で、初日から堂々と自らのやり方や都合を貫く。

その後、二階堂が「天乃総合メディカルセンター」の大スポンサーである資産家だと判明!

2話を見た感想

神野博道みたいなグルメドクター、本当にいたら漫画みたいで面白いと思いました。

今回は誤嚥がテーマとなっていて、誤嚥の患者さんに対する接し方や心構えなど、色々考えさせられる(もし自分がなったらとか)内容。

自分だったらやっぱり正直自分の口で食べたい。

そんな時に九鬼静のような、患者に寄り添うナースがいてくれたら、少しでも前向きになれるなあと思います。

 

 

ドラマ【ザトラベルナース】3話の感想

会社経営者の三雲大悟(村杉蝉之介さん)セクハラ&パワハラ三昧から起こる、トラブル回で、ドラマらしい誇張がありつつも今回も楽しく視聴していました。

特に中井貴一さんの「スカートはきましょうか??」には大爆笑!

思わず想像してしまいました(というか、一度でいいから本当に履いて登場してほしい)

ラストは大学生の三上礼(荒木飛羽さん)くんの協力もあって、無事解決となったんですが、あらためて看護師さんたちの仕事の大変さを知りました。

 

 

ドラマ【ザトラベルナース】4話の感想

天乃総合メディカルセンターに大量吐血をする急患が運ばれて来て、郡司真都(菜々緒さん)が対応します。

ところが那須田歩(岡田将生さん)が医師を差し置いて指示を出し、郡司の面子を潰すことに。

そんな中、末期の大腸ガンの四方田和子(岸本加世子さん)が入院。

四方田は医師や看護師だけでは無く、患者達にも大量のお菓子を配ります。

四方田の病状は思わしく無く、既に腹膜播種が認められ、切除不能で根治は難しい状態。

病院は売上の為、回転率を上げる事が優先され、治る患者を優先するようにと院長から指示が出ていました。

先輩医師の指示で転院の件を四方田に説明しに行った郡司であったが、四方田に治癒しなくても手術して欲しいと懇願されます。

四方田は同室に入院する親子の姿を寂しげに見ていました。

四方田の転院の件を聞いた那須田は、同じ症例をアメリカで経験した事があるとして治療方針郡司に進言するも、「医師でも無いのに!」と那須田は責められます。

寮に戻った那須田は、四方田から貰ったお菓子の店について調べると、パティシエが四方田啓介という名で、和子と同じ名字である事がわかります。

四方田は息子と喧嘩別れして、病気の件も知らずにいた。

四方田は息子との別れを悔いていて、手術をすれば病院から家族に連絡が行くと考えてたのでした。

4話を見た感想

四方田さんの病状によっての手術の優先順位が、病院の経営具合によっても変えられることがある、というのが、今回医療ドラマで知った衝撃でした。

こういう一面があることを知ると、病気もしてられないなあ、、、、と思いました。

九鬼静さんは、かつて院長と働いていた事が判明したのですが、院長の過去について何か知っている様子?!

院長が怒っていたのがちょっと怖かったです。

 

ドラマ【ザトラベルナース】5話の感想

「天乃総合メディカルセンター」に人気講談師・五反田宝山(松尾諭さん)が入院してくるのですが、何やら金谷(安達祐実さん)と訳ありだった様子。

五反田は手術が必要なほど直腸がんを患っていることが判明し、那須田の発言がきっかけで五反田が病名を知ってしまい、その日のうちに行方不明に、、、というストーリー。

金谷さんと五反田は元夫婦?と思って見てたらやっぱりそうでした。

五反田の女関係でヒビが入り、結婚生活はこりごりだった金谷さんですが、芸人として長生きしてほしいという気持ちで神野に大金を渡してでも、手術を行って欲しいと直訴。

そしていよいよ中井貴一さん演じる九鬼さん、本当の姿が明かされそうな気配でした。

「理事長」のKWが伏線なんでしょうか?

トラベルナースの最終回を予想しました

 

 

さいごに・・・

今回は「【ザトラベルナース】ドラマの感想!面白いかおもしろくないのかもご紹介」と題してお伝えしました。

今回のドラマは主演の岡田将生さんと、ベテラン俳優・中井貴一さんとの掛け合いが見どころともなってると思います。

そして、菜々緒さんや、寺島しのぶさん、安達祐実さん、松平健さん、浅田美代子さんなどの豪華キャストが勢ぞろいしているのも、見どころの一つ!

医療ドラマはこれまでにも、幾度となく放送されてますが、医者でもない「トラベルナース」が中心となって物語が展開されたドラマは今までになく、恐らく「初」です。

個人的には、米倉涼子さん演じる大門未知子とコラボしてくれないかなあ、、と密かに期待しています^^

 

 

 

error: Content is protected !!