3年A組人質

3年A組人質は告白に似てる?原作ネタバレとあらすじ結末を予測!

「3年A組―今から皆さんは、人質です―」日テレドラマは、主演の菅田将暉さんが美術教師・柊一颯(ひいらぎいぶき)役で出演し、2019年に放送された考察系学園ドラマです。

そしてこのドラマは放送前に映画「告白」にストーリーが似ていると話題になりました。

この記事では、まだ3年A組ドラマを見ていない方のために「告白」の映画のどこが似ているのかご紹介しています。

 

映画「告白」と3年A組ドラマ似てる点はこちら

「告白」は、湊かなえさんが書いた小説です。

湊かなえさんのデビュー作「聖職者」の連作集で、本屋大賞を受賞しています。

映画化されたときは、R15指定で「イヤミス」(みた後に、嫌な気持ちになるミステリー)というジャンルが出来てしまったほど、衝撃的過ぎて、当時かなりの話題になりました。

「告白」あらすじ

ある中学校で終業式直後のHR、教師の森口悠子が語ります、「私はシングルマザーです。わたしの娘は、死にました、警察は事故死と判断しました、でも事故死ではありません、このクラスの生徒に殺されたんです。

犯人Aは渡辺修哉、犯人Bは下村直樹、HRではあきらかにされませんでしたがクラスメートは周知の事実。

森口の復讐劇が始まります。

犯人2人の牛乳にHIV感染している父親の血液を入れたと、HIVに感染するかどうかは運次第、2人には「命」をしっかりと噛み締めてほしいと告げる。

クラスメイトの前で犯人をつるし上げた結果、下村は不登校、渡辺はイジメの対象に、最終的に不登校の下村は精神が崩壊し母親を殺害。

渡辺は母親に認めてもらいたい、自分にもっと関心を持ってもらいたいと考え、終業式の体育館の自分が発表する時、自分を含め生徒も巻きこんで爆弾で爆破する計画を立てます。

事前に森口はこの計画を察知、爆弾は母親の研究室に移されていて、渡辺が爆弾のスイッチを押したとたん、研究所が爆破。

母親は息子の作った爆弾によって死んでしまうのでした。

森口は電話でその事実を渡辺に話します、その後半狂乱になっている渡辺の前に現れた森口は「ここからあなたの更正の第一歩が始まるんです」な~んてね。 と言い放ち、その場から立ち去るのでした。

「告白」の映画は2010年に公開されてますが、かなりセンセーショナルな内容で話題になりました。

私もこの映画を観てみたのですが、まともな人物は出てこない浄化された狂気の世界という印象。

軽いノリは一切許されないシビア&不条理な展開に十二指腸が痛みまくりで、松たか子さんの凄過ぎる演技にはこちらが思わず告白せざるを得ない、と感じる位恐怖心を煽る映画です。

ということで「告白」が、3年A組と似ていると思った点を書いてみます。

  1. 教師が卒業を控えた、最後のホームルームで、自分の娘(3Aでは人気者のクラスメイト)を殺した生徒に復讐をしようと、生徒に告白する。
  2. 「ドッカーン!!」爆発が起こる(告白は最後に、3Aは最初に爆発している)
  3. 大事な人が亡くなった原因は、クラスの生徒によるもの
  4. 少年法によって守られている生徒への直接の制裁

告白では犯人が2人で、亡くなったのは娘であることの違いは多少ありますが、似ていますね。

舞台が高校生か中学生かの違いもあるのですが、教師が少年法によって保護されている者への直接的な制裁など。

3年A組も告白も根底にあるものは少年法への問題提起だと思っているのでその辺は似ています。

ただ「告白」では、亡くなった原因がクラスの生徒によるものとなっていますが、3年A組のドラマではクラスの生徒ではない可能性もあります。

(この部分はネタバレになるので、↑の表現とさせていただきます。)

 


3年A組ドラマのあらすじについて

ドラマのあらすじを見てみましょう。

卒業まで残り10日…。
生徒たちの高校生活は平穏に幕を閉じる…はずだった。
だが、教師はその日、
担任生徒29人を集めて、突然こう告げた。
「今から皆さんは…… 僕の人質です」

“鳴り響く爆発音。騒然とする生徒たち。
『教師=生徒』の関係は一言で『犯人=人質』へ変貌を遂げる。

この瞬間から教師と29人の人質生徒による、
『最後の授業』が始まった―――。

最後の授業……、それは数ヶ月前に自ら命を落とした『ある一人の生徒の死の真相』について。

遺書もなく、何かを告げることもなく、突然この世を去ったかつての学園のスター生徒。

29人の生徒は1人の教師に人質に取られ、自ら蓋をし、目を背けていたその『真実』と向き合うことに。

なぜ、生徒は突然命を落としてしまったのか。

なぜ、教師は「人質」というセンセーショナルな方法を取って最後の授業を行うのか……。

謎と事件が連鎖的に絡み合う、一人の教師の『最後の授業』!

たった10日間という日々を描き、死ぬ気で生きる人々を紡ぐ超限定的連続ドラマ!

誰も想像していない衝撃的学園ミステリーがここに開幕!

―――この真相を知るまで、誰も卒業なんかできない。

とにかく最初から謎だらけな展開です。

3か月間ある全10話のドラマの中で卒業までの10日間を、一話一日でカウントダウンするストーリーが描かれていくんですよね~!

29人の生徒に対して教師は1人なので、どんな風に人質として監禁しようとするんでしょうか?

最初にいきなり爆発音が鳴り響くってことは何が起きたの?と気になるドキドキの展開ばかりが続くんです。

卒業までの10日間で、何が語られるのか、なぜ人気者の生徒は死んだのでしょうか?

最終回のネタバレを知らずに、ドラマを1話から見るのも面白いですよ~!

3年A組キャスト生徒役の現在!神尾楓珠やメンバーについて

 

3年A組ドラマあらすじの原作・脚本について

今回のドラマ「3年A組-今から皆さんは人質です-」に原作はありません。

脚本家の武藤将吾さんが、ドラマのために書き下ろした完全オリジナルの脚本です。

3年A組のドラマで菅田将暉さんが民放ドラマで単独主演するのは初めてで、菅田さんは昔教師を目指していたことがあるということから、このドラマが作られたのだとか。

スゴイですね、菅田将暉さんのためにイメージして書かれた脚本!といってもいいくらいです。

脚本家の武藤将吾さんは過去に「電車男」や「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~」などがあります。

ドラマは衝撃学園ミステリー物ということですが、毎回ドラマの最初に体操(ダンスを取入れた)の朝礼シーンもあったり、生徒同士の恋愛シーンも織り交ぜられていて学園ドラマとしても楽しめます。

3年A組のドラマをまだ見たことがない方は、Hulu(フールー)という動画配信サービスなら、お試し無料期間(初めての方限定)を使って全話視聴を見放題で見ることが出来ますよ~♬

動画を高画質で動画を視聴出来る、Hulu(フールー)をおススメします\(^▽^)/

今すぐHuluで「3年A組のドラマ」を無料視聴する

 

こちらは、2021年4月現在の情報になります。

最新情報についてはHuluのホームページををご覧ください。

 

3年A組の最終回結末予想

ここからは、リアルタイム放送時に私が3年A組のドラマについて予想したことをそのまま置いております。参考にどうぞ~↓

似ていると話題になっている「告白」を見てみましたが、今回のドラマは、どんな結末、ラストになるのでしょうか?

告白のストーリーは、復讐の原因が、教師が自分の生徒に大事な娘を殺されたことなんですよね。

29人の生徒たちを監禁・復讐するということはそれだけの強い理由がないとなかなか成立しないと思います。

となると、やはり菅田将暉さん演じる柊先生は、身内を生徒に殺されてしまったのでは?

「学園のスター生徒が自殺した」ということは明らかになっています。

3年A組は原作がないですが、脚本を書いた武藤将吾さんが、小説を参考にしたのではないかとは考えられます。

今回も、今から最後の授業を始めます。というところからのスタートなので、やはり人の命について人質、監禁という手段を取りながら「衝撃的な授業」が行われると予想しています。

映画「告白」のように精神的に追い詰めていく、という心理頭脳戦の展開になりそうな感じがするんですが・・どうでしょう~??

番組の公式HPでは、本篇映像初公開と一緒に、1分の映像を見ることが出来ます。

映像の最後49秒からの場面で、菅田将暉さん演じる、柊先生が「この瞬間をもって、俺の授業は完結する。」のセリフの後に、後ろ向きに倒れるシーンが流れます。

自ら命を絶って終わるのか、警察に撃たれて倒れてしまうのか、この映像だけでは判断できません。

いずれにせよ、最後に身を投げて終わると予想しています・・。

「この瞬間をもって、俺の授業は完結する。」のセリフがあるということは、最終的に柊先生は復讐を綿密に計画し実行に移した、と考えます。

ただのクラスメイトの死の真相を解明するだけなら、何も言わず、自ら飛び降りる必要もないわけで、警察に撃たれるのならなおさらだと思ってます。

このセリフの後に、後ろ向きに倒れるシーンは、解釈が難しいです。

はたして、告白の小説に似た展開となるのか、全く違ったラストに終わってしまう可能性ももちろんあるでしょう。

 

 

error: Content is protected !!