話題

柴咲コウの現在は?大河ドラマのお経や結婚は?歌の上手い秘訣もチェック!

2020年3月30日より放送される、朝ドラ「エール」に、オペラ歌手として出演が決まった、柴咲コウさん。

 

2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、主人公の直虎役を演じ、ドラマの中で唱えたお経がちょっとした評判になっています。

 

今回は、柴崎コウの現在について、これまでに出演したドラマ作品や、歌の上手い秘訣、他にも結婚といった気になることについて調べてみました~!

スポンサーリンク

柴咲コウ経歴プロフィール

・本名:非公開

・別名義:RUI、KOH+、galaxias!、ギャラ子、MuseK

・生年月日:1981年8月5日(2019年現在、38歳)

・出生地:東京都豊島区

・身長:160cm

・血液型:B型

・活動期間:1998年 –

・活動内容・1998年:女優デビュー

・2002年:歌手デビュー

・2016年:レトロワグラース設立、CEO就任

・所属事務所:スターダストプロモーション

柴咲コウさんは、21歳で歌手デビュー。

 

翌年には映画「黄泉がえり」の主題歌「月のしずく」が100万枚の大ヒットになりました。

 

明るすぎない曲調と古風な歌詞が、どこか神秘的に感じると話題になり、年間チャートでも5位を記録しました。

 

柴咲さんは、この曲以外にもまだまだヒット曲がありますが、歌のうまさの秘訣は自作の歌詞にもあるそうです。

 

最初に歌手活動の話が来た時は、内向的な性格のため自分には向いてないと思ったそうです。

 

でも歌うことは大好きだった柴咲さん。

学生時代は一日何時間でもカラオケに行って歌っていたそうです。

 

歌うときにお願いした条件ですが、「カップリングだけでいいので歌詞を書かせてください。」だったとか。

 

歌詞を書くことによって、書いたものを自分で歌って昇華することの心地よさ・喜びを知ったそうです。

 

作詞をすることが、演技にも生かされていくのでしょう。

 

そんな柴咲コウさんが、2018年5月に、東京・六本木のファッションセレクトショップ「バーニーズ・ニューヨーク六本木店」でサプライズライブを行って、全世界デビューを発表しています。

柴咲さんは、世界最大級の音楽配信サービス「SPOTIFY」などに、「MuseK(ミュゼック)」という名前で、全編英語詞のミディアムバラード「Blessing」をリリースしたんです。

 

「MuseK」は「音楽」の意味とイニシャル「K」を組み合わせた自らの造語なんですね。
柴咲さんが、15年前から温めてきた言葉です。
主演をつとめた「おんな城主 直虎」が海外でも放送されて、支持されたことが海外進出に向かうきっかけとなったそうです。
海外に本格進出なんて、歌手として認められてるってことですね~♬♪

スポンサーリンク

直虎のお経の評判

話題の場面は、第4話(2017年1月29日放送)で幼少期のおとわを演じる子役の新井美羽ちゃんがお経を鼻歌のように唱えるシーンです。

 

この後、入れ替わりに柴咲コウさんが、歌うようにお経を唱えながら歩いて出てくる場面がありました。

柴咲コウさんの美声を生かせた登場は印象的でした。

 

私も見ましたが、すごく優しくて心地よい響きを感じました。

 

久々に心が洗われまして「お経ってこんなに印象に残るものだった?」と思い感動しました。

 

直虎が出家した「龍潭寺」は臨済宗妙心寺派で、この宗派の唱えるお経は「般若心経」だそうです。

 

柴咲さんのインタビューによると、観音経と般若心経を暗記してくださいと言われ、当初は出来るのか不安だらけだったそうです。

 

そこで、四六時中ドライブをしながら自然にスッと覚えていったと語っていました。

 

この時の努力の賜物が今回の話題につながったんですね。

 

ドライブしているうちに、自然に覚えてしまうとはさすが女優さんですね~☆☆

 

「花は咲く」等の作曲家である、菅野よう子さんがこのために曲を作ったそうです。

 

菅野よう子さんといえば、これまでにも2013年に放送されたドラマ「ごちそうさん」や、CMの曲を数多く手がけてきたことで知られています~!

 

スタッフからは「サントラ盤に入れたらどうか」、出演者からも「音声データがほしい」という声が上がっていました。

 

実際に次郎法師が歌うように唱えていたかどうかは解明出来ないほど資料も残ってないので不明のようです。

 

ですが、直虎の唱えるお経はドラマの中で取り上げられるように思います。

 

ちなみに、実際に発売されたサントラの中には、お経は入ってないですが、柴咲コウさんが歌う「わたしが竜宮小僧だったとき」の曲が収録されています~♬

 

柴咲さんは今回のドラマに向けて「この作品は私の性格の一部になると思う。今まで培ってきた自分の生活にプラスされる大きな要素になり、今後の人生を大きく変えるものになると思います。」と意気込みを述べられてます。

 

尼姿の役も初めてだそうで、初めて尽くしでの大河ドラマとなったんですね~。

スポンサーリンク

柴咲コウ彼氏や結婚は?

柴咲さんは過去にはISSAさん、妻夫木聡さん、UVERworld・TAKUYA∞さん、中田英寿さんらの交際がスクープされていました。

 

年齢的にも結婚してもおかしくないですね。

 

でも本人は結婚に興味がないそうですよ~。

そんな柴咲コウさんは、2019年春にWOWOWプライムで放送された「連続ドラマW 坂の途中の家」では、直虎のドラマに続いて、母親役に挑戦していました。

 

本作では3歳の娘を持つ、母親として、無意識に娘の子育てにストレスを感じていた、専業主婦の里沙子を演じていました。

 

裁判に補充裁判員として参加することになり、最初は嫌悪感を抱くも、裁判を通して自らの人生と被告の人生を重ね合わせていく…という、なかなか演技力の要る役柄となりました。

 

2020年5月22日に公開される映画「燃えよ剣」(岡田准一さん主演)にも、出演が決定しています~!

 

柴咲コウさんは、土方(岡田准一さん)と恋に落ちて、生涯愛し合うことになるお雪役を演じられます。

スポンサーリンク

さいごに・・・

今回は「柴咲コウの現在は?大河ドラマのお経や結婚は?歌の上手い秘訣もチェック!」と題してお伝えしました~♬

 

歌手としても、女優としても、そして実業家としての顔を持つ柴咲コウさんの今後の活躍にこれからも注目していきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク