Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
3年A組人質

3年A組人質です最終回ネタバレ結末予測!柊【菅田将暉】と澪奈の関係は?

2019年1月6日(日)から放送されている3年A組-今から皆さんは人質です- のドラマ。

ついに第1話が始まりましたね~!

最初からいきなり話が進んでいって、どういう展開になるのか?とにかく先の読めない、謎だらけなドラマです。

今回は、ドラマの最終回はどういう結末になるのか予測してみました。

Sponsored Link

3年A組・第1話の感想

冒頭から、菅田将暉さん演じる柊先生が、「この10日間を振り返り、全力で生き抜いた。」と屋上から身投げするシーンが出てきましたよ。

これがラストの姿なの?えっもうそんな場面が出てくるの?と衝撃的でした。

そして「今から皆さんには、人質になってもらいます」 と、柊先生が突然の宣言。

バカにする生徒たちが帰ろうとすると、鍵が掛けられていて教室に閉じ込められてしまうし、トイレしか使えない状態。

人質にされてしまった理由は、クラスメイトが1人自殺した事が原因で、その理由を先生が突き止めるためなんですよね。

校舎が爆発するし、先生がナイフを振りかざしたりと、バトルロイヤルのような展開でした。

亡くなった生徒の影山澪奈と、キーマンの生徒茅野さくらが、ただの仲良しさんではない、百合の雰囲気もあったり・・・

まあ、2人とも可愛いからいいんですけど(^^;)

景山澪奈の自ら命を絶った理由を解き明かさないと1人殺すって、恐い展開です。

で、その答えをクラスのみんなで考えて代表でさくらが言う事に。

でも答えは不正解になってしまい、生徒が1人、先生によって亡くなってしまうという・・

でも、あの生徒本当に亡くなってるのかな?

とにかく初回放送は、インパクトがありすぎて、今後の展開が全然読めないですね~。

3年A組の最終回予想!

そして予想なんですが、柊先生と景山澪奈の関係が一番気になりますね。

景山澪奈が亡くなってから、3年A組の担任になった柊先生(という設定に見えた。)

柊先生と澪奈とは何らかの深い関係があったんでしょう。

これはもうこの為に3年A組に近づいてきた感じですね。

澪奈をモデルに絵を描いていましたし、生澪奈のドキュメンタリー映画を作ろうと、生徒たちが撮影をしていると、全部ダビングして欲しいと言ってきた事があったんですよね。

え?やはり2人は恋愛関係だった?

でもね、絵のモデルになっていた時に見せた澪奈の表情や、柊先生を見る目が何か悲しさを秘めた顔だったので、単なる恋愛関係ではないハズ、と思うのです。

澪奈に対するよほどの思いがあったから、今回の人質という手段に出たんだろうと。

とすると、亡くなった景山澪奈は、柊先生と血のつながった関係である可能性が高いのでは?と考えます。

それと、元咲宮高校教師相楽文香役の土村芳さん。

第1話の最後に出てきた女性です。

文香は、柊先生が前にいた学校の元同僚です。

番組でのキャスト紹介で、相楽文香は「日だまり包む心を閉ざした優しき女性!彼女の存在が物語りに波乱呼び込む」と紹介されています。

柊先生、景山澪奈、相楽文香の3人は身内ではないでしょうか。

最後に出てきた、文香の父親・相楽孝彦が予告で「あの男は恐ろしい人間です。」と言っていましたね。

なので、3人の複雑な関係が絡んだまま、最終回ラストは柊先生が何らかの決断(やっぱり制裁?)を下してしまうのでは?と考えています。

柊先生が最終的に制裁を加えるのは間違いないでしょうが、A組の生徒の誰かが何らかの秘密を知っていて、最後まで喋らないという展開も考えられます。

原作のない、ミステリー物なのでやっぱりモヤモヤドキドキしますが、2回目以降の展開を待ちたいと思います。

ドラマを見た人の反応は?

今回のドラマを見た人の感想を見てみます。

3年A組ドラマのあらすじ

放送前に発表されている、あらすじを見てみますね。

卒業まで残り10日…。
生徒たちの高校生活は平穏に幕を閉じる…はずだった。

だが、教師はその日、
担任生徒29人を集めて、突然こう告げた。
「今から皆さんは…… 僕の人質です」

“鳴り響く爆発音。騒然とする生徒たち。
『教師=生徒』の関係は一言で『犯人=人質』へ変貌を遂げる。

この瞬間から教師と29人の人質生徒による、
『最後の授業』が始まった―――。

最後の授業……、それは数ヶ月前に自ら命を落とした『ある一人の生徒の死の真相』について。

遺書もなく、何かを告げることもなく、突然この世を去ったかつての学園のスター生徒。

29人の生徒は1人の教師に人質に取られ、自ら蓋をし、目を背けていたその『真実』と向き合うことに。

なぜ、生徒は突然命を落としてしまったのか。

なぜ、教師は「人質」というセンセーショナルな方法を取って最後の授業を行うのか……。

謎と事件が連鎖的に絡み合う、一人の教師の『最後の授業』!

たった10日間という日々を描き、死ぬ気で生きる人々を紡ぐ超限定的連続ドラマ!

誰も想像していない衝撃的学園ミステリーがここに開幕!

―――この真相を知るまで、誰も卒業なんかできない。

引用元:https://www.ntv.co.jp/3A10/

原作本がないオリジナル脚本

ドラマが始まったら、とにかく原作があるのか気になりますよね。

早く結末を知りたいと思っちゃいます(^^)

テレビドラマはだいたい原作があるのですが、今回は、完全なオリジナルストーリー。

原作がないミステリー物には珍しいことですよね。

なので、今回のドラマは、最終回ラストまで、確信を得ることが出来ずにワクワクしつつも、モヤモヤしながら見ることになりそうです。

そして、第1話が、強力なインパクトで進んでいった、このドラマの脚本は、武藤 将吾さんです。

武藤さんは、これまでに

・電車男
・ジョーカー 許されざる捜査官
・家族ゲーム

など、数々のヒット作品を生み出してきた脚本家です!

なので、まだ1話しか放送されていませんが、視聴者の期待を裏切らない展開になると思います。

Sponsored Link

まとめ

謎だらけの展開に、頭が混乱してしまいそうですが、オープニングの映像で、柊先生が目的を達成したあとに、屋上から身を投げて終わるシーンがあります。

なので、亡くなる原因を作った生徒に制裁を加えたが、実はその生徒ではなくて、その事に絶望して身を投げる?と、予想しています。(考えすぎ?w)

あぁ・・・どうなるんでしょうね?

とにかく2回目以降の続きを、楽しみに待ちたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link