いだてん

大河ドラマいだてんの評判は面白いと面白くない賛否?2話ネタバレ感想も

2019年の大河ドラマが始まっていますね~。

1月13日放送の第2話では、ついに綾瀬はるかさんも登場しています。

今回は、ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」2話の感想(ネタバレあり)や、ドラマの評判について気になることを書いてみました!

Sponsored Link

2話ネタバレ感想

第2話は「坊っちゃん」というタイトルで、熊本に生まれた四三さんの幼少期が描かれてました。

四三さんが生まれた実家が、緑が豊かな山奥だったので、自分には大豪邸にしか見えず、もしかして金栗さんは大金持ちのお坊っちゃんだから、「坊ちゃんのタイトル」なのかと思ったら違ってたんですね。

父親の信彦さんが身体が弱くて、貧乏に転落してたとは・・・。

家族で、明るく生きてはいたものの、おばあちゃんのスマが、赤ちゃんの四三に語る露骨な言葉は、信彦さんにはつらいものがあったでしょうね。

とにかく子役の男の子の可愛さに、目が釘付けになりました(^^)

おばあちゃんから「治五郎先生に抱っこされたら丈夫に育つ。」と言われて、結局だっこしてもらえなかったのに、お父さんが「抱っこしてもらえたぞ~。」と言って嘘をついた時の、幼い四三くんの眉をひそめた、悲しそうに見返す顔がグッときました!

長兄・実次役の中村獅童さんに怒鳴られた時の、号泣シーンも、つい画面を見入ってしまいました。

本当に、演技が全くの未経験とは思えない巧さだったと思います。

可愛すぎて、勘九郎さんにつなぐ、間の男の子(中学生の役)がほとんど記憶に残らないほどでした。

個人的には、もう少し登場してほしかったな~、来週からは見れないみたいですね、残念!

そして綾瀬はるかさんの、天真爛漫な笑顔と、圧倒的なかわいさ。

「はいからさんが通る」のような袴で、自転車に乗りながら「あいたかばってん〜。」と歌う自転車節が元気でよかったです。

綾瀬はるかさんの役どころは、五輪を目指すマラソン選手の主人公・金栗四三(中村勘九郎さん)の幼なじみで、未来の奥さんとなる女性なんですね。

この2人がどのようにして一緒になるのかというところも楽しみです。

あと、今回は四三さんの、生まれ故郷の風景の美しさに心を打たれました。

日本には、まだまだあんな場所が残っているんですね。

熊本へ、一度は行ってみたくなりました(^^)

いだてんの評判は?面白いと面白くない賛否!

「いだてん」のドラマ、2話が放送されてからのストーリーの評判はどうなんでしょう?

「面白い派」と「面白くない派」に分かれているようですね~。

どのような意見があるのか、まとめてみました。

●面白い派の意見は?

いだてんのドラマ、ここ最近では真田丸級に面白いよ。大河だと思って観ないのがコツだと思うな。

私の中では、面白~い!って感じ。確かに父母世代はスピードについてけないかもしれないけど、痛快な感じが楽しい!

テレビを見るのが10年ぶりくらいで、最後にはまった大河は「新選組!」なので、大河らしさについてはさっぱりわからないけど、いだてん、面白いです。

 

●面白くない派の意見は?

いだてん、ビートたけし!滑舌悪くて何を話してるのか分かりにくい。ナレーション的な役当てないでほしい。だから森山未來に変わりに喋らせてんだろうけど、たけしいらない。行ったりきたりしすぎ。

第1話を見た段階で、70歳の父が「面白くないなあ。前の(西郷どん)ほうがよかった」とつぶやいていた。今のところ、私は楽しんで見ているけど……。
あのノリだとやっぱり高齢者には、なじみにくかったり、ついていけなかったりするんだろうか。

思った以上に賛否両論の声があがってますね~。

今までにない「大河ドラマらしくなさ」に対して、どう思えるか?なんでしょうか・・。

個人的には、大河ドラマと言えば「歴史物」が王道だけど、「いのち」以来の近代ドラマなので新鮮な気持ちでみれますね。

クドカンさんのテンポに対して、どう感じるかもあるのかな~って思います。

確かに、朝ドラっぽい雰囲気は感じますね(^^)

まあ、でもまだ2回目だし、1年間の放送だから途中でガラっと雰囲気が変わることもあるかもしれないですね。

第2話の内容に世間の声は?

可愛いかった子役の男の子、注目されてますね~。

綾瀬はるかさんのカワイイ姿も、やはり話題になってますね!

いだてん・第2話あらすじ

この日、テレビ寄席で志ん生が語るのは、日本初のオリンピック選手となった金栗四三(中村勘九郎)の知られざる熊本での少年時代。

学校まで往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服した四三。

軍人に憧れ、海軍兵学校を受けるも不合格に。

身体を鍛えても無駄と落ち込む四三だが、幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)に励まされ、嘉納治五郎(役所広司)が校長を務める東京高等師範学校への進学を決意する。

運命の出会いが近づいていた。

引用元:https://www.nhk.or.jp

 

Sponsored Link

まとめ

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」第2話の放送が終わりましたが、今のところ、史実に忠実なこともあって、小ネタも含めた「クドカン節」はそれほど出ていませんね〜。

でもクドカンさんの伏線を張っておいて、あとからジワジワくるのが個人的に好きなので、3話以降の放送も楽しみに、今後に期待したいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

Sponsored Link