俳優・女優

山口美也子の経歴プロフィール結婚は?学歴や息子ドラマについて

この記事では、女優の山口美也子について経歴プロフィールとともに、出演ドラマ作品についてお伝えしています。

山口美也子さんは「フルーツ宅配便」にドラゴンフルーツ役で出演されるなど、名バイプレーヤーとして活躍されています。

今回は、昭和から多くの映画やドラマに出演を続ける山口美也子さんについてお伝えします。


山口美也子wiki経歴プロフィール

・名前:山口美也子(やまぐち みやこ)

・生年月日:1952年2月3日(2021年現在、69歳)

・出生地:大阪府大阪市天王寺区上本町

・血液型:B型

・身長:157cm

・趣味・特技:日舞、映画鑑賞、お菓子作り、絵を描くこと

・免許・資格:普通自動車免許、着付け講師

・活動期間 1977年 –

・所属事務所:ファザーズコーポレーション

山口美也子さんの年齢を知って驚きました~w(*゚o゚*)w

もっと若い女性に見えますね~。

そんな山口美也子さんの出身高校ですが、兵庫県武庫川女子大学付属高等学校

武庫川女子大学付属高等学校偏差値57~63となっていて、特に部活動に力が入れられており、マーチングバンドコーラス部は全国大会の常連となっています。

武庫川女子学校中高一貫の学校ですが、山口美也子さんは高校からの入学で、中学時代は、山口美也子さんの地元である大阪市天王寺区の市立夕陽丘中学校に通っていました。


山口美也子さんが、いつごろから女優の道を目指していたのか、詳しいことは残念ながら分かりませんでしたが、「自由劇場」などの数々の劇団を経て、1977年に映画「本番」で主演デビューされています。

そして、1980年までは、「日活ロマンポルノ」で活躍してきました。

日活映画としては、「昼下りの情事 すすり泣き」、「オリオンの殺意より 情事の方程式」などの映画に出演しています。

山口美也子さんの昔の画像はコチラ

劇団から、ポルノ映画まで幅広いジャンルの役をこなし、今なお山口美也子さんの年代で、現役で活躍されてる女優さんもなかなかいないのではないでしょうか。

2011年には、映画「朱花の月」、2012年に、東海テレビドラマ「七人の敵がいる!~ママたちのPTA奮闘記」など、数多くのドラマ、映画で活躍してきました。

1982年には、映画「さらば愛しき大地」にて第25回ブルーリボン賞助演女優賞を受賞するなど実力を認められて、現在もなお女優として活躍されています。

 

山口美也子さん結婚は?

山口美也子さんは結婚しているのでしょうか?

年齢的に見ていくと、山口さんは既に結婚していてもおかしくないですね~。

山口美也子さんは、1980年に結婚したようです。

お相手の方は、演出家の流山児 祥(りゅうざんじ しょう)さんで、共通の友人を通じて知り合い、交際に発展したようです。

女優と演出家のカップルは、話も合いそうでかっこいいですよね。

ですが、山口さんと流山児祥さんは2000年頃に離婚しています。

離婚の理由は生活のすれ違いで、流山児祥さんはかなりの仕事人間で、家庭を顧みないところがあったと言われています。

お子さんは、1982年に男の子が生まれています。

他に子供の情報はなかったので、子供は1人なのでしょう。

山口美也子さんのツイッターを見ると、息子さんが2016年にイタリア料理店をオープンさせていますね(^^)

山口美也子ドラゴンフルーツの役について

山口美也子さんは、フルーツ宅配便のドラマで「ドラゴンフルーツ」役で登場しています。

ドラゴンフルーツは、北は札幌ススキノから、南は福岡中州まで、日本中の歓楽街を網羅してきた、伝説の風俗嬢。

1966年にビートルズが来日した際、ジョン・レノンのお相手をしたらしいとのウワサが。

ドラゴンフルーツは、「ファンタスティック・イマジンハンド」と呼ばれることになり、彼女のSPサービスを受けたい男の人で行列が出来るほど。

今回は、人気NO.1のみかん(徳永えりさん)がインフルエンザにかかってしまい、イチゴ(山下リオさん)も祖父の葬式でお店を休むことになり、出勤しているのはレモン(北原里英さん)だけ。

レモンはコミュ障でいまだに客を取ることができず、クレームが多い要注意人物・安田(山中崇さん)にも速攻でチェンジされてしまう。

咲田が困っていると、清掃業者(山口美也子さん)が支度を始める。

彼女こそ伝説のデリヘル嬢・ドラゴンフルーツだった。

最初は横柄な態度だった安田も、ドラゴンフルーツの手にかかると一変。

後日、安田から営業で契約を3本も取れたと、お礼の電話がかかってくる・・・という設定でした。

清掃業者から、嬢への変身シーンのくだりが昭和チックで面白いんです!

クレーマー客・安田(山中崇さん)さんや、レモンちゃんへの「伝説嬢」らしい気遣いのサービスぶりが、何ともほっこりする演技でした。

どこでも、秒速?!で寝ることが出来る技をお持ちのドラゴンフルーツさんは、ベテラン女優さんならではの貫禄の演技力だわ、と思いました。

6話は、山口美也子さんの伝説嬢のエピソードや、レモンちゃんの不器用な演技が面白くて、あっという間の30分でもしこのドラマが続編を放送するとするなら、その時は絶対また山口美也子さんに出演してもらいたいと思います。

 

error: Content is protected !!