Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
わたし定時で帰ります

わたし定時で帰ります愁役は桜田通で演技力の評価は?彼女や留学についても!

『わたし、定時で帰ります。』火曜ドラマ

2019年4月16日スタート・TBS系
毎週火曜日・夜22:00〜

今回は、主人公に、様々な情報を提供する、謎の男・ハンドルネーム愁(しゅう)役を演じる、桜田通さんについて、調べてみました( ̄ー ̄)

Sponsored Link

桜田通プロフィール

本名:桜田 通(さくらだ どおり)

生年月日:1991年12月7日(27歳)

出生地:東京都杉並区

身長:180cm

血液型:B型

特技:作詞・作曲

活動内容 2005年:俳優デビュー

所属事務所:アミューズ

桜田通さんの名前は、芸名なのかと思いましたが、本名なんですね。

名前の由来は、東京の港区にある「桜田通り」からだそうですが、なぜこの名前にしたのかは、桜田さんは知らされてないんだとか。

そして、桜田通さんにはお兄さんがいまして、お兄さんの名前は「桜田門(さくらだ もん)」さんです。

1回で覚えてもらえそうな、とてもインパクトがある名前で、おもしろいですよね~。

桜田通さんは、小学6年生の時に、スカウトされて、芸能界に入っています。

2005年に、テレビドラマ「瑠璃の島」で、土谷哲平役を演じて、俳優デビューを果たされています。

そんな桜田通さんが、注目を浴びることになったのは、翌年2006年の「ミュージカルテニスの王子様」でつとめた、主演の越前リョーマ(3代目)役です。


越前リョーマは、桜田さんとクールなところが共通していることもあり、ハマり役となりました。

本人曰く、誰よりも負けず嫌いなところが、よく似ているのだとか。

この時、同じ仲間が、もう一度舞台をしたいと思われるほど、みんなで協力して舞台を成功に導いた経験は、かけがえのないものになったそうですよ(o^∇^o)

桜田通彼女は?

桜田通さんの彼女について調べてみたところ、過去に元AKB48・前田敦子さんとの
熱愛の話がありました。

2007年の映画「あしたの私のつくり方」の共演がキッカケとされています。

ですが、写真誌に撮られることもなく、デート現場などの証拠もありませんでしたので、単なる噂で終わったみたいですね。

桜田通さんと、前田敦子さんは、同じ高校の同級生だったと言われています。

もし本当なら、2人ともどこの高校に通っていたのか?と思ってチェックしてみたところ、目黒区にある、日の出高校(芸能コース)に通ってたそうです。

前田敦子さんとの、熱愛のウワサの話が出てからは、特に彼女の話は出てきていませんが、

もしかしたらウワサになっていないだけということもありますね(^^)

桜田通の留学は?

桜田通さんは、芸能界デビューしてから、順調に、テレビや映画、舞台と活躍してきましたが、21歳の時にイギリスへの留学を決めています。

その理由が、「恵まれた環境の中ですごしてきた自分を、あえて過酷な環境に置いて、鍛え上げたい、勉強したい。」からだったんです。

桜田通さんは実際、イギリスに1年間の予定から、半年間留学していましたが、最初は言葉が通じなくて、コミュニケーションが上手く取れずに、精神的に落ち込んだことばかりだったそうですが、改めて自分を取り巻く環境の優しさを実感できたんです。

芝居のあり方や、俳優としての道、将来についても、じっくりと見つめ直すことが出来たんですね。

Sponsored Link



桜田通の演技力は?

そんな桜田通さんの演技を、世間の方はどう見ているんでしょうか?

2019年1月から放送されているドラマ「パーフェクトクライム」では、若き敏腕デザイナー・東雲遥斗役を演じています。

桜田通さんは、このドラマで、ドロ沼4角関係を演じています。

これまでの桜田さんの演じてきた役とは、違った男性像なので、気になっている人が増えているようです。

桜田さんの演技力、以前に比べて、評価が上がっているんですね。

桜田通は歌も上手い

桜田通さんは演技だけでなく、アーティスト活動もしているんですね~。

桜田さんの好きなミュージシャンは「UVERworld」

カラオケでも「UVERworld」の歌をよく歌っているそうです。

音楽が大好きな桜田さんは、高校時代から楽曲制作やバンド活動に一生懸命に取り組んでいました。

2016年頃から、本格的にライブ活動をしていて、現在もファン限定のイベントとして「Sakura da Festa」が毎年開催されています。

この「Sakura da Festa」ライブでは、過去に桜田通さんが出演した作品にまつわる楽曲をカバーしたり、自身の作詞作曲したオリジナル曲も含めた音楽を披露しています。

自らプロデュースを行っていて、セットリストからグッズまでトータルで行う桜田さん、とうとう映画の劇中バンドまで誕生しています。

桜田通さん映画『ラ』に出演

こちらは、2018年に公開された映画です。

ギターをかき鳴らしながら主題歌をパワフルな歌声で披露している桜田通さん。

「LACTIC ACID」バンドの一員としての演奏シーンもカッコいいです。

・映画『ラ』の主題歌「鼓動」

・バンド名「LACTIC ACID」

・桜田通さんが劇中で登場する“慎平の気持ち”で歌詞を書き下ろし

映画『ラ』の内容
ヒモとして日々を過ごす元バンドボーカルの慎平(桜田通さん)が、解散したバンド再結成を目指して消失した友情を取り戻そうと奮闘する姿を思い描いた音楽青春映画です。

音楽という共通の夢で繋がっていた慎平たちの人生があっという間に転調していくさまが描き出されています。

あるものと引き換えに慎平にお金を肩入れする恋人・ゆかり(福田麻由子さん)、元バンドメンバーである元親友の黒やん(笠松将さん)が出演。

Sponsored Link

桜田通「わた定」のドラマは?

桜田通さんは、「わたし、定時で帰ります。」の中では、結衣に情報を提供する、謎の男として登場することになっています。

「謎の男」設定って、どういう男の人なのか、ちょっと気になりますよね。

吉高由里子さんが演じる東山結衣さんは、原作からいくと、いたって普通の一般企業のようですし、それほど情報提供が必要な会社って、一体どういう仕事??って感じがします。

このドラマの中で、桜田通さんが、謎の男をどう演じていくのか、楽しみですね~ヾ(=^▽^=)ノ

わたし定時で帰ります最終回結末は?原作からネタバレ予測!「わたし、定時で帰ります」 2019年4月スタート、火曜夜22:00~スタート/TBS系 今回のドラマは、小説が原作となって...

 

 

 

Sponsored Link