青天を衝け

中島歩(俳優)経歴プロフィール結婚や彼女は?国木田独歩が話題!

この記事では、俳優の中島歩(なかじまあゆむ)さんについて、経歴プロフィールを元にお伝えしています。

中島歩さんは2021年2月14日より放送されているNHK大河ドラマ「青天を衝け」に草彅剛さん演じる徳川慶喜の兄・徳川 慶篤(とくがわ よしあつ)役で出演中です。


中島歩wiki経歴プロフィール!結婚や彼女についても

・本名:同じ

・生年月日:1988年10月7日(2021年現在、32歳)

・出生地:宮城県

・身長:183cm

・血液型:O型

・趣味:落語、釣り、写真、ギター

・活動期間 2013年 –

・所属事務所:テンカラット

中島歩さんは中学までサッカー、高校はバレー部と体育会系でしたが、大学では落語研究会に所属しています。

役者になりたいと、この頃から思いだした中島歩さん。

その理由を、過去のインタビューで話しています。

大学に入ったら、演劇好きの人が周りにたくさんいて、刺激を受けて、色々な芝居を見るようになりました。

そこから芝居も体を使った表現の一つ、と思って勉強し始めたんです。

人と一緒にやることで、1人では生まれないことが起きたりしますし、自分の考え通りにいかなかったり、相手がいることによって、
思いつかないことが生まれたりすることに刺激を感じました。

更に映画も演劇も本数を観るよにうなって、どんどん好きになりました。

表現することを続けているうちに、役者をやることが一番の目標となったということですね。

中島歩さんは、その足掛かりとして大学在学中にモデルを始めています。

ですがモデルの仕事をしていくうえで表現者として物足りなさを感じてしまい、大きい舞台でたくさんの人に見てもらえるところに行きたいと考えて、役者一筋になることを決意します。

そこからは日雇いや飲食店のバイトで生計を立てながらオーディションを受け続け、ひたすらワークショップに通う日々だったそうです。

2012年1月にモデルをやめてからはアルバイトをしながら、ひたすらオーディションを受けていた、中島歩さんですが2012年にチャンスが訪れます。

美輪明宏さん主演の舞台『黒蜥蜴』のオーディションで200名の中から雨宮潤一役に選ばれ、2013年4月、同舞台で俳優デビューしています。

美輪明宏さんから「私が若かった頃に似ている。」と評価されての、抜擢ドラマだったそうですよ。

中島歩さん結婚してる?彼女や恋愛観について

続いて中島歩さんのプライベートについて気になったことを調べてみました。

2021年現在でも、熱愛彼女や結婚の報道はこれまで出ていません。

中島歩さんの”結婚”については2015年に公開された映画『グッド・ストライプス』での役柄から「結婚してるんじゃないのかな?」と思われているんだとか。

この映画は中島歩さんと菊池亜希子さんのW主演で、「できちゃった結婚でリアルなラブストーリー」という内容です。

性格も育った環境も全く違うマンネリ状態のカップルが”できちゃった結婚”を機に、お互いの知らなかった相手のルーツを知っていくことに・・・。

撮影の最後の方は中島歩さんと菊池亜希子さんは、お互いが「相手にイライラしていました。」と本当のカップルのように言っていたのだとか。

この映画で演じていた役柄のリアルさが、スクリーンの中の中島歩さんの演技をみていた人から「実際に結婚している」と思ったようです。

そんな中島歩さんは過去の雑誌のインタビューで「結婚することは、人生においてすごく特別なことだと思いました。結婚できない場合もあるので、それを考えるとやっぱり特別なことですね。」と語っておられました。

「以前は従順で、僕の面倒をみてくれる女性が良いと思っていました。

でもそれはちゃんと安定した仕事をしている人が出来ることであって、僕は俳優という職業で、まだ不安だから、それは叶わないのかなと。

しかも現実的に従順な人がそんなにいない、というのも分かってきました(笑)

結婚することは、人生においてすごく特別なことだと思いました。結婚できない場合もあるので、それを考えるとやっぱり特別なことですね。」

引用元:(2015年9月「トーキョー女子映画部」

当分はまだまだお仕事に邁進されるようですね~。

 

中島歩と国木田独歩の関係について

中島歩さんは、中学と高校の国語の教員免許をお持ちということで、先生を目指されていたんです。

そんな中島歩さんは「武蔵野」などで知られる、明治の文豪「国木田独歩」の玄孫、
つまり、孫の孫にあたるんだとか。


その才能を引き継いでか、日本大学藝術学部文芸学科に進学してからは小説を書いておられた時期もあったのだそう。

小説以外にも、子どもの頃から自分の何かを表現したいと思っておられた中島歩さん。

人前で表現すること、特に自分の体を使って表現することに居心地の良さを感じておられたとのことで、高校の時はバンドや漫才もやっていたのですが、男前イケメンだし、才能はあるしで何だかスゴイ俳優さんなんですね。

それにしても国木田独歩の孫の孫だったとは、今回「青天を衝け」の大河ドラマに出演が決まったことと何かご縁を感じるものがあります^^

 

中島歩「花子とアン」やドラマ出演について

中島歩さんは2014年に放送された、NHK朝の連ドラ「花子とアン」で、仲間由紀恵さん演じる令嬢・蓮子と駆け落ちする恋人・宮本龍一役で、初のレギュラー出演を果たされました。

そして「花子とアン」のナレーションは、三輪明宏さんが務められたというから、やはり三輪明宏さんご縁があったのでしょう。

三輪明宏さんさんからは「人は裏切るけど、仕事は裏切らないから一生懸命やりなさい。」と激励されたそうですよ~。


中島歩さんは「フルーツ宅配便」の10話に出演し、咲田・小田の中学時代の同級生で医者である、井上俊哉役で登場していました。

この時も高評価の声があがっています。

中島歩さんも出演したフルーツ宅配便のロケ地は千葉のラーメン店!

そして2021年2月14日より放送されている吉沢亮さんが渋沢栄一を演じているNHK大河ドラマ「青天を衝け」では、草彅剛さん演じる徳川慶喜の兄・徳川 慶篤(とくがわ よしあつ)役で出演が決まっています。


今後も映画やドラマとさまざまなことに挑戦し続ける、中島歩さんの動向にこれからも注目していきたいと思います(^▽^)

error: Content is protected !!