Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
パーフェクトワールド

パーフェクトワールド【ドラマ】主題歌や発売日は?歌詞やあらすじも!

「パーフェクトワールド」

2019年4月16日スタート(初回20分拡大放送)・毎週火曜日夜21:00~

ドラマは、松坂桃李さん演じる、恋を諦めた車いすの建築士・鮎川樹が、山本美月さん演じる高校時代の同級生・川奈つぐみと再会して心を通わせる純愛ストーリーです。

原作は、漫画雑誌「KISS」に有賀リエさんが恋愛漫画「パーフェクトワールド」で、現在も連載している漫画です。

今回は「パーフェクトワールド【ドラマ】主題歌や発売日は?歌詞やあらすじも!」でお伝えします(*^▽^*)

Sponsored Link

パーフェクトワールド主題歌は?


「パーフェクトワールド」の主題歌は、「まちがいさがし」に決定しました~!

歌うのは、菅田将暉さんです(*^^*)ノ

今回の曲は、米津玄師さんが作詞・作曲・プロデュースを行って提供しています。

『パーフェクトワールド』のプロデューサーが、菅田さんに主題歌のオファーをしたところ、菅田さんより「この曲を主題歌として起用したい。」となって今回実現しました。

主題歌は、ドラマの初回放送4月16日(火)よる9時から放送の第1話の中で、初解禁となるので、楽しみですね~!!

個人的には、純愛のラブストーリーなので、やっぱり王道的なバラード曲になってほしいです!

菅田将暉「まちがいさがし」

作詞・作曲・プロデュース:米津玄師

※リリース日/配信開始日は、後日追記していきます!

まちがいさがしの歌詞は?

「まちがいさがし」の歌詞は解禁前でまだ分かりません。

ですが内部の話から、米津玄師さんの書いた歌詞が、主人公の鮎川樹の心情とリンクする言葉が多く、ドラマの世界観からもピッタリなのだとか。

「まちがいさがし」の曲の意図は「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない。でもだからこそ今、目の前の人との出会いがあった・・・。」となっています。

「パーフェクトワールド」はラブストーリーである他に、メッセージ性が強いドラマです。

鮎川樹(松坂桃李さん)はハンディを背負う事になったけど、だからこそ川奈つぐみ(山本美月さん)と再会出来たということでしょう。

人はみな、自分に不公平な事が起こると「何で自分だけ…」と思います。

忘れがちになるけど、足りない部分はいつも誰かに助けてもらって生きているのです。

菅田将暉さんは、「米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。」と言っています。

菅田将暉さんと米津玄師さんとのコラボが決まったことで、喜びの声があがってます!

音楽番組に出演して、テレビで生の歌声を聴いてみたいです。

この曲で、菅田将暉さんが歌手として、紅白歌合戦に出場!なんてなるかもしれないですね(^▽^)/

主題歌などOP/EDのテーマソングは、ストーリーを盛り上げてくれるので、重要な役割を担ってくれます。

物語と寄り添ってくれるので、見てる人の心を、ググっとわしづかみしてくれます。

重要なシーンで、主題歌などOP・EDテーマソングが流れてきたら、ついつい世界に入りこんじゃいますね!

パーフェクトワールド【漫画】1巻ネタバレ感想!初恋の人は車椅子に「パーフェクトワールド」 2019年4月16日スタート(初回20分拡大放送)・毎週火曜日夜21:00~ ついにドラマ「パーフ...
Sponsored Link

最後に・・

今回は「パーフェクトワールド【ドラマ】主題歌や発売日は?歌詞やあらすじも!」と題して、お伝えしました。

予告動画を見ていると、つぐみと鮎川の2人、ハッピーエンドで終わってほしいな~と思ってますが、放送が始まってみないと分かりませんね(^^;)

すでに番組宣伝が結婚式シーンになっている事を考えると、結婚式で終わると考えて良いのでしょうか?

最終回の結末も予測してみたので、こちらも↓↓ご覧ください。

パーフェクトワールド最終回ネタバレ予測!ドラマの2人は結ばれない?「パーフェクトワールド」 2019年4月16日スタート・毎週火曜日夜21:00~ 松坂桃李さん演じる、恋を諦めた車いすの建築...

パーフェクワールドあらすじ

インテリアコーディネーターとして働く川奈つぐみは、初恋の人で高校時代の憧れの同級生・鮎川樹と、取引先との飲み会で偶然再会する。

樹は、小学生の頃からの夢だった一級建築士となり、建築設計事務所に勤めていた。

あの頃と変わらぬキラキラした笑顔にときめいたつぐみだったが、樹が車イスに乗っていることを知り、驚きと戸惑いを隠せない。

打ち合わせのためにつぐみが樹の職場を訪れた夜、樹の行きつけの店で二人は夕食を共にする。

樹は、「全く触れないのも不自然だから。」と、大学三年のとき、事故に遭って脊髄を損傷したこと、歩けなくなったこと、それでも建築士の夢をあきらめなかったこと、そして、仕事に対する熱い思いまで、つぐみに穏やかな声で語りかけるのだった・・・。

Sponsored Link