竜の道

高橋一生の経歴プロフィール!本名や子役時代や結婚は?岡田准一とのキスがヤバい!

「竜の道 二つの顔の復讐者」新火曜ドラマ

 

2020年4月14日スタート・毎週火曜日21:00~/カンテレ・フジテレビ系

 

玉木宏さんが、40代にして初主演をつとめることが決定~!

 

高橋一生さんが、玉木さん演じる竜一の双子の弟役・竜二役に決まったことも注目を集めています。

 

波乱万丈の復讐劇ということで、かなりドロドロしたストーリーとなりそうで、こういうのが好きな方には待ってましたのドラマではないでしょうか。

 

今回は「竜の道 二つの顔の復讐者」に出演する、高橋一生さんの経歴プロフィールについて、気になることをお伝えします。

スポンサーリンク

高橋一生プロフィール

・本名:高橋一生(たかはし いっせい)

・生年月日:1980年12月9日(2020年4月現在、39歳)

・出生地:東京都

・身長:175 cm

・血液型 O型

・趣味:バイク

・特技:スケートボード、バスケットボール、ギター、ブルースハープ

・活動期間:1990年~

・所属事務所:舞プロモーション

高橋一生さんは、10歳の時から、子役として活動されていました。

 

1999年に、ビートたけしさんが初めてプロデュースされた、映画「ほしをつぐもの」で、デビューされています。

その後は、数え切れないほどの作品(映画・ドラマ・舞台・CM)に出演されてきました。

 

ブレイクのキッカケとなったのは、2015年7月期放送のドラマ『民王』で遠藤憲一さん演じる総理大臣の第一秘書・貝原茂平役です。

 

菅田将暉さんと遠藤さんを支える脇役としての演技に注目が集まり、2016年には、『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』で主役を演じるほどの人気となりました。

 

その後も、2017年には『カルテット』に出演するとともに、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』や連続テレビ小説『わろてんか』に準主役級で相次いで出演しています。

 

『おんな城主 直虎』の、小野但馬守政次役の圧巻の演技では、視聴者に「政次ロス」をもたらました。

 

 

2017上半期ブレイク俳優ランキング(オリコン調べ)においては、10代から50代までの男女対象の世代別ランキングでもすべて首位となっています。

スポンサーリンク

高橋一生と岡田准一の仲は?

高橋一生さんは、V6の岡田准一さんと親友で、「准一」「一生」とお互いに呼び合うくらい、仲がいいんですね~。

 

2人は「堀越学園高校」の同級生でクラスメートでした。

 

プライベートでも、一緒にドライブに行くほどで、その頃から「いつか共演したいね。」と話していたそうです。

 

そんな2人は、2014年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で共演が実現しています。

 

「官兵衛」がクランクアップした日のお祝いとして、岡田さんに共演者らが次々とキスすることになりました。

 

高橋さんは念願がかなってよほど嬉しかったのか?岡田さんの頬に手を添えて唇にキスしたそうです。

 

これは受け狙いなのでしょうか?よく分かりませんが・・・。

 

お互い演技派俳優として認められていますし、又近いうちに共演することになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

凪のお暇慎二役は高橋一生に賛否両論の声!

2019年の夏ドラマ「凪のお暇」では、高橋一生さんが慎二役に決まったことで、当初はSNS上で、賛否両論の声があがっていました。

 

一番の理由が「年齢設定」が、高橋さんの実年齢と合っていない、とのこと。

 

続いて、凪ちゃんに対するモラハラと言ってもいいほどの、性格や行動が、高橋さんのこれまでのイメージとかけ離れているから、という理由でした。

 

原作マンガは、ファンにとっては思い入れが強いだけに、演技力のある俳優さんが演じることになっても、すんなり受け入れられなかったようです。

 

ところが実際のドラマが始まってみると、高橋一生さんが、良い意味で裏切った演技をしてくれたことや、一生さん以外のキャスト陣の演技力もあって、ドラマは大ヒット!!

 

髙橋さんなのか、慎二なのか分からないくらい素晴らしい演技力でした。

 

今でもSNS上では、ドラマ絶賛の声があがっています^^

スポンサーリンク

おわりに・・・

 

今回は「高橋一生の経歴プロフィール!本名や子役時代や結婚は?岡田准一とのキスがヤバい!」と題してお伝えしました~♬

 

高橋一生さん、ホントに圧巻の演技力なんですよね~。

 

今回2020年4月から始まる「竜の道」のドラマでは、玉木宏さんと双子の兄弟を演じますが、かなりドロドロの復讐劇となるので、又新たな演技を魅せてくれそうで楽しみです!

 

こちら↓では、凪のお暇のドラマについてもお伝えしていますので、よければどうぞ(o^∇^o)ノ

凪のお暇【ドラマ】実写化するなら慎二やゴンは誰がいい?キャストは?「凪のお暇(なぎのおいとま)」 2019年7月19日スタート・毎週金曜日夜22:00~/TBS系 アラサーOL・大島凪が会社...
凪のお暇【漫画】1巻ネタバレ感想は空気を読むと損をする?!「凪のお暇(なぎのおいとま)」 2019年7月スタート・毎週金曜日夜22:00~/TBS系 都内でお仕事している、アラサーの...
スポンサーリンク

凪のお暇あらすじ原作は?

都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の大島凪(黒木華)は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み「わかる!」と周りに同調することで自分の平和を保っていた。

しかし、いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは、いじり、“良い意味で”のダメ出し、そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日。

そんな「なんだかなぁ~」な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二(高橋一生)からの一言がきっかけで心が折れてしまう。

それをきっかけに「わたしの人生、これでいいのだろうか・・・」と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意する。

会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNSをやめ、携帯も解約。幸せになるために人生のリセットを図った。

そして東京郊外の何もない六畳一間のボロアパートに引っ越した凪。コンプレックスの天然パーマを隠すため毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめて、そのままに生きることを決意する。

仕事もこれまでのつながりも予定もない、誰にも縛られない 楽しいはずの自由な生活。しかし、やはり人の目を気にしてしまう凪は空気を読んでしまいそうになる・・・。

凪を追いかけてきた慎二やアパートの隣人・ゴン、そして新しく出会った人たちに囲まれながら、凪の人生リセットストーリーが始まる。

引用元:公式サイト

 

スポンサーリンク