Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
エンタメ

教場ネタバレあらすじ原作は?【ドラマ】キムタクと生徒のミステリー!

「教場」

2020年新春放送予定

フジテレビ開局60周年特別企画のスペシャルドラマ

放送日:未定(2日間連続放送予定)

ドラマは、木村拓哉さんが主演をつとめます。

今回は、ドラマの原作となった長岡弘樹さんの小説「教場」のあらすじネタバレについて紹介していきます。

Sponsored Link

教場ネタバレあらすじ

ドラマ「教場」は、長岡弘樹さんのミステリー警察小説「教場」が原作になります。

本作は、2013年に「週刊文春ミステリーベスト10」の1位。

「このミステリーがすごい!2014」で2位にランクインした、ベストセラー作品です。

ストーリーは、6つのエピソードに分かれています。

短編小説のように、読みやすいと好評です!

ドラマは、主演・木村拓哉さん、脚本・君塚良一さんという、豪華初タッグのスペシャルドラマです。

今回、脚本を担当する君塚さんは、『踊る大捜査線』シリーズのヒットメーカーです。

放送されるスペシャルドラマ「教場」は、過酷な警察学校が舞台になります。

警察学校という、極限状態の中を生き抜く生徒たちの成長を描く物語です。

警察学校は、17才以上35才未満の男女が警察官になるため、過酷な訓練や勉強をする場所になります。

優秀な警察官を育てるための機関ではなく、適性を見て、向かない人間をふるい落としていくのです。

厳しすぎる規律を守れなかった時の厳罰や、絶対服従の上下関係や連帯責任も問われます。

今の時代に逆行しているのでは?と思えるような実態がリアルに描かれています。

主人公の風間公親(木村拓哉さん)は、警察学校で教官をしていて、冷徹と言ってもいいくらいクールな男です。

日々生徒を観察しながら、問題が起きたときには、全てを悟っている推理力も備えている、非常に優秀な男です。

生徒からしたら、何を考えているのかわからない、謎の男です。

そんな風間(キムタク)が担任をしている教場で、さまざまな事件が起きます。

生徒の思惑やウソを探りながら、事件の謎や真相を紐解いていきます。

「教場」の原作は、6つのエピソードが描かれています。

2夜連続のスペシャルドラマということで、全てが描かれるかは分かりません。

ここでは、6エピソードを、簡単にネタバレ紹介していきます。

1話「職質」

風間のクラスの職務質問の教官、植松。

生徒の平田と宮坂は、職務質問の訓練が上手く出来ません。

宮坂は、本当は優秀で出来のいい生徒ですが、自分ができることを隠してます。

実は、宮坂は平田の父に恩があって、落ちこぼれ気味の平田に気を使って、下手にしています。

(平田の父は、警察官です。)

平田はそんな宮坂に「バカにするな!」と言って、恨むようになりました。

平田の気持ちを風間は見抜いて、平田に毎日の「へんなこと」を報告させることで、平田が宮坂に殺意を持ったことを察知したのです。

ある日、平田は宮坂を部屋に拉致して、硫化水素で心中を図ろうとします。

ところが風間は、すでに平田の殺意と硫化水素発生計画を察知していました。

その結果、平田を落とします。

2話「牢問」

楠本しのぶは、婚約者を自動車事故で亡くして、死んだ恋人の仇を討とうと警察学校に入りました。

実は、同期の岸川沙織が、彼をひき殺した車を持っているといたのです。

楠本は、そんな思い違いから一方的に沙織を恨んでいました。

そして、それを知った沙織も仕返しをするのです。

花粉症の薬を飲んでるしのぶの眠気覚ましの香水がキッカケとなり、しのぶが、最後の立体駐車場に挟まれる事件が起きます。

車のワックスをかけている時に、パレットが動いて、身体を圧迫されて逃げられなくなります。

なのに、風間教官はなかなか助けようとしません。

風間教官は、圧迫時間が長い時にすぐに助けると一気に血流が良くなって、急死することを生徒たちに教えるために、すぐには助けませんでした。

3話「蟻穴」

警察学校では、毎日日記を3ページ以上書きます。

鳥羽は、白バイの警官を希望していましたが、耳を悪くしていました。

彼はそれを隠して、日記を書いていました。

鳥羽は、稲辺と仲が良かったのですが、耳が悪い事を隠すために、友人の稲辺を裏切りました。

ある日、警察学校の校舎でボヤ騒ぎが起きます。

状況証拠から稲辺が疑われましたが、稲辺は、鳥羽と一緒にいたと証言したのに、鳥羽は知らないと嘘の証言をします。

怒った稲辺は、鳥羽に復讐を企てます。

稲辺は、拳銃を打つ時に耳につけるヘッドホンの中に蟻を忍ばせて、蟻に鼓膜を噛みやぶらせる方法を思いつきます。

思いつきの復讐は、見事に成功しました。

鳥羽が大切な耳に傷をつけられる結末が、強烈です。

4話「調達」

警察学校には持ち込み禁止の物があります。

ですが、樫村はそれを持ち込んで、学生同士の間で交換していました。

樫村は、級長の元ボクサーの日下部に点数、成績を調達することになりました。

日下部は、樫村にハメられましたが、風間が見抜いて助けてくれました。

5話「異物」

由良は、蜂が苦手で、見るのも嫌なほど、ハチ恐怖症でした。

ある日、由良がパトカーを運転中、スズメバチが目の前を飛び回りました。

たいした事故にはなりませんでしたが、由良は安岡が自分にハチを向けたと考えて、彼に仕返しの計画を企てます。

そんな由良の安岡への疑いを風間が見抜いて謎を解きます。

実は、ハチが向かってきたのは、整髪料のせいでした。

6話「背水」

都築は、体調がすぐれない日が続いていました。

風間は、「そんな体では警察官は務まらないから、辞めてください。」と言います。

都築が辞めないと答えると、風間は「それなら私を納得させてみろ。」と言いました。

都築は春日部にハメられて、文集係りをすることになりました。

都築は、総代になる未来を書いていました。

警察学校では、嘘をつけば退校です。

なので、総代になれなければ、自主退校になります。

木村拓哉さんは、今回の冷酷無比な教官役について、次のようにコメントされています。

「おそらく見たことのない、味わったことのない作品になると思うので、驚く方が多いのではないかと思います。」

Sponsored Link



教場ネタバレあらすじの感想!

警察学校というのは、身内や知り合いにいないと、その実体が全く分からないほど、ある意味かなり特殊な世界なのだというのが、この原作を読んでよく分かりました。

罪人を捕まえるという職業なので、悪人を処罰で来る人間になるためには、最初からふるい落とすというのは、スゴイ世界ですね。

正に、極限状態!!

私には、絶対耐えられない環境です・・・(^^;)

ドラマに関しては、警察学校で、鬼のように生徒をふるいにかける教官、風間(キムタク)の謎解きが見どころになりそうです。

木村拓哉さんが演じる教官は、原作で50代で白髪という描写があります。

キムタク教官なら、年齢も少し若く、イケメンなイメージに代わりそうですね。

Sponsored Link

教場ネタバレあらすじ最後に・・・

今回は「教場ネタバレあらすじ原作は?【ドラマ】キムタクと生徒のミステリー!」と題して、お伝えしました~♬

木村拓哉さんの、演じる人物像といえば、これまで「優秀で、カッコ良くて」という、正統派のイメージが個人的にはあります。

悪役・ヒール役のキムタクって、今までにない役柄だと思うので、今から放送が楽しみです!!

生徒役が、30人以上登場するとのことで、人気の俳優さんたちや、ジャニーズの人たちが出演するのかどうかも、気になります。

詳しいことが分かりましたら、また追記していきますね~!!

Sponsored Link