Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
同期のサクラ

同期のサクラ【ドラマ】最終回ネタバレ予想!変わらぬ夢が実現する結末に?

「同期のサクラ」水曜ドラマ

2019年10月9日スタート・毎週水曜日夜22:00~/日テレ系

主演は高畑充希さんで、主人公・サクラの10年間の物語です。

遊川和彦さんのオリジナル脚本によるドラマ。

「過保護のカホコ」以来の製作チームによるストーリー展開で、注目の作品になりそうですね~!

今回は「同期のサクラ」の最終回を予想してみました(^∇^)

Sponsored Link

ドラマのあらすじは?

北の小さな離島から、1人上京した主人公、サクラ。

大手ゼネコンの入社式で、「私の夢は、故郷と本土を結ぶ橋を架けること!」と社長に宣言。

夢に向かって、脇目も振らず突き進むサクラに、最初は、冷めていた同期達も、次第に巻き込まれていく。

しかし、配属に影響する大事な新人研修で、社長の理不尽な言動に、サクラの「忖度できない」性格が、思わぬ事態を引き起こす…。

これは、どんな逆境にも自分を貫いたサクラと、その同期たちの10年間の記録-。

引用元:公式サイト

最終回の予測は?

それでは、「同期のサクラ」の結末ネタバレです。

主人公のサクラ(高畑充希さん)は、過疎の離島育ちで「故郷の島に何としても、橋を架けたい!」という夢のために、スーパーゼネコンの最大手「花村建設」入社した新入社員。

「ふるさとの島に橋をかけたい。」
「一生信じ合える仲間を作っていきたい。」
「夢の実現を果たすためにも、仲間と沢山の人を幸せにする建物を造っていきたい。」

こんな、壮大な思いを描いて、大人になっています。

サクラちゃんは、どんな障害が起こったとしても自分を曲げず、忖度しません。

夢のためには、何事にもまっしぐらで周りが見えずに行動してしまいます。

なので、新入社員研修の時に、「自分のやりたいこと」を貫いてしまうので、社会人としての歯車が段々と狂っていくのです。

それと、遊川和彦さんのドラマ脚本は、なぜだか、いつも衝撃的な展開になることが多いです。

なので、いわゆる王道的な結末になるとは限らないでしょう。

忖度する性格が災いになり、リストラあるいは、異動とされるのではないでしょうか。

サクラちゃんを10年間見守ることになる、新入社員の研修で同じグループになる仲間が5人います。

この5人の同期の仲間が、絶望の淵に沈んだ、サクラのために立ち上がってくれるのです。

サクラちゃんと最初に出会った時は、関わりたくないと思った5人ですが「夢」のために自分を貫くことの素晴らしさを教えてもらって、同期たちも、団結して変わっていくのです。

10年後の最終回には、無事に橋が架かって、離島の家族とお祝いして終わるのではないでしょうか?

でもそこで終わらない、遊川さんのドラマ。

「愛する人を失う。」というストーリーが待っています。

愛する人は、島で橋が架かることを楽しみにしている家族?

それとも、仲間の5人の中の1人では、それもサクラが密かに想いを寄せていた人。

建設会社ということで、残念ながら建設中に、事故に遭うのかもしれません。

新田真剣佑さん演じる葵でしょうか??

それとも橋本愛さん?

他にも、この物語の結末・最終回として、こんなエンディングを予測してみました。

故郷と本土の橋は叶わず

出来れば、この結末に、なってほしくないですが・・・。

遊川さんの脚本として、サクラの「橋を架ける」夢が叶わなかった…という最終回もありえます。

サクラが情熱を注いで取り組んだ、「故郷と本土をつなぐ橋の建設」が、現実問題(予算の都合とか)で、最終的に叶わなずに終わる、というものです。

ですが、「あきらめずに取り組むことにより、見えるものもある。」

「結果だけが全てではなく、実現に向けて取り組んでいくことから、見つかることや、違った視点を得られるんだ。」

そんな姿勢こそが大切なんだという、一見、残念と思えることから前向きなメッセージを送るエンディングもあるのではないかと思います。

夢であった橋の建設があまりにも現実的ではないと理解したサクラちゃん。

次は自分ができそうな別の夢を思い描くのです。

橋が無理なら、テーマパークを作って離島への観光客の誘致に利用したりと、あくまで実現できる範囲で。

そうして、自分の故郷や社会に役立つ仕事を通じて実現したことで、改めてゼネコンで働く意義を見出すのでした。

サクラの亡きあとに、橋が完成

サクラちゃんの夢だった橋は完成することなく、サクラは最期を迎えてしまいます。

でも、彼女が10年間情熱をかけて築いた「離島と本土の橋建設」の熱い思いが、周りの同期達を巻き込んで徐々にその種がまかれていたのです。

大手ゼネコンといえども、このご時世、この橋の建設は国や地方自治体をも巻き込む大がかりなプロジェクトのため、簡単には実現するものではありませんでした。

ですが、サクラの長年の夢は会社のみならず、国をも動かし、ついに本格的に始動することになります。

ドラマの決定にSNS上の声は?

「同期のサクラ」のドラマ決定に、ネット上ではこんな声があがっています♬

Sponsored Link

おわりに・・・

今回は「同期のサクラ【ドラマ】最終回ネタバレ予想!」と題して、お伝えしました~♬

オリジナル脚本となるこのドラマ。

主人公は、「過疎の離島育ちで、スーパーゼネコンの最大手建設会社に入社した新入社員」で、10年間のサクラの成長記録となります。

遊川和彦さんの脚本ドラマは、これまでにも、衝撃的な展開があることも多いので、単なるハッピーエンドでは終わらないでしょうが、それでも幸せなサクラちゃんと、仲間たちの姿を見てみたいなあ、と思います。

どんなドラマになるのか、今から楽しみですね~(^^)

同期のサクラ【ドラマ】主題歌の発売日はいつ?挿入歌や音楽もチェック!「同期のサクラ」 2019年10月スタート・毎週水曜日夜22:00~/日テレ系 主人公の北野サクラを演じるのは、高畑充希さん...
Sponsored Link