話題 PR

【CODE】台湾ドラマの原作はどんな結末?黒幕犯人の正体をネタバレ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

CODE-願いの代償-(コード ねがいのだいしょう)」新日曜ドラマ

2023年7月より放送されてて、回を追うごとに謎が深まってます。

6話では、主人公・二宮湊人(坂口健太郎さん)まで、死にそうになってます。

気になるのが、結局のところ誰がCODEアプリの開設者なのか??

そして、黒幕犯人は日本版だといったい誰なんでしょうか??

ということで、この記事は原作となる台湾ドラマのネタバレあらすじを調査しました。

 

 

CODEのドラマ(台湾)原作犯人は誰なの?

ここからはズバリ言ってしまうので、絶対に見たくない方はみないでください^^

坂口健太郎さん、染谷将太さん、松下奈緒さんらが出演している日本版の「CODE」は、初回放送からいきなり、主人公・二宮湊人(坂口健太郎さん)の恋人・七海悠香が亡くなります。

悠香は、二宮との交際5年の記念日の祝いの席で彼の子供を宿してると告げ、幸せの絶頂でした。

ところが急に呼び出され、県警庁舎で轢き逃げ事件のドライブレコーダーの映像を確認中、来訪した見知らぬ人物と面会するために乗ったエレベーターで落下事故に巻き込まれ、胎児と共に非業の死を遂げました。

当然二宮は、悠香の死の原因を探るのですが、ここに出てきたのがCODEのアプリ!でした。

ということで、台湾版のドラマストーリーを追ってみますと、

CODEの原作での犯人は、CODEの開発者でプログラマーの女性「フー・フイミン」です。

フーは、夫を爆発事故で亡くし、その爆発事故の原因を作ったのは、当時フーの夫と一緒に働いていた会社社長と開発者の男でした。

爆発の事実を隠ぺいした2人に恨みを持ったフーが、そいつらの復讐の為にCODEを開発したという訳です。

日テレドラマで言ってる、「どんな願いも叶えてくれる」という正体不明のアプリ「CODE」の存在ですが、台湾ドラマ版はCODEの黒幕の復讐を叶えるためだけに作られたものでした。

願いをかなえてくれるアプリ「CODE」とは?

ちなみに、主人公が手に入れる、どんな願いもかなえてくれるアプリ「CODE」とはどのようなアプリなのか?をまとめてみました↓

「CODE」とは?

  1. 何者かが開発したゲームアプリ
  2. 願いを入れると任務(ミッション)が課せられる
  3. 任務は絶対に遂行せねばならない
  4. 任務の遂行に失敗した場合は制裁をうけることに
  5. 任務を遂行すると報酬がある
  6. 報酬は任務を遂行していくごとに上がる
  7. 報酬が上がるたび、任務はより悪事になっていく
  8. 参加者の願いは別の参加者が任務を遂行することにより叶えられる
  9. 指示に従っていればバレることはない

スゴイですよね~

⑨の「指示に従っていればバレることはない」なんて、何としても欲望をかなえたいなら思わず使ってみたくなります。

参加者(プレーヤー)は願いを叶えるため・報酬をもらうために、次第に大きな悪事に手を染めてしまいます。

人の欲というのは底がないので、制裁から逃れるには任務を遂行するしかないという悪循環に陥ってしまうというわけです。

 

 

CODEドラマ台湾版・あらすじ原作について

ここからはもう少し詳細にCODEドラマ・台湾版の内容をお伝えします。

ちなみに、ドラマ「CODEー願いの代償ー」の原作は、台湾の映画「コード/CODE 悪魔の契約」、ドラマ「コード/CODE 悪魔の契約2」と2シリーズあります。

CODEドラマ・台湾版の原作あらすじ

 

台湾版・CODE原作ドラマあらすじ

どんな望みでもかなえてくれる代わりに見返りを求める謎のアプリ “コード”。

このアプリは天からの贈り物なのか、残忍な企みなのか? 奇跡なのか陰謀なのか?
シーズン1の主人公アレックスが事故死した後、邪悪なアプリの黒幕が次第に明らかになってくる。
アプリの仕掛けた罠にはまった警察官が、恋人を事故で失い、アプリの謎に深く巻き込まれていく。
これは正義と悪の戦いなのか、それとも欲望と道徳の綱引きなのか?

引用元:(コード/CODE 悪魔の契約 ドラマシリーズより)

↑のあらすじは、今回の日本のドラマと同じです。

この部分は台湾版ですと、シーズン2にあたります。

 

続いて、台湾ドラマの登場人物を見ていきます

CODE・台湾版ドラマに出てくる登場人物

  • リャン・レンジエ…敏腕刑事。恋人ルユオンをエレベーター事故で亡くす。事故を不審がり調べるために謎のアプリCODEのプレーヤーに。
  • ヤン・ルユオン…鑑識課のレンジエの恋人。エレベーター事故で命を落とす
  • ズージン…新聞記者。「CODE」に関する事件を調査している
  • ハンク…天才ハッカー。レンジエ・スーシンとともに「CODE」の謎を調査
  • チェン・ボーション…レンジエの上司で捜査課の係長
  • シャオオウ…レンジエの同僚で真面目な性格
  • ジョンジュン…レンジエの同僚で頼りにしている相棒
  • チェン・グオフィ…捜査課課長
  • ツァイ・フーツァイ…レンジエが頼っている情報屋。ファン・カイ逮捕に関わったために拉致される
  • ファン・カイ…麻薬マフィアのボスでレンジエを恨んでいる
  • リー・ユエン…病気の息子を助けるためにCODEのプレーヤーになり事件に巻き込まれる
  • ファン・ウェンタオ…ランリーテクノロジーのCEO。10年前事故で妻を亡くしている
  • シュ・アンチー…ファン・ウェンタオの秘書
  • フー・ペイイー…ランリー・テクノロジーの前身であるAI企業をファンとともにやっていた夫・スン・ホワイションを爆発事故で亡くす。元プログラマー。5年前にフー・フイミンに改名

CODE原作ドラマ要点チェック

  1. 恋人ルユオンをエレベーター事故で亡くしたレンジエは謎の相手に「恋人の死の真相を知りたいならばCODEをダウンロードしろ」と言われる
  2. CODEはルユオンの死の真相の証拠を次々に提供してくる
  3. 驚くレンジエだが、死の真相を知りたいがゆえ、CODEの要求に答えていってしまう
  4. エレベーター事故の際にいた配達員逮捕と、懇意にしている情報屋フーツァイがレンジエが過去に逮捕したマフィアのファンから拉致されているために助けろという任務に追われ、任務を失敗
  5. しかしまた任務が届く
  6. CODEの情報から上司のボー係長(ボーション)が黒幕だと確信し、ボーを逮捕
  7. そんななか、記者のズーシン・天才ハッカーのハンクとともにCODEについて調査を始める
  8. 調査の中で、逮捕した上司のボー係長を黒幕だと思わせていたのは、なんとCODEで、逮捕するための証拠はすべて捏造だったことが明らかになる
  9. 病気の息子の為に仕方なくレンジエの監視員をしていたユエンを仲間に加え、4人でCODEの正体を暴くために奮闘
  10. 4人はレンジエの恋人ルユオンの死は、アレックス(映画版の主人公)の事故死を担当したことでCODEの存在を知ってしまったことで、口封じのために殺されたことを突き止める
  11. CODEの黒幕が、元プログラマーのフーだと突き止める
  12. フーは夫の事故を隠ぺいしたランリーテクノロジーのファンと開発者のユードーを恨み、復讐のためにCODEを開発し、プレーヤーを操っていた
  13. フーに息子を誘拐されたユエンは、CODEの要求で爆弾のベストを着用されられてしまう
  14. 無事ユエンと息子を助け、フーを逮捕したレンジエ達

 

しかしこの後、逮捕されたフーに面会があります。

それはレンジエ達とともにCODEの正体究明に携わってきた、記者のズーシンでした。

2人は繋がってて、ズーシンは味方のふりをしたレンジエを誘導していたという衝撃ラストでした。

ドラマ「CODE」の原作は、台湾の大ヒットドラマ「コード/CODE 悪魔の契約」です。

人気俳優のウー・カンレンさん主演の第1作目が2016年にSP版で放送。

2019年には続編である連続ドラマ版が全10話で放送していました。