話題 PR

【アンチヒーロー】ドラマ最終回ラスト結末を予想!主人公が無罪の展開へ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「アンチヒーロー」日曜劇場

2024年4月スタート 毎週日曜夜21:00~ TBSテレビ

長谷川博己さんが7年ぶりの主演をつとめます。

長谷川さん演じるのは「弁護士でありながらアンチヒーロー」なんだとか。

今回はドラマ「アンチヒーロー」の最終回ラスト結末をネタバレ予想してみました。

 

【アンチヒーロー】ドラマ最終回ラスト結末ネタバレ予想

それでは早速、「アンチヒーロー」ドラマの最終回結末をネタバレ予想してみたいと思います。

今回のドラマ『アンチヒーロー』は、小説やマンガといった作品が原作となっていません。

ドラマの脚本を手掛ける、山本奈奈さん、李正美さん、宮本勇人さん、福田哲平さんたちによる、完全オリジナルストーリーとなっています。

プロデューサーは飯田 和孝(いいだ かずたか)さん。

福田哲平さん以外の↑のスタッフの方々といえば、「VIVANT」のドラマに関わっておられます。

 

長谷川博己さんさんが演じる主人公は、犯罪者である証拠が100%そろっていても無罪を勝ち取り、殺人犯をも無罪にしてしまう“アンチ”な弁護士という人物。

「逆転パラドックスエンタテインメント」と名打った今回のドラマは、限りなくダークなアンチヒーローの姿を通して、視聴者に“正義とは果たしてなんなのか?” “世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?” と問いかけていくストーリーとなっています。

今回のドラマの役作りに対して、 長谷川さんは「法治国家である日本において、やはり法がすべてなのでしょうか? 色々な公判を傍聴、取材させていただき、果たして、何が正義で、何が悪なのか、自分自身もよくわからなくなってきました」とコメント。

主人公は有罪であっても無実とするのですが、その成り行きは必ずしも主人公にとっては、恨まれることもあるでしょう。

そうなると主人公を陥れようとして、様々な策略が張り巡らされ、一度は有罪となる展開になるのでしょう。

だがしかし、「アンチヒーロー」というだけあって、法を知り尽くした主人公はそう簡単に堕ちることありません。

ということで予想したのが、最終的に法の力で主人公は無罪となる、という最終回ラストが見られると思います。

 

 

【アンチヒーロー】ドラマ最終回ラスト結末をネタバレ予想!終わりに

今回は「【アンチヒーロー】ドラマ最終回ラスト結末をネタバレ予想!」と題してお伝えしました。

2024年4月から放送予定、「アンチヒーロー」のドラマ、どうぞおたのしみください~!

 

アンチヒーロー・ドラマの決定にSNS上の反応は?

「アンチヒーローのドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

4月期日曜劇場長
アンチヒーロー楽しみ✨
MOZUの時の倉木を追い詰める東役とか大好きなのよね~色気が漏れまくってたな~
チャオ!!の言い方も最高だったし

 

十兵衛、岩見弁護士、香坂警部、東も浮かんで頭の中が大渋滞。すっかり目が覚めました。永久保存で絶対観ます!

 

証拠が100%あっても無罪に
長谷川さんのアンチヒーロー ゾクゾクします
麒麟がくるも少しですが記載されてて胸熱

 

アンチヒーロー「ドラマ」あらすじ

4月スタート!
日曜劇場『アンチヒーロー』
長谷川博己 が
7年ぶりのTBS日曜劇場主演決定!
“アンチ”な弁護士は正義か悪か――!?
新たなヒーローがあなたの常識を覆す
逆転パラドックスエンターテインメント、始動!!

 

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!