話題 PR

【おむすび】朝ドラ最終回結末ラスト予想!栄養士になり恋も仕事も両立?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「おむすび」NHK朝ドラ

2024年度後期・10月より放送スタート 毎週月曜~金曜 8:00 – 8:15 NHKテレビ

ヒロインで主人公・米田結役を演じるのは、橋本環奈さん。

『おむすび』は福岡・神戸・大阪を舞台としたドラマ作品となります。

今回は「おむすび」の最終回ラスト結末をネタバレ予想してみました。

 

「おむすび」朝ドラ最終回ラスト結末ネタバレ予想

それでは早速、朝ドラ【おむすび】の最終回結末をネタバレ予想してみたいと思います。

朝ドラ【おむすび】のドラマは、原作となる小説やマンガはなく、オリジナル作品となります。

脚本家の根本 ノンジ(ねもと ノンジ)さんの脚本によるオリジナル作品ドラマです。


根本 ノンジさんといえば、NHKの作品ですと、最近では山Pこと、山下智久さんが主演をつとめて2022年に放送された、NHKドラマ「正直不動産」の脚本を手掛けておられました。

NHKドラマ「正直不動産」は2024年に続編が放送されています。

「おむすび」のドラマ、公式サイトで発表されている2024年2月時点の大まかなあらすじを見ていきます。

ヒロイン・米田結(橋本環奈さん)は、平成・令和の荒波を、たくましく突き進んでいました。

米田結は、自分らしくポジティブに生きているのですが、あることがきっかけで “人のために役立つ喜び”に目覚め、目指したのは、“栄養士”でした。

ということから、朝ドラ「おむすび」の最終回がどうなるのか予想してみました。

栄養士になり恋も仕事も両立?

今回の朝ドラのヒロインは、いわゆる王道展開で「栄養士」を目指して無事資格も取得。

自然豊かな福岡・糸島で育った米田結が、高校卒業後にあるきっかけで神戸、そして大阪へと移り住みますが、その頃に栄養士になるのでしょう。

これほどまでにパワフルに行動的なのは、仲里依紗さん演じる姉・米田歩(よねだ あゆみ)の存在も大きかったのでしょう。

歩は、地元で“伝説のギャル”として知られた存在で、結にとっても憧れの人物になるのだと思います。

栄養士になったヒロイン・結は、神戸・大阪で知り合った男性と知り合い、やがて恋愛感情が芽生え、結婚。

これまでの歴代朝ドラで描かれたような、王道的な展開でヒロイン・結は恋も仕事も両立していくストーリーになると予想しました。

 

 

 

「おむすび」朝ドラ放送日について・最後に

今回は「【おむすび】ドラマ放送日いつからいつまで全何話?最終回もチェック」と題してお伝えしました~♬

「らんまん」、「ブギウギ」、「虎に翼」と史実をもとにした朝ドラが続いてましたが、「おむすび」は久しぶりのオリジナル作品になるんですね。

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになりそう~。

2024年度後期からスタートする「おむすび」のドラマ、どうぞおたのしみください~!

カムカム朝ドラNHKどんなストーリーだった?

 

「おむすび」朝ドラのあらすじ

平成・令和の荒波を、たくましく突き進むヒロイン――。
彼女は、自分らしくポジティブに生き、周りにどう思われるかではなく、
自分を思いっきり楽しんでゆく!そう、彼女は“ギャル”である。

彼女は、あることがきっかけで “人のために役立つ喜び”に目覚める。
そして目指したのは、“栄養士”だった。

「人は食で作られる。食で未来を変えてゆく」
最初は、愛する家族という身近な存在のために。
そして、仕事で巡り合う子どもや患者など、周りにいる人たちのために。
さらには、全国に住む私たちの幸せへと、その活動の範囲を広げていく――。

どんなときでも自分らしさを大切にする“ギャル魂”を持ち続け、
激動の平成から令和であっても、思いっきり楽しみ、時に悩みながら生きていく物語。
この“やっかいですばらしい世界”を、明るく楽しくパワフルに駆け抜けます!

引用元:公式サイト

 

 

error: Content is protected !!