鎌倉殿の13人

比企尼の最後はどうなった?死因やその後を史実からネタバレ調査【鎌倉殿の13人】

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」・第31回の放送で小栗旬さん演じる北条義時が、ライバルの比企能員とその一族を滅ぼしました。

ですが、物語の序盤から登場している草笛光子さん演じる比企尼(ひきのあま)の最後がハッキリと描かれていません。

果たして、この後比企尼はどうなったのでしょう?

この記事は「鎌倉殿の13人」で草笛光子さん演じる比企尼のその後や死因を、史実からネタバレ調査してみました。

 

 

比企尼の最後!【鎌倉殿の13人】比企能員の乱のその後どうなった?孫との関係について

小栗旬さん演じる北条義時は、第31回(8月14日放送)の放送で義時はライバルの比企能員(ひきよしかず)を滅ぼしました。

ですが物語の序盤から登場している草笛光子さん演じる比企尼(ひきのあま)だけが結局どうなったのか気になるような描かれ方となっています。

「鎌倉殿の13人」の公式サイトの人物相関図では「故人」と記載されていません。

そうなると、死なずに逃げ延びて生きていることとなります。

果たして、この後比企尼はどうなっていくのでしょう?

第31回「諦めの悪い男」では、比企家にスポットを当ててを話が進みました。

義時(小栗旬さん)は、比企尼の孫にあたる妻・比奈(堀田真由さん)を、内情を探らせるために比企家に送り込みます。

その比企家の女たちが勢ぞろいする場面がありました。

能員の妻・道、頼家の側室・せつ(山谷花純さん)や息子の一幡もいる中、正室のせつ(北香那さん)が産んだ次男の善哉の姿もありました。

比企尼は、善哉の顔を見て「あなた、お鼻のあたりが頼朝さまに似ていますねえ。」と嬉しそうに言います。

この時のシーンが今後のフラグでは?と予想する声もかなり上がっていました。

その後、比企一族は北条の陰謀により滅ぼされてしまったのでした。

比企能員は討たれ、道やせつも死んでしまいましたが、比企尼は道に事前に逃げるように言われていたため、生き延びていたのでしょう。

【追記】

「鎌倉殿の13人」8月21日放送の第32回「災いの種」のラストで明らかになりました。

頼家のもう一人の息子・善哉が、母・つつじと共に、とある寺で暮らしていました。

境内で善哉が1人で遊んでいると、目の前に薄汚れた老婆が現れるのです!

「善哉様でございますね。あなたこそが次の鎌倉殿になるべきお方。北条を許してはなりませぬ!」

なんとその老婆とは、変わり果てた比企尼!

自らの家を滅ぼした北条家を恨み、善哉に次の将軍になるようにけしかけるという展開になりました。

第31回の比企尼と善哉のシーンがここでつながっていて、さすが三谷幸喜さんの脚本だと思いました。

そして、つつじが外で遊ぶ善哉に声をかけに行った時には、比企尼の姿はありませんでした。

結局32回の放送でも比企尼の最後はどうなるのか?死亡時の死因など不明のままで終わっているし、公式サイトでも未だ「故人」とはなっていません。

このあたりを三谷幸喜さんが今後どのように描いていかれるのか、気になります。

こちらに関しては、わかり次第情報更新していきます。

 

 

史実に基づく比企尼の最後や死因はどうなっている?

ここからは史実から見た、比企尼の死亡・死因・最後についてお伝えします。

実は比企尼は生没年が分かっておらず謎の多い女性です。

夫は比企掃部允(ひきかもんのじょう)で、頼朝が伊豆に流されてからは共に武蔵国比企郡に向かい、頼朝が挙兵をするまで乳母を務めたこともあり献身的に仕送りをして支えていました。

早くに夫を亡くし、子供は娘だけだったので、甥の能員を養子として比企家を継がせることにした比企尼。

そして娘を頼朝の弟たちに嫁がせるなどして、源氏と比企の関係性を強めていきました。

ドラマの中では、範頼の助命嘆願を求めた比企尼ですが、史実では少し異なっています。

「尊卑分脈」・「吉見系図」という系図によると、比企尼が助命嘆願したのは、範頼の2人の息子でした。

その嘆願は功を奏したのか、2人の子供は出家して許されることに。

そしてその消息を最後に、資料上から比企尼は姿を消し、それ以降の消息はわかっていません。

ということから比企尼の最後や死因は分かっていません。

頼朝が亡くなっている前にすでに世を去っていた可能性もありますし、ドラマと同じく比企家の滅亡後も生きながらえた可能性もあると考えることも出来ます。

ただ史実が不明ということから、三谷幸喜さんにしてみると、比企尼に善哉が次の将軍になるように焚きつけるストーリーにすることも出来たのではないでしょうか。

ちなみに善哉とはのちに公暁(こうぎょう)となり、北条家が第3代将軍にした源実朝を暗殺する人物です。

演じるのは寛一郎さんであることが発表されています。

実は、その後が分からなかった比企尼は、比企ゆかりの鎌倉にある「妙本寺」の墓にその名前が刻んであるとのこと。

比企尼を演じた草笛光子さんも実際に訪れてお参りされています。

 

 

比企尼について【鎌倉殿の13人】

ここからはあらためて、比企尼について見ていきます。

草笛光子さん演じる比企尼は、源頼朝(大泉洋さん)を幼いころから育てた乳母にあたる女性です。

頼朝が伊豆に流されてからも、20年にわたっ支え続けた大恩人の人。

久しぶりに再会したシーンでは「ご立派になられましたね!」と言い、頼朝の頬をペタペタする場面もありました。

頼朝が平家打倒で挙兵をした際は、息子の比企能員(佐藤二朗さん)や妻の道(堀内敬子さん)が躊躇する中、「すぐに戦の支度を!早く戦の支度をなさい!」と比企能員の重い腰を上げさせていたシーンもありました。

コメディ要素も多い描かれ方もあった比企尼ですが、第24回ではシリアスな場面もありました。

頼朝の弟・範頼(迫田孝也さん)の助命嘆願のため、比企尼が頼朝に久しぶりに対面した時です。

範頼の助命を受け入れようとしない頼朝を、比企尼はひっぱたきます。

その後は、頼朝との関係が微妙になります。

二代目将軍・頼家(金子大地さん)と比企一族で頼朝に対面する場面では、比企尼は頼朝からの問いかけに応じません。

怒っていたのか?と思った頼朝でしたが、実はただ寝ていただけ。

そして頼朝が亡くなって頼家の時代にると、比企尼の比企家は北条家とさらに対立を深めていくことになります。

 

 

最後に

今回は「鎌倉殿の13人」で草笛光子さんが演じる比企尼の最後や死因について紹介しました。

史実の比企尼は謎が多く、その最後や死因については分かりませんでした。

ドラマの中では比企滅亡後も生き残り、のちに源実朝を暗殺する公暁に「次の鎌倉殿はあなただ」という重要や役どころを担います。

その後、比企尼がどうなるのか、公式サイトで未だに「故人」となっていません。

ちなみに三谷幸喜さんが手がけた「真田丸」でも、草笛光子さん演じた主人公の祖母は最期がしっかり描かれていました。

なので、今回の比企尼もその死はちゃんと描かれることになるのでは?と予想しています。

error: Content is protected !!