話題

源仲章(みなもとのなかあきら)は鎌倉殿の13人でどんな最期?生田斗真のスパイ演技が怖い

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

10月23日放送・第40回「罠と罠」で源仲章(みなもとのなかあきら)が

泉親衡(いずみちかひら)と名乗って怪しい動きを見せました。

実朝の教育係として本格的に仕え始めた源仲章(生田斗真さん)。

なぜ源仲章はこのようなことをしたのか、そして史実をもとに最期はどうなるのか?

色々と予想を元にお伝えします。

 

 

源仲章とはどんな人物?史実の最期は実朝の犬が原因?

源仲章は、貴族でもあり、御家人でもありながら学者の面も持っているという、当時としては珍しい人物です。

源仲章は、天皇の側近となる家柄に生まれ、後鳥羽上皇に仕えます。

その後は、鎌倉幕府とも縁を通じて御家人にもなっています。

京都に住みながら幕府と朝廷の連絡係のような役割を担い、

その後鎌倉に移り、後に第3代将軍となる「源実朝(柿澤勇人さん)」の教育係となります。

源実朝の和歌でバレた泰時への想い

実朝の和歌の才能を当初から高く評価され、当時の和歌の第一人者である、藤原定家とのパイプ役をかって出てくれて、「鎌倉殿」でも実朝はとても満足な笑みを浮かべていました。

源仲章は、実衣さん(宮澤エマさん)からも、教育係としてふさわしいと判断され、実朝も仲章のことを気に入り、後に政所別当に任じます。

そうなると完全に鎌倉側に仕えているかのように思えますが、後鳥羽上皇の側近としての地位は保持したまま。

このことから、源仲章はスパイだったのではないかと囁かれるように。

実際に残っている歴史資料でも、時折上京して、後鳥羽上皇の鎌倉幕府の情報を伝えるなど、スパイの役目を果たしていたとされています。

ドラマの中では、スパイには見えない素振りが絶妙!

11月13日放送、43回では義時の妻・のえ(菊地凛子さん)にも、粗相のない雅なふるまいで、相手に疑念を抱かせないようにするなどスキを与えていません。

暗躍しまくりの源仲章の最後はどうなるのでしょう?

(ここからは史実も含めたネタバレあります)

源仲章は、鶴岡八幡宮で源実朝が公暁に暗殺された際、実朝とともに公暁(寛一郎さん)によって討たれてしまいます。

暗殺した公暁は、源仲章のことを北条義時と間違えていたとされています。

この日、一行は源実朝の右大臣任官の拝賀のために鶴岡八幡宮を訪れます。

ある伝説では、北条義時もこの拝賀に同行しようとしたものの、途中で白い犬の姿を見て具合が悪くなり、源仲章と役割を代わってもらったとされています。

この白い犬は、大倉薬師堂(覚園寺)の十二神将像の戌神像が姿を変えたもので、義時を救うために現れたとされています。

しかし、北条義時を救うために仲章が犠牲になったのでは、仲章としては、たまったものではありません。

この伝説と違う観点として、源仲章のスパイ行為が鎌倉方にバレており、もともと実朝と共に仲章も標的になっていて、両名が排除されたのではないかとする説も存在しています。

 

 

泉親衡(いずみちかひら)の乱とは何?源中章が仕掛け人で和田の乱へ

10月23日放送の「鎌倉殿」40話で起こった「泉親衡の乱」。

泉親衡(いずみちかひら)は、信濃源氏の鎌倉幕府御家人・泉親衡が源頼家の遺児・千寿丸を鎌倉殿に擁立、執権北条義時を打倒しようとした陰謀です。

しかも仕掛けたのが何と、源仲章。

源仲章が泉親衡(いずみちかひら)を名乗り、和田たち御家人をたきつけた人物の正体だったという訳です。

これに加担したとされる和田義盛(横田栄司さん)の子、和田義直(内藤正記さん)、和田義重(林雄大さん)、甥の和田胤長(細川岳さん)が処罰されます。

これが起因となって、後に「和田合戦(和田義盛の乱)」が起きることになります。

和田義盛にとっては、いい迷惑ですよね。

史実では実際どうなっているのかですが、泉親衡は、信濃源氏の泉次郎公衡の子で、信濃国の御家人です。

「泉親衡の乱」の首謀者ですが、泉親衡に関する史料は少ない人物です。

「鎌倉殿の13人」では、泉親衡の正体は、京都にいる御家人・源仲章(生田斗真)が使った偽名としてストーリーが展開しますが、これは脚本家の三谷幸喜さんが、創作して描いた話かと思われます。

ドラマ内では「泉親衡の乱」は鎌倉幕府を混乱させるため、源仲章を使い後鳥羽上皇(尾上松也さん)が仕掛けた罠です。

源仲章は二重スパイ?

源仲章は、雅な雰囲気を漂わせておりますが、実はかなり怖い人物

建仁3年(1203年)、阿野全成(新納慎也さん)が謀反の疑いをかけられた時に、三男・頼全を処刑しています。

ドラマではこの時、源仲章はチラッとしか登場しなかったのであまり記憶に残ってない方もいるのではないでしょうか?

その後、3代目鎌倉殿となった源実朝(柿澤勇人さん)の教育係として、鎌倉に下っています。

時折上京して、後鳥羽上皇に鎌倉幕府の情報を伝えるなど、スパイの役目を果たしていたとされています。

そして11月6日放送・42話では、建保4年(1216年)6月、陳和卿(ちんなけい)を鎌倉に連れて来ます。

陳和卿(ちんなけい)は、宗の国の技術者です。

陳和卿が実朝に巨大な船を作るように提案することになりますが、船を完成させることは京の上皇を敬う実朝の威光が高まることになり、そのことで源仲章の出世にもつながるという訳です。

陳和卿は実朝と対面するやいなや感極まって泣きだしました。

「前世において、実朝様は宋の国、行く王山の長老、私はその門弟でございました。」

そのことを聞いて実朝は自身の夢日記を思い出します。

「この光景、以前夢に見た。そなたは私の夢と同じことを言っている。」と。

実朝は感激して船を作ることになったのですが、実は源仲章が事前に夢日記を見ていて仕掛けたのでした。

 

陳和卿(ちんなけい)が実朝の宋船を作ったのは本当?

義時の盟友・三浦義村のラスボスとは

 

 

生田斗真(いくたとうま)経歴プロフィール

ここからはあらためて生田斗真さんのプロフや最近の出演作品をお伝えします。

・名前:生田 斗真(いくた とうま)

・生年月日:1984年10月7日(2022年現在、38歳)

・出生地:北海道室蘭市

・身長:175 cm

・血液型 :A型

・活動期間 1994年 –

・特技:パントマイム・野球の選手の形態模写(90年代巨人限定)・料理

・趣味:映画鑑賞・サッカー

・所属事務所:ジャニーズ事務所

生田斗真(いくたとうま)」さんは、SMAPファンのお母様が「もしかしたら会えるかも?」と思って履歴書を送ったのがキッカケだったそう。

ということは、恐らく実現されてるのでしょう。

1996年からジャニーズJr.として芸能活動をスタート。

1997年、NHK朝ドラ「あぐり」にて、ヒロインあぐり(田中美里さん)の長男・淳之介の幼少期を演じて子役デビュー。

主なドラマ出演作は「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」など、映画「人間失格」「ハナミズキ」で、映画新人賞を受賞しています。

プライベートでは、2020年に女優の「清野春奈」さんと結婚しています。

大河ドラマは「軍師官兵衛」「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に続き、「鎌倉殿の13人」が3回目の出演になります。

 

 

終わりに

今回は「源仲章(みなもとのなかあきら)は鎌倉殿の13人でどんな最期?生田斗真のスパイ演技が怖い」と題してお伝えしました。

生田斗真さんの演じる源仲章、やはり只者ではなかった!

京の都・天皇家と鎌倉を取り持とうとしながら、実は自分が少しでも高い位に就こうとしている姿は、令和の時代にもこんな人いるよね~?!と思う面が。

個人的には鎌倉時代にも、こんなド悪い奴がいたのか、というのと、生田斗真さんの悪役も面白いなあ、と思いました。

error: Content is protected !!