話題 PR

【街並み照らすヤツら】ドラマ最終回ラスト結末予想!ケーキが縁でハッピーエンドの展開?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「街並み照らすヤツら(まちなみてらすヤツら)」土ドラ10

2024年4月27日スタート 毎週土曜夜22:00~ 日テレ

SixTONES(ストーンズ)の森本慎太郎さんが主演をつとめる今回のドラマ。

完全オリジナルの脚本となるストーリーということで注目を集めてます。

今回はドラマ「街並み照らすヤツら」の最終回ラスト結末をネタバレ予想してみました。

 

【街並み照らすヤツら】ドラマ最終回ラスト結末ネタバレ予想

それでは早速、「街並み照らすヤツら」ドラマの最終回結末をネタバレ予想してみたいと思います。

今回のドラマ『街並み照らすヤツら』は、大人気マンガや小説などが原作となっていません。

高田亮さんと清水匡さんが脚本を手掛ける、完全オリジナル作品です。

監督・前田弘二氏と脚本家高田亮氏は、映画「こいびとのみつけかた」をはじめ数々の作品でタッグを組んでおり、期待を寄せるファンの声がSNS上で挙がっています。

他の制作陣も、日テレの人気ドラマに携わってきた方ばかり、ということでどんなドラマになるのか、期待が膨らみますね。

放送前に公表されてるあらすじを見ていきます。

森本慎太郎さん演じる主人公・竹野正義は、さびれたシャッター商店街で、妻と共に2人で経営ギリギリのケーキ屋を営む店主。

大切な店・家族を守るため、悪事に手を染めてしまうが、そこから予期せぬ展開へと発展する怒とうのヒューマンエンターテインメント・ストーリーです。

店主・竹野正義は、父母を早くに亡くしているのですが、子供の頃から父親が作るケーキと店のことが大好きな人物。

そんな主人公が、大切な店・家族を守るため、悪事に手を染めてしまう・・、となっています。

このドラマの最終回は、ハッピーエンドで終わると予想します!

主人公は追い詰められて悪事を働くも、元はケーキが大好きな人物。

悪事を仕掛ける相手が、何も知らずに騙されているのですが、その相手も主人公に負けず劣らずのケーキが好きな人物です。

竹野正義は騙すつもりが、純粋にケーキを愛する相手の美味しそうにケーキを食べる表情を見て、正直に悪事に手を染めてることを告白する、その告白により、相手も竹野の本心を知って許してくれるのです。

ということで、最悪の結末とならず無事に、父の跡を継いだケーキ店を妻と共に経営していく、という予想を立ててみました。

 

 

【街並み照らすヤツら】最終回ラスト結末予想・おわりに

この記事では「【街並み照らすヤツら】ドラマ最終回ラスト結末予想!」と題してお伝えしました。

最終回まで目が離せないストーリーになるのは間違いないでしょう。

2024年4月から放送予定「街並み照らすヤツら」のドラマ、どうぞお楽しみください~(^▽^)/

 

「街並み照らすヤツら」ドラマの決定にSNS上の反応は?

「街並み照らすヤツら」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

バリューの真実のスイーツ部がおわってこんなにもすぐケーキ屋さんになるなんて

色んな意味で注目されて、色んな意見が出てくるよね。
だけど、引き受けた慎太郎サイドは
何と言われようがかっこいい!
だが情も最初は色々言われたけど、最終回は絶賛のコメントあったよね

ケーキ屋の店主(森本慎太郎)の役は妻がいるんですよね!?妻役は誰ですか!?森本慎太郎の妻ってことですよね、実質!?ヤバすぎです!

 

「街並み照らすヤツら」ドラマあらすじ

さびれたシャッター商店街で
経営ギリギリ潰れかけのケーキ屋
営む店主が、
大切な店と家族を守るため
とある悪事に手を染めてしまう…
しかし、そこから物語は予期せぬ展開へ!?

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!