鎌倉殿の13人

矢柴俊博の経歴プロフィール!子供や鎌倉殿の13人ドラマについて

この記事では俳優の矢柴 俊博(やしば としひろ)さんについて、経歴プロフィールや、これまで出演されてきた主な作品についてご紹介しています。

2022年(令和4年)から始まるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人(三谷幸喜さん脚本)」に、平知康役で出演することが決まりました。

 


矢柴俊博wiki経歴プロフィール

・名前:矢柴 俊博(やしば としひろ)

・生年月日:1971年10月2日(2021年4月現在、49歳)

・出生地:埼玉県草加市

・身長:171 cm

・血液型 :型

・活動期間 1994年 –

・特技:パントマイム・野球の選手の形態模写(90年代巨人限定)・料理

・趣味:映画鑑賞・サッカー

・所属事務所:株式会社CRG(クリエイティブ・ガーディアン)

矢柴俊博さんが、演じることに興味を持ったキッカケは、子供の頃に「北の国から」や「ふぞろいの林檎たち」のドラマをみて、とにかく感動したことから始まります。

高校生になると文化祭でお芝居をする機会があり、舞台に上がった時の高揚感が忘れられなかったことでますます演技に興味を持たれたんです。

そんな矢柴俊博さんは映画監督になりたいと思い、日本大学芸術学部映画学科を受験しましたが残念ながら不合格となってしまいました。

その後早稲田大学第一文学部仏文学専修に合格した矢柴俊博さんは、演劇サークル「劇団森」や、パントマイム集団「舞夢踏」で役者としての活動をスタートさせます。

勉学よりも演劇活動を重きを置いていたのか、矢柴俊博さんは早稲田大学を7年半かけて卒業されます。

早稲田大学を卒業した後も、大学在学中に結成された劇団「CAB DRIVER」で、
活動していました。

生活のために損保会社のコールセンターで夜勤のお仕事をこなしていたんだとか!!

いつ寝てたんでしょうね~(^^;)

すると、2000年に矢柴俊博さんが演出・主演された「七部袖、ほくろ」が、「パルテノン多摩小劇場フェスティバル」でグランプリなど主要3部門を受賞したのでした。

地道な演劇活動が実を結んだということですね~♬

ですがこの時、矢柴俊博さんは授賞した時の賞金で次の作品を回していたのですが、2004年にジュンパ・ラヒリのピュリツァー賞受賞作、「停電の夜に」を上演した際に、演出にお金をかけすぎたために、劇団の資金を使い果たしてしまったんです。

この時のインタビューで苦しかったことを明るく、明かされていた矢柴俊博さん!

これも矢柴俊博さんのお芝居にかける情熱ゆえのことなのでしょう。

その後矢柴俊博さんは、脚本家で舞台を見に来てくれていた男性と知り合い「自分が脚本を書く深夜ドラマに出てほしい。」と言われて、芸能事務所に籍を置くことになります。

このことがキッカケとなって、矢柴俊博さんは主な活動の場を舞台から映像の世界へと移していくのでした。

 

矢柴俊博さん結婚は?子供はいる?

2004年に、矢柴俊博さんは「みずほ銀行」のCM「優遇される男」に出演しました。

すると「ピザハット」、「ベネッセコーポレーション」「日本マクドナルド」「東京西川&Free」といった、大手企業のCMに次々と起用されることに・・・。

矢柴俊博さんが出演されてるCMは、全てオーディションで勝ち取られてきたんだそうです。

CMという短い限られた時間の中で、インパクトが残せる演技力の素晴らしさを証明していますね。

その後も多くのテレビドラマや映画で、素晴らしい脇を固められています~!!

そんな矢柴俊博さんの、プライベートが気になりました(^▽^)

矢柴俊博さんはご結婚されていて、2人のお子さんがいらっしゃるそうです。

奥様となる人については、あまり明かされていないことからおそらく一般の方なのでしょう。

矢柴俊博さんは、数え切れないほどのテレビドラマや、映画に出演されています。

主演級の大きい役から、名前もないようなちょっとした役まで、幅広く演じられていることに驚かされます。

どんなに出番が少なくても演じ甲斐のある役を演じることが楽しいと、インタビューで語っておられましたので、一つ一つの役を心を込めて演じられていることが分かります。

2019年4月より放送された「きのう何食べた?」では富永を演じた、矢柴俊博さん。

「キャラクターが、原作そのまんま!!」

「漫画の世界からそのまま抜け出してきた感じがハンパない~。」と、高評価でした。

今回は矢柴俊博(矢柴俊博)さんについてご紹介しました。

矢柴俊博さんは、2019年に放送されたドラマ「Heaven?」に出演されていました。

このドラマは佐々木倫子さんの、同名タイトル漫画が原作となっています。

主演は石原さとみさん、フレンチレストランのオーナー・黒須仮名子(くろす かなこ)を演じていました。

矢柴俊博さんは、フレンチレストランの常連客で、段田安則さん演じるシェフのファンとなっていて、本当にどこにでもいそうな常連客風情を醸し出しておられました。

とにかく数多くの映画やドラマに出演されていますので、「鎌倉殿の13人」の大河ドラマでも名演技を魅せてくれるでしょう!

 

error: Content is protected !!