国内ドラマ

長田(おさだ)成哉さん経歴や結婚は?真犯人フラグや科捜研ドラマの演技力について

「真犯人フラグ」新日曜ドラマ

2021年10月10日スタート 毎週日曜夜22:30~ 日本テレビ系

あな番のスタッフが再集結し、西島秀俊さんが主演となる考察ミステリー。

このドラマに「週刊追求」のカメラマン・両角猛役で登場するのは、俳優の長田成哉(おさだ せいや)さんです。

この記事では長田成哉(おさだ せいや)さんの経歴プロフィールや、これまでの出演ドラマについてお伝えしていきます。

 


長田成哉(おさだ せいや)wiki経歴プロフィール!家族や出身高校について

・名前:長田成哉(おさだ せいや)
・生年月日:1989年8月16日(2021年現在、32歳)
・出身地:兵庫県
・身長:177㎝
・趣味特技:音楽鑑賞、歌、ダンス、バスケットボール、ヌンチャク、クラヴ・マガ(格闘技の一種)
・所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

長田成哉さんが俳優となったキッカケは高校卒業後です。

地元兵庫県の中学から6年間バスケットボール部に在籍し、高校生になってからもバスケ部に入部してキャプテンも務めるほどの実力の持ち主。

そんな長田成哉(おさだ せいや)さんですが、出身高校については正式に公表されていないため、確実な情報はありませんが、ネットで「神戸市垂水区の兵庫県立神戸商業高等学校」に通っていたと言われています。

商業高校といえば、高校卒業後にすぐにサービス業をはじめ専門職で働くための実践的な知識・経験を学ぶことがメインとなることから、長田成哉さんがホテルマンになっていることから信頼性は高いと思われます。

ちなみに↓のインスタの写真は長田さんの高校時代のものです。

その後長田成哉さんは、高校卒業時に担任に勧められるまま地元のホテルに就職しホテルマンとして働いていました。

ホテルマンとして働いていたところ、2008年10月、19歳のときに長田成哉さんが好きな映画『クローズZERO』のホームページから、お母さんが偶然「Muvie!!オーディション」の募集を発見します。

母親が長田成哉さんに断りもせずに黙って書類を出して応募した結果、見事合格。

長田さんは『書類選考通ったから、二次選考を受けてきなさい』と言われたものの、芝居の経験は全くなかった長田成哉さんは「東京で遊んで帰るか!」という軽い気持ちで参加したんだとか。

そして長田さんは、当日のオーディションに参加するもセリフは棒読みで見事に惨敗。

最後に後の所属事務所の山本(又一郎)社長と軽く雑談をする時間が偶然あり、長田成哉さんが働いていたホテルに関して話が盛り上がったのが功を奏したのか、何とそのオーディションで見事約1万人の中からグランプリを獲得し、トライストーン・エンタテイメントへの所属を決めました。

演技経験ゼロながら芸能界入りを果たすという、経歴の持ち主の長田成哉さんですが、2009年3月放送のテレビドラマ『ハンサム★スーツ』で、早速俳優としてデビューしています。

この『ハンサム★スーツ』がきっかけで長田成哉さんのことを知るきっかけとなった人が多いようです。

その後2011年から2016年の5年間は、『科捜研の女』シリーズに出演していて、相馬涼役を演じていました。

デビューしてわずか2年で「科捜研」シリーズに5年もの間出演しているというのは演技力がないと出演し続けられないですよね。

その後もドラマや映画など数多くの作品に出演されており、「あ、この俳優さん見たことある!」という方も多いのではないでしょうか。

NHK朝ドラ「エール」では、主人公・古山裕一(窪田正孝さん)の妻となる、音(二階堂ふみさん)が結婚前にお見合いすることになるのですが、その席にお見合い相手の兄役として出演されていました。

 

長田成哉さんは結婚してる?母や父など家族について

そんな長田成哉さん、プライベートについてはどうなんでしょうか?

年齢的にも結婚しててもおかしくないと思いますが、実際は独身で、結婚はまだされていません。

以前ネット上で「結婚しているという」噂が出たことがあり、これについては左手薬指に指輪をされている写真がSNSに投稿されたことで、ファンが勘違いしてしまったことがありました。

この指輪は、ドラマの設定上着けていたものなんですが、勘違いさせる程の演技力があるからこそ、こんなうわさが広まったのかもしれませんね^^

また、ご家族についてですが、長田成哉さんは正式には公表されていません。

父親について調べてみたところ、情報は全く見当たらず、これまでのインタビューで触れられることもありませんでした。

ただお母さんについては、結果的に長田成哉さんの俳優となるキッカケを与えてくれたことになり、その後の俳優人生を後押ししてくれて応援してくれる素敵な方であることは間違いないでしょう!

ちなみに長田さんは自身のTwitterアカウントにて、度々実家について投稿されていますので、ご家族の皆さんとは良好な関係を築けていることもうかがえます。

まとめ

今回は「長田(おさだ)成哉さん経歴や結婚?真犯人フラグドラマや科捜研の女卒業理由について」と題して、長田成哉さんの経歴プロフィールをお伝えしました~♬

真犯人フラグのドラマでは、「週刊追求」のカメラマン・両角猛を演じるのですが、犯人を追いかける役といって必ずしも「犯人じゃない」とは言い切れないと思うので、もし犯人だとしたら「単独犯」ではなく、共犯者がいる可能性も出てきます。

長田成哉さんが演じる、両角猛が「真犯人フラグ」のドラマで今後どんな動きをみせるのか、まさかの黒幕犯人となるのか??今後の展開と長田成哉さんの演技が楽しみです^^

 

 

【真犯人フラグ】ドラマあらすじ

現在、平和なはずの日本では、
毎年8万5千人以上もの行方不明者が出ている。
その中で、緊急性・事件性があると判断され、
警察が捜索に乗り出すケースは、ごくわずかだ。

警察の判断を覆すのに必要なことそれは、
世間に注目されることかもしれない。
しかし。
ひとたび世の注目を集めると、別の“不幸”が生まれる。
ひとたび世の注目を集めると、別の“不幸”が生まれる。

不可解な事件が起こった時、
世の中の人々はこぞって、手に入る限られた情報をもとに、
名探偵のごとく推理し、その背景の物語を想像する。

国民の多くが発信するツールを手にした2021年。
まさに、一億総“推理作家”時代。

数多の人々の口と指とペンによって
あらゆる“物語”が生まれ、その“物語”はまた別の“物語”を食らい
増殖し肥大化していく…。

一体、何が本当で何が嘘なのか…?

この物語の主人公は、図らずも、
そんな無数の“物語”の“主人公”になってしまった男。
ある日、忽然と消えた妻子供たち。
必死で行方を捜すが、手がかりすら見つからない。

そして。
集まった同情は、一夜にして方向転換される。

あの旦那が殺したんじゃないの?

真犯人フラグが立ったが最後、
疑惑の目を向けられ、追い詰められていく主人公。
愛する家族を無事取り戻すことはできるのか!?
果たして、真実はどこにあるのか!?
半年間の壮絶な戦いが始まる!!

この事件、あなたなら、どんな“物語”を想像しますか?

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!