話題

NHK大奥のドラマ放送日はいつからいつまで全何話?最終回も調査

「ドラマ10大奥」

2023年1月10日スタート 毎週火曜夜22:00~ NHKテレビ

よしながふみさんの漫画をもとに描かれる今回のドラマ。

今回はドラマ「NHK大奥」がいつから放送で全何話なのか?最終回の日程についてもお伝えします。

 

 

「NHK大奥」ドラマ放送日はいつからいつまで全何回?最終回の日程について

ドラマ10「大奥」の放送開始日は、2023年1月10日より、毎週火曜日22時00分から放送中です。

ということでこの様な放送になるのでは?と予想してみました。

【最新追記】

公式サイトより、全10話までとの発表がありました。

・放送期間⇒2023年1月10日スタート、全10話

・第1話:1月10日(初回15分拡大)
・第2話:1月17日
・第3話:1月24日
・第4話:1月31日
・第5話:2月7日
・第6話:2月14日
・第7話:2月21日
第8話:2月28日
・第9話:3月7日
・第10話:3月14日

最終回はいつ?⇒3月14日(火曜日)が最終回!

今回のドラマも、1クールの通常放送(3か月間)になります。

今回は3代将軍・家光 、5代将軍・ 綱吉、8代将軍・ 吉宗のストーリーだけでなく、物語のラストになる、大政奉還まで映像化されるんだとか。

そうなると、1クールで大政奉還までというのはかなり端折ることになるのでは?と思いましたら、

↓NHKの公式サイトより、シーズン2続編のお知らせ発表がありました。

おそらく、続編も今回と同じ曜日&時間帯になると思われます。

これまでの「NHKドラマ10」の過去作品を調べてみると、秋の放送は「10月中旬~」より放送されています。

当ブログでは引続き放送期間をチェックしています。

詳細が判明したら随時更新していきます。

ちなみに、ラストまでドラマとなるのは今回が初めてで、NHKによる映像化も初とのこと。

「NHK大奥」のドラマは、よしながふみさんの漫画が原作(全19巻)となっています。


脚本を手掛けるのは大河ドラマ「おんな城主直虎」を担当された森下佳子さんです。

「NHK大奥」見逃したらユーネクストで見れます。

 

 

NHK大奥のファンミーティング放送日をチェック

NHK大奥のファンミーティングが3月8日(水)にNHKNHKホールで開催されます。

抽選制なので外れて、残念ながら行けない方もいるでしょう。

この度3月15日(水) の午前2:00~2:29(※火曜深夜)にNHKで放送されます!!

【最新追記】

国会中継の都合で、↑の日程は中止。

3月26日(日) 午前1:00~1:29、で放送されることになりました。

気になる方は、リアタイor予約録画を!!

徳川吉宗役の冨永愛さん、徳川家光役の堀田真由さん、徳川綱吉役の仲里依紗さんが集結するそうですよ!

「NHK大奥」でサプライズ出演はある?

大奥のNHKドラマでサプライズ出演はあるんでしょうか?

NHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の最終回に「どうする家康」で、松本潤さんが徳川家康役で出演。

家康が、鎌倉時代の記載がある「吾妻鏡」を読んでいる場面がありました。

今回「大奥」では大政奉還までのストーリーが描かれると発表があります。

なので「青天を衝け」で徳川慶喜を演じた、草彅剛さんが登場!

ということがあったりしないのかな?と勝手に予想してみました。

(もういっそのこと、草彅剛さんが大奥でも慶喜を演じてほしいくらいです。)

 

 

「NHK大奥」のドラマを見た感想

ここからは毎回視聴した感想をサラッと書いております。

少々ネタバレもありますので、ご注意ください。

1月10日放送・1話感想

徳川吉宗を冨永愛さんが演じるのを予告動画で知って、とても楽しみにしてました。

カッコイイです、冨永愛さん♡

和装の役柄イメージがなかったので、着物姿で颯爽と馬に乗るシーンも良かったです。

1話は吉宗の時代が描かれていました。

男女逆転の大奥のドラマ・漫画をこれまで一度も見たことが無かったので、

これを機に見直そうかな、、

と思いつつ結末を知らずに見た方がより面白そうと思って見ようと思ってます^^

1月17日放送・2話感想

鎌倉殿の13人で義時の2番目の妻・ひなを演じた堀田真由ちゃんが好きなので見てみましたが、

家光が斬新!

3Aドラマの頃から生真面目で純朴な印象の容姿の割に凛々しくて強さがあると思っていたので、ますますファンになりました^^

それとビックリしたのが、最初誰か分からなかった斉藤由貴さんの春日局!

迫力あり過ぎて夢に出てきそうなくらい。

さらに、福士蒼汰さんの有功が僧侶時代から見事で、そのまま有功の美しさと潔さを感じました。

1月24日放送・3話感想

家光編の続きで、有功(福士蒼汰さん)と家光(堀田真由さん)の関係が引続き描かれました。

2人を結び付けた若紫の白猫ちゃんが、無残な亡くなり方をして「え?誰が犯人?」となり、有功の出世ぶりを妬んでる、中年家臣の3人衆か??と思いきや、

まさかの玉栄(奥智哉さん)が、、、。

有功の部屋子として大奥入りしたものの、大奥では妬む者も多く、その矛先は玉栄に向かってたんですよね。

玉栄は夜ごと“おもちゃ”にされてて、心身共に追い詰められていくなか、

その手が有功に迫っていることを察知して、身を切る思いでその行動にでた、、という

中々に地獄な展開でした。

有功、このまま家光の元にいられるのかな?次回予告も不穏な空気が漂ってて、尚更続きが見たくなりました。

1月31日放送・4話感想

有功が家光の元に居続けれて良かった~^^

大奥は徳川の世を継続させるためのシステムのひとつなんですよね。

今回のドラマでは男女が逆転するだけで地獄感がより増していくのがスゴイ。

このシステムを創り上げ鬼であり続けた春日局について、どんな人物だったのか

再度知りたくなりました。

 

2月8日放送・5話感想

5話は前半に家光の時代、後半5代目綱吉の時代が描かれています。

前半は純愛で、直接の表現がない分想像を掻き立てられました。

家光と有功、嫉妬とか色んな感情が細やかに描かれて、最後は有功が「春日局」待遇に抜擢となっていました。

家光の死を迎えて後半が始まるのですが、予告動画以上に、仲里依紗さんのギラギラ男好き綱吉がこれまたおもしろい!です。

2月15・22日放送・6~7話感想

仲里依紗さんの演技に圧倒された回でした。

綱吉が山本耕史さんのアゴの下に扇子を押しあてて凄むシーンからの、ベットシーンまで圧巻でした。

うっすら汗をかき額や身体が油ぎってて、NHKさんがここまでやるんだ?!とびっくりながらも、演出家さんに大拍手送りたいです。

仲里依紗さんの演技力と演出で原作よりも悲壮感が増していると思います。

世継ぎを産む義務に縛られてがんじがらめになっていく綱吉。

英邁な将軍でありながら、子を産むことのみを求められる残酷さが際立った6話・7話でした。

でも7話で右衛門佐(山本耕史さん)と純粋に結ばれたのは救われました。

 

3月1日放送・8話感想

吉宗の時代にさかのぼり、水野祐之進や加納久通が登場。

綱吉の綺羅びやかな装いからの吉宗の黒い着物へと変わります。 

8話は、吉宗の人の情を無視して合理性を追求していく姿が描かれてました。

吉宗には、良い人材が集まっているのでしょう。

NHK大奥「8話・吉宗編」あらすじ感想ネタバレ

 

 

「NHK大奥」のドラマの放送日がいつまで全何話・まとめ

今回は「大奥」のドラマの放送日がいつからで全何話となるのか、予想も交えてお伝えしました~♬

江戸時代・徳川家の逆転ドラマはこれまでも度々ドラマ・映画化されてるんですよね。

今回はこれまで描かれなかった部分にスポットが当たるそうですし、原作マンガを全巻全て再現されるということで気になっています。

 

最終回まで目が離せないストーリーになるのは間違いないでしょう。

2023年1月10日からスタートする「大奥」のドラマが今から楽しみです(^▽^)

 

error: Content is protected !!