話題

【罠の戦争】ドラマ最終回ラスト結末ネタバレ予想!鷲津が復帰へ

「罠の戦争(わなのせんそう)」

2023年1月16日スタート 毎週月曜夜22:00~ フジテレビ

草彅剛さん主演で「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く「戦争シリーズ」第3シリーズ。

草彅剛さんが民放の連続ドラマで主演を演じるのは、ジャニーズ事務所を退所してから初めてなんだとか。

今回はドラマ「罠の戦争」の最終回ラスト結末をネタバレ予想してみました。

 

 

【罠の戦争】ドラマ最終回ラスト結末ネタバレ予想

それでは、「罠の戦争」ドラマの最終回結末をネタバレ予想してみたいと思います。

草彅剛さん演じるのは、公設第一秘書の鷲津亨。

国会議員の陰となって奔走し、常に冷静沈着。

大臣にまで登りつめた犬飼孝介(本田博太郎さん)に20年来何もかも犠牲にしてつかえてきました。

そして初回放送から衝撃的な出来事が。

鷲津の息子が歩道橋から突き落とされたのです。

事件性が高いと言うことで、犯人が存在します。

犯人・事件をもみ消そうとする黒幕の存在がいるのです。

事件のもみ消しを命じたのは犬飼。

ですが、さらなる巨大な黒幕がいて、犬飼にもみ消しを命じたのです。

気になったのが、犬飼の息子です。

犬飼が大臣秘書官に任命した息子の俊介(玉城裕規さん)は、地元の建設会社から不正な金を受け取っているらしい、とのこと。

最初は総理が一番権力を持っていて怪しいと思ったのですが、総理の人物紹介を見て、幹事長(岸部一徳さん)が怪しいと思いました。

総理を総理の座につかせたのは、幹事長の鶴巻の力があったからとのこと。

総理よりも強い力を持っている鶴巻。

犯人は自分の息子や関係者を守で、そのもみ消しを犬飼に命じた可能性があるでしょう。

鷲津亨は前回の2シリーズと同じく復讐を100パーセント完全に行います。

やはり最終回ラストは、鷲津亨が一回り成長して議員秘書に復帰すると予想しています。

今回は「【罠の戦争】ドラマ最終回ラスト結末をネタバレ予想!」と題してお伝えしました。

最終回まで目が離せないストーリーになりそう~。

2023年1月からの「罠の戦争」ドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

 

 

「罠の戦争」ドラマの決定にSNS上の反応は?

「罠の戦争」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

初回
面白かった!草なぎ剛さんは「復讐」という言葉が似合う。草彅剛さん?仕掛けて静かにその時を待つ、あの演技は誰も敵わないんじゃないだろか。政治家のねっとり具合をこれでもかと表現された本田博太郎さん、さすがです

権力って人を歪ませるよなと改めて。かつ、権力のある人のそばにいると、自分も同じ権力を持ってると勘違いするのはよくある話なんだ…(明石家さんまが彼女と旅館に行った時のはなしを思い出すのである…)

 

「罠の戦争」ドラマあらすじ

「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く戦争シリーズ第3弾は、弱者による強き権力者への復讐劇!

愛する家族を傷つけられた議員秘書が知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、悪しき政治家を失脚させる痛快なエンターテインメント。

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!