話題 PR

【光る君へ】大河ドラマ音楽担当は冬野ユミ!反田恭平のピアノ演奏も話題

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事は2024年より放送中、NHK大河ドラマ「光る君へ」に使われる音楽について、手掛けた冬野ユミさんや、ピアノ演奏を担当される、反田恭平さんについて分かったことをお伝えしています。

又、今回の音楽BGMサントラの発売日や配信日も調査しました。

 

【光る君へ】 NHK大河ドラマのサウンドトラック・オープニングテーマ(BGM)音楽は冬野ユミさん


2024年の大河ドラマ「光る君へ」のOPテーマ曲を担当するのは、冬野ユミさんです。

冬野ユミさんの情緒豊かな音楽の感性が、平安時代の華やかで深い物語を彩ります♬

冬野ユミさんwiki経歴プロフィール

  • 名前:冬野ユミ(とうの ゆみ)
  • 生年月日:非公表

3歳よりピアノを学ぶ。

10歳の時、ハモンドオルガンに出会い傾倒、14歳でプロデビュー。

学生時代より、ピアニスト、キーボーディストとして活躍する傍ら、作曲家として映像・劇伴音楽に携わっている。

冬野ユミさんは、日本の作曲家で、独特の感性を持った音楽スタイルで知られています。

1990年、前衛的なエレクトロミュージックグループ、アート・オブ・ノイズの影響を受けて、実験的且つジャンルレスな音楽を追求する音楽制作ユニット「BANANA(バナナ)」を結成。

サンプリングを駆使したアルバム「叩き売りbanana」をリリースしています。

1995年には、サウンド&レコーディング・マガジン主催、「Ecole alternative artists」にて、元YMOの細野晴臣氏に自身の曲「密林の河」が認められアルバムに参加。

以降も、冬野ユミさんは様々なジャンルの音楽を手がけてこられ、それぞれの作品に独自のセンスが光り、その多才さが、冬野ユミさんの音楽の魅力の一つとして評価されています。

特に、テレビドラマのサウンドトラック制作において、物語の感情を見事に表現し、視聴者から高い評価を受けています。

【大河ドラマ「光る君へ」】オープニング(ノンクレジットVer.) 、でyoutube検索すると、NHK公式サイトで聴くことが出来ます。

 

冬野ユミさんの音楽作品

冬野ユミさんの代表作には、ドラマ「スカーレット」や「アシガール」のサウンドトラックがあります。


これらの作品では、冬野ユミさんの音楽が物語の感情を深める重要な役割を果たしています。

冬野ユミさんの音楽は、繊細かつ力強い表現が特徴です。

物語の重要なシーンにおいて、視聴者の感情を引き出すのに大きな役割を果たしています。

冬野ユミさんの音楽は、時に穏やかで、時に激しい情熱を感じさせるものがありつつ、その変化に富んだ表現が、作品の魅力の一つとなっています。

冬野ユミさんの音楽は、物語の背景やキャラクターの心理を見事に表現しており、それが彼女の音楽の大きな魅力となっています。

今後も彼女の手がける音楽作品から目が離せません。

今回のNHK大河ドラマ「光る君へ」のサウンドトラックは、冬野ユミさんの音楽キャリアに於いて、さらに注目を集めることでしょう。

 

 

【光る君へ】曲名『Amethyst』の意味・サントラは1月31日発売

光る君へのオープニングテーマ曲のタイトルは、『Amethyst』。

『Amethyst』の意味は「アメジスト」「紫水晶」。

紫式部のイメージカラー「紫」をふまえた曲名です。

小刻みなピアノの音色が、アメジストに反射するキラキラした光を表しているようにも聴こえるようです。

プロデューサー内田ゆきさんから作曲者・冬野ユミさんへ「ボッティチェリの絵画『Primavera(春)』のイメージ」で、とお願いがあったんだそう。

「ルネサンスの春」を象徴するような華やかさに満ちあふれている作品、言われてみればそのようなイメージを掻き立てられるような曲です。

  • タイトル 大河ドラマ「光る君へ」オリジナル・サウンドトラック Vol. 1
  • 音楽 冬野ユミ
  • 販売元 ソニー・ミュージック
  • 価格 3,300円
  • 発売日 2024年1月31日

 

大河ドラマ 「光る君へ」 ピアノ・ソロアレンジ ペーパーバック

タイトル 大河ドラマ 「光る君へ」
ピアノ・ソロアレンジ ペーパーバック
著者名 冬野ユミ
出版社 NHK出版
価格 990円
発売日 2024年2月29日
ISBN 978-4140554395

作曲者・冬野ユミさん書き下ろしの公式ピアノ・ソロ譜も、予約販売が始まっています。

内容

  • 冬野ユミさんの楽曲解説&演奏アドバイス
  • メインテーマ『Amethyst』
  • 『Primavera-花降る日』
  • 反田恭平さんからのメッセージ

ショパン国際コンクール2位のピアノ奏者・反田恭平さんをして「最高難度」と言わしめた難曲を、冬野ユミさん自身が作曲者ならではのセンスで初級者でも弾けるやさしいピアノ・ソロ譜にアレンジ。

もう一つの「Primavera-花降る日」はドラマチックなフレーズにバロックの雰囲気を感じる1曲です。

子どもから大人まで幅広い年代のピアノ愛好家に、弾き映えする発表会曲としてもおすすめです♪

 

 

【光る君へ】 NHK大河ドラマのピアノ演奏はピアノ演奏は反田恭平さん

「光る君へ」大河ドラマの中に流れている、音楽のピアノ演奏は反田恭平(そりた きょうへい)さんです。

 

  • 名前:反田恭平(そりた きょうへい)
  • 生年月日生:1994年9月1日(2024年現在、29歳)
  • 出身地:北海道札幌市
  • 所属事務所 株式会社NEXUS

 

反田恭平さんは、お父さんはサラリーマン、お母さんは主婦という家庭に育っています。

音楽好きな母が弾いたエレクトーンを聴き、それを瞬時に弾いたほど小さい頃から耳が良かったとのこと。

ということから、4歳よりピアノを演奏するようになりました。

そんな反田恭平さんは数々のコンクールで受賞歴をお持ちです。

2021年には国際的に著名な第18回ショパン国際ピアノコンクールで、2位入賞。

この記録は、日本人歴代最高位タイで、内田光子さん以来51年ぶり2人目となっています。


又、反田恭平さんは、ピアニストとしての卓越した技術に加えて、指揮者としてもその才能を発揮しています。

ウィーン・シュテファン大聖堂でのモーツァルト・レクイエムの指揮や、ジャパン・ナショナル・オーケストラとの全国ツアーなど、彼の音楽活動は多岐にわたります。

これまでにリリースされたアルバムや、様々な公演での熱演は、彼の芸術性の高さと、音楽に対する深い情熱を物語っています。

 

期待に応えるサウンドトラックが完成することを願っています。

反田恭平さんは、日本を代表するピアニストであり、指揮者としても活躍しています。

反田恭平さんは幅広いレパートリーと深い音楽性で知られ、これまで国内外で高い評価を受けてきました。

反田恭平さんの技巧が冬野ユミの音楽世界をさらに深めるでしょう。

 

 

光る君へNHK大河ドラマサウンドトラックの発売日や配信日について

大河ドラマ「光る君へ」のサウンドトラックがいつ発売されるのでしょうか?

発売日や配信日、さらには配信プラットフォームや入手方法についての詳細は、2024年1月現時点では未定です。

詳しい情報が入り次第、こちらで追記して情報を更新していきます。

冬野ユミさんの美しい音楽と反田恭平さんの見事なピアノ演奏を収録したサウンドトラックは、ドラマファンだけでなく、音楽愛好家にとっても待望のリリースとなるでしょう。

紫式部の生涯と『源氏物語』の世界を彩るサウンドトラックは、ドラマをより一層魅力的なものにするでしょう。

この音楽によって、物語の奥深さがより一層際立つことでしょう。

配信プラットフォームやCDなどのの発売が予想されますが、詳細が分かり次第、こちらでもお知らせします。

大河ドラマ「光る君へ」に関して、以下の記事もチェックしてください↓

まひろ(紫式部)の幼少期を演じるまひろの子役さん

藤原道長の幼少時代(三郎)は子役の木村皐誠さん

まひろの弟・太郎の子役は、湯田 幸希(ゆだ こうき)くん。

【光る君へ】散楽の一員・直秀の本当の正体

【光る君へ】ナレーション/語りは伊東敏恵アナウンサー

【光る君へ】いつからいつまで全何話?放送日もチェック

【光る君へ】ロケ地は京都・平安神宮

安倍晴明を演じるユースケ・サンタマリア

 

 

error: Content is protected !!