エルピス

【エルピス】ドラマロケ地や撮影場所を特定!オフィスや喫茶店の目撃情報も

「エルピス―希望、あるいは災い―」月10ドラマ

2022年10月スタート 毎週月曜夜22:00~ フジテレビ

主人公・浅川恵那を演じるのは長澤まさみ(ながさわまさみ)さん。

長澤まさみさんが連ドラ主演を務めるのは、『コンフィデンスマンJP』以来、4年半ぶりなんだとか。

眞栄田郷敦さん、鈴木亮平さんの共演も注目です。

今回はドラマ「エルピス」のロケ地や撮影場所を、第1話から最終回まで随時更新してまとめていきます。

 

 

【エルピス】ドラマのロケ地を予想!オフィスやテレビ局の撮影場所について

ここからはこれまでにまとめている目撃情報から分かったロケ地以外に、実際のドラマが放送されるまで、「エルピス」のロケ地や撮影場所の予想をしていきたいと思います。

「エルピス」のドラマで長澤まさみさんが演じるのは、大洋テレビ局のアナウンサー・浅川恵那。

ということでドラマロケ地のメインとなるのは「主人公の自宅」や「テレビ局」がメインのロケ地となるのではないでしょうか。

①長澤まさみさん演じる主人公・浅川恵那(あさかわ えな)の自宅

長澤まさみさん演じる主人公・浅川恵那(あさかわ えな)の住む自宅を予想してみました。

主人公が住んでいる自宅はマンションでは?と予想してみました。

モンパルテ川口sunstudio

・住所:〒192-0916 東京都八王子市みなみ野2丁目16−3

②大洋テレビ(テレビ局)

続いて、主人公の浅川恵那が勤務している「太陽テレビ」のロケ地です。

フジテレビ系のドラマということで、フジテレビ局のスタジオで撮影されてるのではないでしょうか。

フジテレビ湾岸スタジオ

・住所:〒152-0023 東京都江東区青海2-3-23

 

③太洋テレビの社内食堂

大洋テレビ局が登場するということで、社内食堂が登場するのでは?と予想してみました。

こちらもフジテレビの実際の社内食堂が撮影場所として使われるのではないでしょうか?

フジテレビ湾岸スタジオ

・住所:〒152-0023 東京都江東区青海2-3-23

④オフィス

こちらは多くの作品で使われている場所で、『過保護のカホコ』・『逃げるは恥だが役に立つ』・『健康で文化的な最低限度の生活』などでも使われていました。

恵比寿ビジネスタワー

・住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目19−19 恵比寿ビジネスタワー

⑤拓郎の住むマンション

眞栄田郷敦さん演じる岸本拓朗は新米ディレクターですが、弁護士夫婦の息子として裕福な生活を送ってきた人物ということから、こちらのマンションを予想してみました。

ヴィルヌーブタワー 駒沢

・住所:〒154-0003 東京都世田谷区野沢4丁目24−1

ちなみにこんな作品でも使われていました。

・『TWO WEEKS』

・『彼女はキレイだった』

など多くの人気ドラマなどでも撮影に使われています。

 ⑥斉藤正一の子供が通う小学校

鈴木亮平さん演じる斉藤正一には小学生の子供がいるのでは?

ということで小学校が登場するかもしれません。

たちかわ創造舎

・住所:〒190-0013 東京都立川市富士見町6丁目46−1

ちなみにこんな作品でも使われていました↓↓

・『俺の話は長い』

・『シャーロック』

・『ノーサイド・ゲーム』

・『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~

など多くの人気ドラマなどでも撮影に使われています。

この小学校はドラマなどのロケーション場所として以外にも、ワークショップやサイクルステーションとして使われるなど一般の方にも親しまれている場所です。

 ⑧居酒屋

長澤まさみさん演じる浅川恵那と、前田さん演じる岸田は2人で番組を担当している営業に設定とのことなので、仕事の帰りに立ち寄る、、というシーンがあるのではないでしょうか?

池林房

・住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目8−7 吉川新宿ビル 1階

 ⑨カフェ・喫茶店:その1

事件解決するにあたってよく登場するのが喫茶店です。。

テレビドラマに欠かせないと言ってもいいほど、カフェや喫茶店が登場するのでは?と、こちらを予想してみました。


こちらは純喫茶といった感じの落ち着きのあるお店で、今までに色んな作品で使われているお店です。

ちなみに、

・『絶対零度』

・『まだ結婚できない男』

・『アンナチュラル』

・『家売るオンナ』

など多くの人気ドラマにつかわれているので、ロケ地巡りされる方も多いです。

珈琲タイムズ

・住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目35−11
・営業時間:月~土8時~21時/日・祝8時~20時30分

⑩カフェ・喫茶店:その2

こちらの喫茶店もドラマのロケ撮影でよく登場しています。

ちなみに「大豆田とわ子」や「正直不動産」でも使われていました。

喫茶まりも 新丸子店

・住所:神奈川県川崎市中原区新丸子東1丁目785番

⑪ラーメン店

一日頑張って、お腹空いた、、となって仕事帰りの夕食の場面で登場すると予想しました。

中華麺舗 虎

・住所:〒146-0093 東京都大田区矢口1丁目6−18 丸源ビル

 

こちらでは第1話からドラマの最終回まで随時リサーチしておりますので、他にもロケ地が判明次第更新していきます~

 

 

【エルピス】ドラマのエキストラ募集や応募方法について

ドラマのロケ地について見ていってると、「えっ??こんなところであの女優さんや俳優さんが撮影してるの?!もしかして自分もこのドラマに参加出来ないかな~??」って思ったことないですか?

「エルピス」のドラマでエキストラの募集を行ってる会社はないんだろうか??ということで調べてみました。

2020年春以降コロナの影響で、ほとんどのエキストラ会社でドラマ撮影を中断しているのですが、1件だけエキストラ派遣会社の古賀プロダクションがドラマのエキストラを募集されていることが判明しました。

古賀プロダクションでエキストラ募集

東京都港区にあるエキストラ派遣会社「古賀プロダクション」では、各放送局で放送されているドラマのエキストラ募集が記載されていました。

 

  • 悪女(わる)(日テレ)
  • ムチャブリ!(日テレ)
  • 初恋の悪魔(日テレ)
  • 持続可能な恋ですか(TBS)
  • ユニコーンに乗って(TBS)etc・・

古賀プロダクションがドラマで募集されている内容については、2022年時点のものとなっていますので、それ以降の募集については随時内容が変更になる可能性は考えられます。

「一度でいいから、ドラマのロケ撮影に参加してみたい!!」と応募を検討される方は、古賀プロダクションの公式サイトをご覧になってみてください。

エキストラ募集に関しては、株式会社・古賀プロダクションへの来社が必要となります。

来社の際には必要な持ち物や注意事項がありますのでエキストラを希望されるかたはコチラからも併せてチェックしてみてください。

【㈱古賀プロダクション】

 

 

今回は「エルピス」のドラマロケ地や撮影場所についてお伝えしました~♬

最終回まで目が離せないハラハラドキドキの熱いストーリーになりそう~。

2022年10月からのドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

【エルピス】ドラマあらすじ

10月期のカンテレ・フジテレビ系“月10ドラマ”が、長澤まさみ主演の『エルピス—希望、あるいは災い—』に決定した。

長澤にとって『コンフィデンスマンJP』(2018年/フジテレビ)以来、4年半ぶりの連続ドラマ主演作となる今ドラマは、実在の複数の事件から着想を得て制作された社会派エンターテインメント作品。

スキャンダルによってエースの座から転落したアナウンサー・浅川恵那(長澤)と彼女に共鳴した仲間たちが、犯人とされた男の死刑が確定した、10代の女性が連続して殺害された事件の冤罪疑惑を追う中で、一度は失った“自分の価値”を取り戻していく姿を描いていく。

恵那と共に行動するうだつのあがらない若手ディレクター・岸本拓朗役として眞栄田郷敦、恵那と拓朗の先輩で報道局のエース記者・斎藤正一役として鈴木亮平が出演する。

長澤演じる主人公の恵那は、大洋テレビのアナウンサー。入社当初は、抜群の容姿と好感度の高さから「10年に一人の逸材」と持てはやされ、本人の報道志向もあり、ゴールデンタイムのニュース番組のサブキャスターを務める。しかし、複数番組を担当する激務のなかで次第に疲弊していき、徐々に人気に陰りが見え始めたところで、週刊誌に路上キス写真を撮影され、ニュース番組を降板。現在は、社内や視聴者から「落ちぶれた」と後ろ指をさされながら、“制作者の墓場”と揶揄される深夜の情報番組『フライデーボンボン』のコーナーMCを担当している。物語では、番組で見せる華やかなアナウンサーの表情とは異なる恵那が抱える葛藤・苦悩が随所で描かれていく。アナウンサーとして前途洋々だった彼女が“自分の価値”を失い、変ぼうを遂げてしまった理由とは?そして、拓朗から持ち掛けられたある連続殺人事件の真相を追う中で、彼女が再び見出す“自分の価値”とは?ドラマ、映画、舞台、広告など数々の作品で輝きを放ち、国民的俳優として老若男女から愛される長澤。陰も陽も、強さも弱さも、さまざまな恵那を巧みに演じる長澤の魅力を、今作では存分に楽しめるはずだ。

今注目を集める若手俳優の眞栄田が今回演じる拓朗は、恵那と共に行動する『フライデーボンボン』で芸能ニュースを担当する新米ディレクター。弁護士夫婦の息子として裕福な生活を送り、エスカレーター式に名門私立大学へ進学。なんとなく始めた就活で大洋テレビに採用され、制作部に配属される。家庭環境とルックスも相まって自己評価が高く、能天気でマイペースな性格だが、ディレクターとしての実力・評価は低く、現場では怒られてばかり。一見何不自由ない人生を送っているように見える拓朗だが、実は彼もまた“自分の価値”を失った過去の出来事を記憶の底に抱えている人間。物語は、ひょんなことから拓朗が連続殺人事件の犯人とされる死刑囚の冤罪疑惑を知り、恵那に持ち掛けるところから始まる。恵那とは対照的に世間知らずで空気が読めない拓朗の行動は、時に恵那を感化することも。そんな恵那と拓朗のコンビが巨大な組織に対して、時に傷つき、時に足並みが乱れながらも、真相に向かっていく姿にご注目いただきたい。

そして、鈴木が演じるのは、大洋テレビ報道局のエース記者・斎藤正一。拓朗の新入社員時代に指導担当だった縁で、恵那と拓朗が追う連続殺人事件の冤罪疑惑について相談に乗る。面倒見がいい先輩として、そして政権中枢の要人とも懇意の間柄の官邸キャップとして、斎藤の存在は2人にとって大きな味方となる。硬軟問わず数々の作品で見るものを圧倒し、今や押しも押されもせぬ日本を代表する俳優の座を確立する鈴木が、今作では権力や利権にまみれた政治家たちと巧みに渡り合う斎藤として重厚な存在感を放つ。

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!