大豆田とわ子

瀧内公美の結婚相手(夫)の特定はデマ!恋つづ凪のお暇や現在について

「大豆田とわ子と三人の元夫(おおまめだとわことさんにんのもとおっと)」新火9ドラマ

2021年4月13日スタート 毎週火曜夜21:00~ フジテレビ系

主人公・大豆田とわ子(おおまめだ とわこ)を演じるのは、松たか子さん。

ドラマのタイトルの通り、松たか子さんは3回離婚して別れた3人の元夫がいるのですが、何かと関わっていくストーリー展開。

3人の夫を演じるキャスト俳優陣は、松田龍平さん、岡田将生さん、東京03の角田晃広さんです。

そんな元夫の1人角田晃広さん演じるカメラマンの鹿太郎とかかわりを持ってくる、女優の古木美怜(ふるきみれい)を演じるのが、瀧内公美(たきうちくみ)さんです。

「恋する母たち」「共演NG」など話題のドラマでレギュラー出演している、2021年現在、注目の女優さんです。

今回はドラマの中で古木美怜(ふるき みれい)役を演じる、瀧内公美(たきうちこうみ)さんの経歴プロフィールや、気になる結婚相手についてもお伝えします。

 


瀧内公美に結婚した旦那(夫)はいる?相手や彼氏について

瀧内公美さんは、既に結婚していて、旦那(夫)と幸せな生活をされているのかな?とプライベートについて気になっている方もいるのではないでしょうか。

以前に瀧内公美さんは結婚している、と言われてたのですが、どうやらそれは単なるデマだったんです。

そこで結婚しているかどうか調べてみましたところ、2021年5月時点では、結婚はしておらず独身であることが分かりました。

落ち着いた雰囲気もあり結婚していると思っていましたが、意外でした!

そんな瀧内公美さん、黒髪で清楚な印象の強い方ですが熱愛や彼氏の噂はあるのでしょうか?

2021年5月現在のっ時点では、具体的な話は出てきていませんでした~。

以前の話になりますが、実は瀧内公美さんが出演した2014年に公開の映画「グレイトフルデッド」で、W主演となった笹野高史さんと、40歳近くも年が離れていて親子ほどの年齢幅にもかかわらず、男女の仲がウワサになった時期もあったんです。

ですが、写真誌に2ショットの姿を撮られたということもなく、やっぱりあくまで噂だったようです。

ちなみに以前の雑誌インタビューでは、好きな男性の質問で「毛の薄い人と毛の濃い人、どちらが好きですか?」と聞かれた瀧内公美さん。

毛の濃い人」と答えておられました。(スゴイ質問ですね・・・^^;)

その後、2020年のドラマ『恋はつづくよどこまでも』に出演されていた時に受けたインタビューで劇中の男性陣の中でどのタイプが好きですか?の質問があり、こうコメントされてました。

「個人的には小石川先生(山本耕史さん)ですかね。小石川先生、いろんなことを知っていてお話上手ですし、相手に気を使わせないところが「大人で素敵!」と思っちゃいます。」

ということで、瀧内公美さんが好きな男性のタイプは、一緒に居ても気を使わなくて色んな知識が豊富で話をするのが上手な男性』ということが分かりました。

ドラマや映画の共演がキッカケで熱愛や結婚に発展するというのは、芸能界でも良くある話です。

つい最近では「逃げ恥」のドラマで共演していた星野源さんと、ガッキーこと新垣結衣さんが(契約)夫婦を演じていましたが、2021年のスペシャルドラマの再共演をキッカケに、本当に結婚することが発表されましたよね♡

なので瀧内公美さんも、将来そんなことがキッカケで、、という可能性もあります^^

 

瀧内公美(たきうちこうみ)wiki経歴プロフィール

・名前:瀧内公美(たきうち くみ)

・生年月日:1989年10月21日(2021年現在、31歳)

・出生地:富山県

・血液型:AB型

・サイズ:身長:167cm B:87cm W:63cm H:89cm

・特技:バトントワリング 水泳

・趣味:山登り コーヒードリップ 落語鑑賞

・活動期間:2012年 –

・所属事務所:吉住モータース

瀧内公美さんの経歴プロフィールを見ていますと、特技として「バトントワリング」があります。

バトントワリングは、銀の棒(バトン)をスピーディに操作をしながら音楽に合わせて身体で表現する高度な技術を必要とする芸術性の高いスポーツなんですよね!

なので、瀧内公美さんの抜群のスタイルはバトントワリングの賜なのでしょう。

そんな瀧内公美(たきうち くみ)さんが女優になろうと思ったきっかけは幼少期のお母さんとの経験から来ているのだとか。

よく映画を観に連れて行ってくれた、お母さんの車を運転する横顔が、映画を観る前と後では明らかに違っていたことに気付いた、瀧内公美さん。

「映画にはこんなにも影響力があるんだな」と思ったことが原点だと、最近の雑誌インタビューにて語られています。

ちょっぴり渋い趣味の落語鑑賞については、瀧内公美さんの祖父が同郷の立川志の輔さんの「志の輔 in富山」に連れて行ってくれていたことがキッカケとなっています。

落語家さんの表情がコロコロ変わるのが面白くて好きになったんだとか。

そんな瀧内公美さんは、高校生の頃から地元・富山県にてグラビア活動をスタートしていました。

ちなみに高校は、富山県立高岡西高等学校を卒業されています。

18歳で上京した瀧内公美さんは大妻女子大学児童教育学部に入学して、教員免許も取得されているんです~。

大妻女子大学は、東京都千代田区三番町12にある私立大学です。

学部は『児童教育学部』とのことですが、そんな学部はなく『家政学部児童学科』なのでは?

過去にさかのぼって大学のデータを調べてみましたが、データは無く瀧内公美さんの言い間違いかもしれません。

ちなみに、大妻女子大学の偏差値は50~47.5です

瀧内公美さんはなぜ児童教育を学べる大学を選んだかというと子供が好きだったからだそうで、女優になるためには『とにかく東京に出ないと!』という気持ちもあったからなんだとか。

大学では教員免許も取り、教育実習にも行かれたそうですが、朝早く起きてラッシュの電車に乗っての通勤が自分には無理だなと思ったそうで教師の道は諦めたとのこと。

自分が本当に進みたい道は何だろう?と将来を見つめなおしたんです。

2012年、大学4年生の時に瀧内さんは映画のエキストラに参加したことがキッカケとなって、スターダストプロモーションの事務所に所属することとなります。

大学を卒業後は本格的に女優としての活動を開始することになり、半年後のオーディションでいきなり主演を射止めます!

2014年公開の映画「グレイトフルデッド」です。

瀧内こうみさんは初主演にして笹野高史さん演じる孤独な老人の歪んだ愛情を抱く女性を演じました。

笹野高史さんとのダブル主演ですが、短期間で初主演ってスゴイですよね~。

内田監督は瀧内公美さんを抜擢した理由を「野良犬っぽい生意気な女優でそれがよかったから。」と語られています。

この映画は、40歳以上年の離れた笹野高史さんとかなり過激なシーンを演じたことも当時話題になりました。

 

瀧内公美の引退理由について特定

瀧内公美さんは女優デビュー以来、数々の映画賞を受賞してきましたが、2018年頃に急に露出が減り所属事務所のリストからも削除されていたことがありました。

このことから瀧内公美さんは引退したのでは?という噂が一時拡がっていたんです。

なぜ引退の噂が広がったかというと、2018年に約6年間所属していたスターダスト事務所を退所して、規模は小さいが舞台関係に強い現在の所属事務所である「吉住モータース」に移籍していたためでした。

やはり所属事務所によってはどんな実力派の女優さんでも色々とあるようですね(^^;)

 

瀧内公美さんの映画出演作品をチェック

2014年公開の映画「グレイトフルデッド」で主演をつとめた後、本格的に女優としての活動をスタートさせている瀧内公美さんですが、その後の主な出演作品を見ていきたいと思います。

2016年には映画「日本で一番悪い奴ら」に出演。

白石 和彌(しらいし かずや)監督で、主演を綾野剛さんがつとめた映画です。

瀧内公美さんが演じた役柄は、北海道警の婦警さん。

綾野剛さん演じる諸星を将来の道警エースと見込んで惹かれていたのですが、諸星が転落の人生を歩んで行くににつれて興味をなくしてゆく、という役どころ。

でもこの時の瀧内公美さんも、何かこう色っぽいものを醸し出してたんですよね。

そして2017年には、映画「彼女の人生は間違いじゃない」で、再び主演をつとめて、第42回報知映画賞主演女優賞ノミネート、第72回毎日映画コンクール主演女優賞ノミネート、第27回日本映画プロフェッショナル大賞新人女優賞受賞、2017年度全国映連賞女優賞を、それぞれ受賞されています。

この時の相手役は、2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で、主人公・渋沢栄一(吉沢亮さん)のいとこ・喜作を演じている人気俳優の高良健吾(たからけんご)さんでした。

瀧内公美さんはこの映画で、福島市役所で働きながら週末にはデリヘルのアルバイトをするために深夜バスで東京へ向かう主人公・みゆきを演じました。

なかなか色っぽい役が多い印象の瀧内公美さん。

オーディションとしての監督の面接でずっと泣きっぱなしだったという瀧内公美さんですが、その瀧内公美さんが帰り道、空を眺めながら帰る様子を見て、この映画の監督を担当した廣木監督が、瀧内公美さんの主演を決めたというエピソードがあります。

2019年8月には映画「火口のふたり」も公開され、柄本佑さんとのW主演となっていて映画を観た方からは高評価の声があがっています!

瀧内公美さんが演じた、佐藤直子は数年ぶりの永原賢治(柄本佑さん)との再会から情欲に嵌まり込んでいく様を描いたR18+の激しいラブシーンの多い作品です。

瀧内公美さんは、この映画についてインタビューで、10日間でのハードなスケジュールにも関わらず、しっかりご飯を食べてテレビを観る時間もあったんだとか。

裸のシーンが多かったので衣装チェンジの時間がなかったからだったのかも?と振り返っておられました。

確かにこの映画、実際見てみますとなかなかに過激なシーンがありまして、年齢制限がかかっているのはなるほど~、と思えるストーリーです。

瀧内公美さんの演技力はかなりのものがあるんでしょう!

実際の映画を観た方からは、こんな感想が!

予告編は穏当なシーンばかりだが実際は、全編激しいセックスシーンの連続。先月試写を観たが、主演の瀧内公美の演技には鬼気迫るものがあり、原作者のくせに興奮しっぱなしだった。

また、瀧内公美さんは2020年の「蒲田前奏曲」の中の「行き止まりの人々」でも主演を務めています。

「蒲田前奏曲」は中川龍太郎監督の「蒲田哀歌」、穐山栞由監督の「呑川ラプソディ」、安川有果監督の「行き止まりの人々」、渡辺紘文監督の「シーラカンスどこへ行く」で構成された連作長編映画で、瀧内公美さんは「行き止まりの人々」で黒川瑞希役を演じられています。

瀧内公美さんのドラマ出演作品をチェック

ここからは、瀧内公美さんがこれまでに出演されていたドラマの作品をご紹介します。

  • 2021年・テレビ東京「共演NG」与謝野:マウリシオ・リリカ 役
  • 2020年・TBS「恋はつづくよどこまでも」:石原こずえ役
  • 2020年・TBS「恋する母たち」:斉木由香 役
  • 2019年・TBS「凪のお暇」 足立心役
  • 2019年・NHK「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」 :近藤美佐江役
  • 2017年・ABC「#セルおつ」 第3話
  • 2017年・CX「ラブホの上野さん」第2話
  • 2016年・CXオトナの土ドラ「とげ小市民 倉永晴之の逆襲」
  • 2016年・TOKYO MX「ゆるい」/第5話「隣人モモンタ」
  • 2016年・BSジャパン「ワカコ酒 season2」 第8話
  • 2015年・NHKドラマ10「美女と男子」第9話
  • 2015年・CX「ブスと野獣」第4話
  • 2013年・ANB「遺留捜査3」第3話
  • 2013年・ANB「相棒11」第19話 最終回2時間SP「酒壺の蛇」
  • 2012年・NTV「トッカンー特別国税徴収官」 第1話

最近では、2021年1月にテレビ東京で放送された、中井貴一さん、鈴木京香さんらが出演した「共演NG」に出演。

瀧内公美さんは、斎藤工さん演じる仕掛け人の市原龍の代わりに、撮影現場に赴いて、無茶な指令を遂行する個性的なキャラクターの与謝野リリカ役を演じていました。

またTBSのドラマ「恋する母たち」では、小泉孝太郎さん演じる夫がいるのにもかかわらず、木村佳乃さん演じる石渡杏の夫の慎吾(渋川清彦さん)と駆け落ちしてしまう、という破天荒な役どころです。

かなりドロドロした展開のドラマとなるのかな?と思いきや、それほどでもなかったのですが、瀧内公美さんの演技力がここでも光っていました!

2019年のドラマ「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」では、地元建設会社の事務員で主演・石橋菜津美さん演じるみずほの親友・近藤美佐江役を演じていました。

近藤美佐江はみずほの親友でありながら、みずほの夫と不倫をしているという複雑な環境の「世間体」を重視する町一番の残念な頑張り屋さん。

ゾンビが大量発生し、外部から封鎖された町で複雑な人間関係も織り交ぜて、繰り広げられるサバイバルストーリー。

ゾンビがテーマという、衝撃的な内容で話題を呼んだ作品に瀧内公美さんも出演されていました。

2017年のフジテレビ・深夜ドラマ「ラブホの上野さん」では上野さんのラブホ「五反田キングダム」でアルバイトをする童貞大学生・一条昇(柾木玲弥)に口説かれる彼氏に取り残された女性・を演じていました。

「ラブホの上野さん」は深夜枠ながら続編も制作されて、根強い人気をもつドラマなんですよね~。

瀧内公美のドラマ!恋つづや凪のお暇や岸辺露伴についても

滝内公美さんと言えばここ最近ではTBSドラマに出演されることが多いです。

2019年のドラマ「凪のお暇」。

都内で働く、アラサーOL・大島凪が会社を辞め、元手100万で新たな生活を始める、リセットラブコメディー!

2018年のマンガ大賞で見事3位にランクインした人気漫画家・コナリミサトさんのマンガが原作です。

高橋一生さん、黒木華さん、中村倫也さんらが出演していました。

瀧内公美さんが演じたのは、大島凪の職場の同僚足立心。

「“良い意味で”のダメ出しで凪ちゃんを追い込むけど、どこか憎めないマウンティング女子・足立さん」でした。

実はこの時、瀧内公美さん演じる「凪のお暇」の足立さんの「空気クラッシャー」のセリフが、このドラマに登場していた市川円(唐田えりかさん)さんに向けた言葉として、東出昌大さんとの不倫騒動で話題となることもありました。

(意図してたわけではなくて、たまたまだったんですがスゴイ偶然なんですよね)

そして2020年には「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」に上白石萌音さん演じる佐倉七瀬のセンパイ看護師・石原こずえ役を演じていました。

この時の瀧内公美さんの役柄は、これまでになく普通の良い先輩役。


沼津(ミキの昴生さん)とこずえのコミカルなやり取りは話題になりました。

その後もテレビドラマに続けて出演が続いています。

又、2020年の年末に放送されたNHKドラマ「岸辺露伴は動かない」にも出演されました。

高橋一生さん、中村倫也さんらの共演ということで「凪のお暇」のドラマを思い出した方もいました。

 

瀧内公美さん大豆田とわこドラマの演技について

大豆田とわ子と三人の元夫』(おおまめだとわことさんにんのもとおっと)に出演中の瀧内公美さんが演じるのは、古木美怜(ふるき みれい)。

ちゃんと経歴プロフィールも設定されていまして、有名女優・岩手県出身で血液型はO型。

写真撮影で知り合った、とわこの2番目の元夫の鹿太郎に好意があるそぶりを見せ彼に近づくのですが、自身の要望に懸命に応えようとする鹿太郎の優しさに触れたのと、不倫相手が冷たくなってきたこともあり「これからは普通の恋がしたいの」「器の小さい恋がしたい」と鹿太郎に対し本当に恋愛感情を抱くようになる、、という役どころです。

「大豆田とわこ」6話で、古木美怜は鹿太郎にかなり自分の本音をぶちまけてるので、この二人くっついてもいいんじゃないの?って思うんですけどね。

でも今のところ、鹿太郎さんはとわ子に未練タラタラなのが明らかなんでやっぱり難しいのかな??

 

瀧内公美さんの性格について

ドラマなどでは役になりきられてる感があるので実際の瀧内公美さんの性格はどうなのか?調べてみました。

過去のインタビューで性格に関してコメントされてました。

「せっかちで雑です…だから丁寧に生きることを心がけていますが、心の悪い虫がいます(笑)」

「写真だけ見ると、無口で怖そうといわれるけれど、会うとおしゃべりなんですね、といわれる」

「私も最後のチャンスだと思ったら行動に移すタイプで、高校受験の時も大学受験の時も、ずっと不合格判定だったのに滑り込みで合格する、みたいな(笑)。追い込まれたら力を発揮するタイプみたいですね。」

「私、無難に何かをやるのがすごく嫌なんです。オーディションで名前を言って年齢を言って・・・そんなのプロフィール見ればわかるじゃんって思います。」

「ダメなところで笑っちゃうところは似ています。…あとは何かに没頭するところ、こう思ったらそれしか見えなくなるところですね。」

「私は白か黒かでしか生きられないんです。諦めようと思っていたら、もう諦めています。」

まとめてみると

  • せっかちで雑
  • おしゃべり
  • 追い込まれたら力を発揮する
  • 無難にするのが嫌
  • 没頭しやすい
  • 白黒はっきりしている

『マイペースで自分考えや好き嫌いがはっきりしていて好きなことには没頭する明るくおしゃべりが好きな人』ということなのでしょう。

 

まとめ

今回は「大豆田とわ子と三人の元夫たち」のドラマに今回出演している滝内公美さんについて、結婚やお相手について、経歴プロフィールやこれまでの主な出演作品についてまとめてみました。

映画では多くの作品で主演・ヒロインを演じ、多くの賞を受賞してドラマでも話題作で、レギュラー出演も多数と、2021年現在も注目の瀧内公美さん。

怪しげな、セクシーな役が多い印象だったのですが「大豆田とわこ」のドラマでは、鹿太郎さんと今後どのように関わりを持っていくのか楽しみですね!

今後も瀧内公美さんのご活躍に注目していきたいと思います~!

「大豆田とわ子と三人の元夫たち」いつからいつまで放送してる?

「大豆田とわ子と三人の元夫たち」ドラマ主題歌について

「大豆田とわ子と三人の元夫たち」ロケ地や撮影場所

 

瀧内公美さんの主な映画出演作品について

2021年「裏アカ」 2021年春全国公開予定 (監督:加藤卓哉)

2020年:「蒲田前奏曲」『行き止まりの人々』 2020年(監督:安川有果)

「カゾクデッサン」 (監督:今井文寛)

2019年:「火口のふたり」※「第93回キネマ旬報ベスト・テン」 主演女優賞 受賞 (監督:荒井晴彦)

「21世紀の女の子」『Mirror』 ※主演 (監督:竹内里紗)

2018年:「ここは退屈迎えに来て」 (監督:廣木隆一)

2017年:「彼女の人生は間違いじゃない」 (監督:廣木隆一)

「日本で一番悪い奴ら」 (監督:白石和彌)

「ブルーハーツが聴こえる 人にやさしく」 (監督:下山 天)

2016年:「闇金ウシジマくん Part3」 (監督:山口雅俊)

「夜、逃げる」 (監督:山田佳奈)

2015年:「ソレダケ/that’s it」 (監督:石井岳龍)

「BAR神風~誤魔化しドライブ~」 (監督:窪田将治)

2014年:「グレイトフルデッド」 (監督:内田英治)

2013年:「横たわる彼女」 (監督:戸田彬弘)

Short Movie Crash「Crash #3!清水健太× DE DE MOUSE『ノアの箱車』」 (作/演出:清水健太)

「牙狼外伝 桃幻の笛」 (作/演出:大橋 明)

「さよなら渓谷」 (作/演出:大森立嗣)

2012年:「消しゴム屋 3D」 (作/演出:落合 賢)

「エクソシストを探せ」 (作/演出:さとうしんじ)

 

error: Content is protected !!